世界

イースターにはなぜ卵とうさぎが主役なのか?その由来とは?

イースター

sponsored link

イースターはクリスマスと並ぶ有名なお祭りですが、まだまだ日本人には馴染みがありません。しかし最近認知されてきていまして、日本にもお祭りの一つとして取り上げられそうです。イースターで重要な役割を果たすのが、たまごとうさぎ。なぜ卵とうさぎなのか?この辺について調べてみました。


イースターはキリストの復活を祝う行事ですが、もともと冬が終わって生命の息吹が感じられる春になることを祝うお祭りに重ねあわせたものです。

イースター!重要だけどややこしい祝日?その由来と、暦論争や日曜日の訳とは

それなのでイースターのシンボルといえば伝統的に生命の復活を象徴するものとしての卵とうさぎ。
これが使われてきました。
豊穣のシンボルである卵とうさぎはキリスト教が始まるはるか以前から様々な宗教儀式に使われてきました。

イースターエッグの由来

イースターはキリストの復活を祝うお祭りです。
ですのでイエス・キリストは、十字架上で死んでから三日目に、復活されました。それはまるでちょうどひよこが卵の殻を破って出てくるようだということで卵がその復活の象徴として使われるようになったという説明がなされています。

しかしイースターは様々な宗教的行事やお祭りが交じり合っていますのでその由来については様々な話があって、とても面白いです。また後で付け加えられたお話もたくさんあるようですね。
たとえばウサギが北欧神話に出てくる春をつかさどる女神イーアスター(Eostre)への贈り物をしは話などがあります。
うさぎが春色に塗り分けた卵をプレゼントしたところ、女神が大変喜んで皆にも配るよう命じたというものはイースターの起源がキリスト教のイースター以前の起源を想起させます。
と言うかイースターという言葉にも2つの由来がありますが、その一つがこの女神の名前です。
またその昔イースターの9週間前は野鳥のたまごを食べることが禁止されていました。そこで禁が解かれると、人々は野に出ていって野鳥のたまごを集めて食べたという話もあります。
この風習が、「イースター・エッグ」の始まりであると。

卵に色を塗るということについて

イースターエッグ1

「イースター・エッグ」とは、殻に彩色したゆでたまごのことを言います。
現在では本当の卵ではなくてチョコレートで作った 飾りの卵なども「イースター・エッグ」といいます。
色を塗るということについては先程のうさぎが女神に菜食をした卵を送って喜ばれたという話の他に。
マグダラのマリアが皇帝に赤く彩色した卵を食ったエピソードなどが伝えられていて、調べていて楽しいです。
だからイースター・エッグは本来は赤に染めるのが本当なんですね。
それがだんだんカラフルになっていたということのようです。
いずれにしましても今は卵はとてもカラフルな色に彩色されているだけでなくてデザインにも優れたものが多くなっています。
そうやって心をこめて作った「イースター・エッグ」をお互いに贈り合います。

イースターは卵尽くし

イースターエッグを送り合う以外にも卵は大活躍です。
卵の殻ををペイントだけではなくて紙なども使って飾り立てて家の中のデコレーションに使ったりもします。

さらに、「エッグハント」(egg hunt)といって子どものいる家庭では庭や家の中に卵を隠して宝ならぬ卵探しをします。
街ぐるみで公園や広場のあちこちに、色とりどりのたまごを隠して子どもたちに探させることもあります。
「エッグロール」(egg roll)は丘の上からカラフルに着色された卵を転がす遊び。綺麗な卵が転がり落ちていく様を見て楽しみます。
さらには「エッグレース」(Easter Egg Spoon Race)。卵をスプーンにのせて誰が一番にゴールにつけるかを競うレース。もちろん落として割ったら失格です。
もちろんお祭りではゆで卵を食べますし、お菓子屋さんでは「イースター・エッグ」のお菓子が並びます。
そしてイースターパレード」
人々はこの日。「イースター・ボンネット」や「イースター・ハット」をかぶり、ファッションショーにでも出るようにドレスアップしてパレードに参加します。
ちなみに「イースター・ボンネット」ってゴテゴテに飾ったつば広の女性用の帽子ですが、本来は既婚者がかぶる帽子なんだだそうな。
ディズニーランドのイースターパレードでも観ることが出来ますが、ニューヨークのパレードなんかは、全米にテレビ放映されますのでその熱の入れ方がわかろうというものです。

イースター

高価なイースター卵も・・・・

更には卵の形をした宝石でできた置物や金細工したもの、仕掛けがしてあって動く卵など。イースターにちなんで、様々な卵が作られているんだそうです。
キリスト教を信じる人達にとっていかにイースターが思い入れが深く、重要な行事であるかがわかります。
そんな中でも有名なのがインペリアル・イースター・エッグです。
ロシア帝国アレクサンドル3世が皇后マリア・フョードロヴナへのプレゼントとして宝石細工師ファベルジェに発注したものが最初ですが、彼の死後は注文主は息子で最後の皇帝二コライ2世に受け継がれました。全部でそのイースターエッグは44個現存しているということです。

インペリアルイースターエッグ3

引用元
http://stpher.com/easteregg.html

インペリアルイースターエッグ4

引用元
http://stpher.com/easteregg.html

卵という名前ではありますが、もちろん食べられません^_^(くだらなかったかな?)

イースターうさぎの由来

イースターエッグはうさぎが持ってくるんです。って!
だから「イースターうさぎ」はイースター・エッグの生みの親といえるでしょう。
ドイツなどではイースターの日にはうさぎが服を着てお菓子やキャンデーを配って歩くそうです。
あ、うさぎのきぐるみを着た人間ですけどね。
うさぎは多産で繁殖を象徴する動物なんだそうですね。
日本では犬ですけれどね。国によってシンボルが違うのが楽しいですね。

イースターうさぎ

まとめ

日本には馴染みがない風習なので、調べていて新鮮でした。イースター卵の作り方などを書いた記事もネット上にはたくさんあります。卵の販売サイトなどで、イースターを特集しているところも見かけましたが果たしてキリストの復活を信じない人が大多数の日本でもバレンタインデーのように商業的にブレイクするんでしょうか?

日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ?

目が離せません。

sponsored link


関連記事

  1. ミンダナオ島 ゾンバシティ フィリピン人の女性と親しくなると、家族がどんどんつけ上がってくる…
  2. 苺の花 いちごの選び方や美味しい食べ方 旬はいつ?
  3. いちごは野菜 いちごは野菜でしかも食べてるのが実じゃない?名前の由来も含めた驚…
  4. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…
  5. フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩
  6. 桜 意外と知らない桜の名前やお花見の由来!そして驚きのソメイヨシノの…
  7. エイプリルフール エイプリルフール嘘が嘘を呼ぶその由来とは!トゥルーエイプリルとそ…
  8. サンタクロースって誰?ほんとうにいるの?

日本

  1. 毛虫
  2. ポスト

社会

  1. 日本の芸能界が奴隷社会になっているのはなぜなのか?アメリカとの比較で考える! アメリカ
  2. 創価学会に圧力をかけられ干された芸能人がたくさんいたってホント?
  3. 優しいフィリピン人と残酷な社会
  4. 【衝撃】久本雅美・柴田理恵と組んでた3人娘のもうひとりの行方は? ワハハ本舗事件
  5. 【保存版】在日が仕切る日本スケート連盟 の闇 羽生結弦も浅田真央もひどい仕打ちにあってることをご存じですか? スケ連在日

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた⑤ シンガポールやマニラの国際空港で シャトルバス運行の話 超便利しかも無料^^; 頭が筋肉でも上達する英語ツール及び英語学習サイト5つ!①Chrome拡張機能「iKnow! ポップアップ辞書 フィリピン女性 フィリピン美人女性画像をチェック!壮絶な歴史が美人を産んだ? 求愛 フィリピン女性は日本人男性が好きってホント? 本心は? フィリピン女性の振る舞いから本心を見分ける方法

カテゴリー

嫌韓

政治

世界

  1. 紫陽花1
  2. 夫婦岩
  3. 鼻水
  4. ラプラプ酋長アイキャッチ
  5. フィリピン美人画像1

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

韓国人殺害
  1. 芸能界奴隷
  2. 風鈴
  3. 年賀状

日本

  1. 佐賀県のエイリアン?ワラスボは何故かうまい! 有明海
  2. 父の日はいつ?その由来と父親が送れて喜ぶ物とは 父の日
  3. 上司や目上の人に年賀状を送る時に気をつけるべきこととは? 年賀状
  4. 毛虫による皮膚炎の症状と腫れや痒みの処置方法について 毛虫
  5. 年賀状に書けない喪中の祝い事の報告の仕方とは!寒中見舞いの時期や文例は? 冬の鳥
  6. 母の日の由来や歴史 日にちは? うれしいプレゼントあれこれ 母の日
  7. 男性用袴を卒業式・初詣・お祝いごとなどで着てみませんか?着付け方紹介!

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP