フィリピン

フィリピンの治安はどのくらい悪いのか?様々な危険をチェック!

Sponsored Link

フィリピン

sponsored link

「フィリピンは治安が悪い」と言われています。ただそれはマスコミが煽っているからという説もあります。マスコミの偏った報道だけに頼っていると真実は見えてきません。本当のところはどうなんでしょうか?体感的には相当緊張しますけど。

 

フィリピンは危険な場所なのか?

フィリピンは銃社会ですので。危ないと言われています。実際には客観的に見ると、どの程度なんでしょうか。

国際連合の一機関である「国連薬物犯罪事務所」の統計があって各国の犯罪率の比較ができますが、日本語のサイトには開示されていません。
それを見ると強盗や強姦の発生率は欧米よりもフィリピンはかなり低いということです。
ただしフィリピンの殺人発生率は欧米各国よりもずば抜けて高く、そういう点ではかなり危険であることがわかります。
銃社会ですので。
私も一度だけですが夜中に銃をつきつけられたことがありました。
銃だと暴発もありますし、ちょっとしたことで殺人事件になりかねません。

特に日本人は狙われやすい?

フィリピンで殺人事件に遭う日本人は、年平均8人前後。10万人あたりに換算すると30人ほどになります。
これはもちろん日本での割合に比べたら異常に高い数字です。
ただしこれは暴力団関係者や麻薬関連、配偶者がフィリピン人であるなど、深く入り込んでいる人たちが現地で事件に巻き込まれて起こる事が多いんだそうです。
今流行の語学留学や企業進出で現地に出かけていき、普通に生活をしている場合に殺人事件に合う可能性は殆どありません。

ただし殺されないまでも様々な被害にあっている日本人は多いです。

スリやひったくり

その最大のものはスリやひったくりです。
私の知り合いの多くがスリにあっていますので多くの日本人が体験しているものと思われます。

昼間でも場所によってはあります。私は昼間路上で取り囲まれたことがあります。でも大半は夜です。夜の飲み屋街などを歩いていると、ストリートチルドレンが集団でやってきて取り囲んできます。子供だと思って相手をしていると、そのうちポケットに手を突っ込んできますがたくさんいるので対処の仕様がなく、スマホや財布を入れておくとあっという間にすられてしまいます。一回すられてしまうと取り返すのは困難です。
最初に断固とした態度を取るとビビって攻撃してこないこともありますが、あまりやり過ぎても命の危険があります。

[ad#ad-1]

sponsored link

トランプ詐欺や睡眠強盗・・・日本語を話すフィリピン人には気をつけろ!

フィリピンの街中やショッピングモールを歩いていると、たまに知らないフィリピン人から日本語で声をかけられることがあります。
「日本語を教えて欲しい」とか日本人が好きだとか。フレンドリーに話かけてきます。フィリピンで英語が心もとなくて心細い思いをしているとつい気を許してしまいがちですが、これはとっても危ないです。知らない人について行ってはいけない!これは鉄則です。また身元がよくわからない人に勧められた飲み物には気をつけたいものです。

日本人はカモだと思われていますから、ギャンブルに誘われて有り金をすべてむしり取られたり、飲みに誘われて出された酒を飲んで記憶を失ったりすることがあります。その間に現金やカードを盗まれたりします。

強盗

強盗

子どもたちのスリやひったくりも嫌なものですが、これが大人の場合は拳銃を持っていますのでそれで脅してきます。私はタクシーの運転手に拳銃を突きつけられたことがありました。

フィリピンセブで殺されそうになった私 平和ボケの日本人(私のことだが)は気をつけた方がいい

治安のいい場所と悪い場所が混在していますので、どこが危ない場所なのかキチンと調べて置く必要があります。
そして危ない場所に近づかないことと、夜間はなるべく歩かない。なるべくタクシーで移動をする。スマホや財布はセキュリティベルトに入れる。できるだけ現金やスマホは持ち歩かないなどのことを気をつけるべきです。お金を持ち歩かず、有り金をすべて差し出せば、それ以上の被害は受けません。ただしある日本人が強盗にあった際あまりお金を持っておらず、100ペソ紙幣を一枚渡したら、バカにされたと思った強盗がその人の太ももを撃ったという事件がありました。あまりないのも問題なのかもしれませんね。

1

sponsored link


ページ:

1

2

Sponsored Link

関連記事

  1. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた④シンガポールのホテルっ…
  2. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…
  3. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃…
  4. フィリピン料理アボド フィリピンの衣食住について考える これだけ問題があるのにほんとに…
  5. ドゥテルテ大統領になってからフィリピンの治安はどうなったのか?ピ…
  6. ミンダナオ島 ゾンバシティ フィリピン人の女性と親しくなると、家族がどんどんつけ上がってくる…
  7. 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`…
  8. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた③ユニバーサル・スタジオ…

日本

  1. 初詣
  2. 梅雨空
  3. つるし雛
  4. 苺の花

社会

  1. WAHAHA本舗社長の喰始は創価学会員じゃないってホント? 喰始
  2. 反日在日の手に落ちて堕落したテレビ業界! 昔のテレビは面白かった「タモリ倶楽部」や「オレたちひょうきん族」はテレビ界の良心であったという話
  3. モー娘肉弾接待をばらしてNHKとバーニング周防氏のズブズブの関係を明らかにしたヤクザサイト。
  4. マイホーム購入は危険なギャンブル?ローンがある人が下流老人になる!マイホーム購入の恐ろしい現実
  5. 二重基準を駆使して日本を貶めようとする反日勢力 中共の蛮行を隠蔽する平和主義の皮を被ったファシストたち

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃 地下鉄の乗り方 ホテルの選び方など 精力剤と勃起薬のサイトをこのサイトに移すことにしました。 ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた⑤ シンガポールやマニラの国際空港で シャトルバス運行の話 求愛 フィリピン女性は日本人男性が好きってホント? 韓国LG化学 インドで毒ガスを撒き散らしてしまうが日本マスゴミは報道せず

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

桜
  1. バーニングの闇

おすすめサプリショップ

日本

  1. お正月の鏡餅の飾り方!その意味や由来などを調べてみました 満月
  2. お花見で話のネタになる桜についての豆知識 狂い咲きって?死体が埋まってるって? 桜
  3. 関東と関西の違い!「桜餅」や「ところてん」「秋刀魚」などカルチャーショックを起こしたものについて 関西と関東の食文化の違い
  4. ゴールデンウィークの祝日の日数が毎年変わるってホント?名前の由来は? GW
  5. 鏡開きの意味と由来について !酒樽と鏡餅の鏡開きの違いを知っていますか?? 
  6. 安産祈願は五ヶ月最初の戌の日に限るの?その由来とぜひ知っておきたい知識あれこれ 絵馬
  7. 年賀状に書けない喪中の祝い事の報告の仕方とは!寒中見舞いの時期や文例は? 冬の鳥

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP