一般常識・マナー・日常生活

男性用袴を卒業式・初詣・お祝いごとなどで着てみませんか?着付け方紹介!


sponsored link

着物を着る女性は多く見かけますが、和服を着る若者はあまり多くありません。
しかし節目の祝い事には洋服ではなくて袴姿も見栄えがします。
日本人として生まれたからにはぜひ袴を履いて成人式・初詣・卒業式などに出席したいものです。

 

しかし袴を着ようと思っても着付けをしたことがないとつい敬遠しがちです。
私も自分お結婚式で袴を着るまでは機会がなくて。
着てみたらとても気に入ってしまい、何かお祝いごとがあると着流しや袴姿で出て行っています。
初詣は毎年袴姿で出かけていけますが、大学の卒業式を袴姿で出席できなかったのが残念でなりません。
最近はお洒落な和服もたくさん出ていましてとても格好よく着こなせますし、女性の着物と違って自分でも簡単に着付けができます。
更に言うと着流しもよし、その上に羽織を羽織るのもよし。着物に袴。着物に袴、そして羽織。
このようにバリエーションが楽しめます。
是非機会があったらご自分で着付けをし、颯爽と街に繰り出してみませんか?

はじめてのはかまの着付けの仕方

正式には越中褌を締め、場合によっては裾よけをつけその上から肌襦袢を身につけますが、最初はU首シャツなどでもいいと思いますのでそのへんの説明は割愛します。
何回も着ているうちに慣れてきてそれなりの着こなしができるようになりますので、最初はとにかくそれらしく見えればいいと思ってやってみてください。

長襦袢を羽織ります。

まず必ず右側から袖を通します。
長襦袢はずれやすいので、両袖をもって 襦袢が真ん中に来るようにします。そして体の横までもって行きながら右側の方を先にくるむようにします。
その後左側をその前に持って行きます。

長襦袢の着付け

引用元:
http://www.kimono-taizen.com/wear/
w_juban.html

腰紐の結び方

そして腰紐を結べば出来上がり。
腰紐は紐の中心部を持ち、お腹の下(へその下)に当てますが

このとき、あまりお腹の上の方にせず、前かがみになった時に突っ張らないようにヒモの上で余裕を作ってお腹を下側から包むように結ぶようにするといいでしょう。
この紐の位置が、帯の位置です。
紐を二巻きして、結び目がへそ下に来るようにして一度結びます。

腰紐の結び方1

引用元:
http://kimonoo.net/kituke3-5.html

結んだ方向と「逆方向」に、紐の端をもっていき、紐のあまりを数回巻き付けます。

着物の着方

長襦袢の時と同様のやり方で一度長着を羽織ってから、背縫いが背中の真ん中に来るようにし、その際必ず長着の袖に襦袢の袖を入れておきます。
それから右側を覆うようにし、真横までもっていきます。つぎに左側を前に持って行きます。
着物の衿が首筋に沿うようにきつ目にしておきます。そうするとかっこ良く見えます。

長着着付け

引用元:
http://www.kimono-taizen.com/wear/
w_nagagi.html

基本はきつめに着付けを行うということです。もしゆるめが良ければあとから緩められますが、最初からゆるいとだらしなく見えます。
そして長襦袢の腰紐に合わせて腰紐を結びます。腰紐の結び方は長襦袢の時と同じです。

 

帯の結び方

帯の結び方はいくつか有りまして、それぞれにとても格好がいいものです。
着物だけですと角帯がとっても良いんですが、袴を着る場合には一文字結びが良いと思います。

帯の結び方は以下参考にさせていただきました。画像もここからの引用です。
http://kimonoo.net/obi-h1.html

まず、帯の一方の端を,、半分に折り、肩幅と同じくらいの長さに取ります。
(これを「て」といいます。)

帯の結び方袴1

帯を一周させますが、帯の端を上側にします。
帯の結び方袴2

帯の長さによってひと巻きか二巻きにしてから「て」の部分を下にさげます。
帯の結び方袴3

帯の結び方袴5

「て」の部分を帯のもう一方の部分にくぐらせ、上に引き上げます。
そしてきつめにしばります。

帯の結び方袴6

完成です。

帯の結び方袴7

袴の履き方

袴にはスカートのような形のものと仲がズボンのように分かれている馬乗り袴があります。
馬乗り袴の時には着物の裾をそれぞれの振り分けて歩きやすいようにする必要があります。

袴についても様々な着付けの仕方がありますが、ともかくやってみるということが大事です。図解している記事も数多くありますので参考にして見られたらいかがでしょうか。
私が最初に参考にしたのは動画でした。見ながら着付けができますので、とても便利です。
見てみると色々なやり方があると思いました。

なおものすごく丁寧で詳しい動画もありましたが、これは直接ユーチューブに飛んで、動画をご覧ください。2時間かけて解説をしています。
これ↓を見て私が説明をすることはやめようと思いました。(動画が削除されていました!残念)
第107回 男の着付け 着物と袴 一文字結びなど

まとめ

現在はネットでも詳しく男性向けの着物や袴の着付けの仕方を専門の方が説明しているサイトがあります。詳しくはそちらを見ていただけたら良いと思うんです。
この記事で私が言いたかったことは男性用の着物は着付けが簡単なので、意外や意外自分でできるということです。
それでいて袴などを着て出かけると俄然注目を集めます。
また決して窮屈ではなく、背筋が伸びて、着ていてなかなか気持ちが良いんですね。
もし卒業式や成人式やお祝いごとの時に袴を着てみようかなと思っていただけたらこんなに嬉しいことはありません。
是非トライしてみてください。

sponsored link


関連記事

  1. 芝桜 富士芝桜まつりへの快適なアクセスは?芝桜ってどんな花?
  2. 手土産の選び方と渡し方 彼氏や彼女の実家に初めていく時や結婚の挨…
  3. ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があ…
  4. 風鈴 風鈴の音は今や騒音?夏の風物詩の素晴らしさとなぜ騒音に聞こえる人…
  5. 年賀状 上司や目上の人に年賀状を送る時に気をつけるべきこととは?
  6. おせち料理の意味と由来が面白い!意外と知られていない元祖健康食品…
  7. つるし雛 ひな祭りで飲む白酒の意味と由来 甘酒と間違えてない?
  8. 桜 お花見で話のネタになる桜についての豆知識 狂い咲きって?死体が埋…

日本

  1. 子供達
  2. 風 お墓
  3. 注連縄アイキャッチ

社会

  1. 仁科亜季子を恐喝して元暴力団笹岡和雄(周防の悪事をバラしていた)が逮捕されたという、その裏にあるもの バーニングの影
  2. JASRAC日本音楽著作権協会がやってることってなんだ?音楽教室からもみかじめ料を徴収!音楽業界の破壊?著作権保護の実態とは?
  3. 不正を隠蔽するマスコミの芸能界タブーはいつから始まったのか?干された芸能人がマスゴミに取り上げられないのはなぜか?裏で取り仕切る闇の勢力とは 相関図事件
  4. 知れば知るほど嫌いになる韓国の正体 朝鮮戦争やベトナム戦争でやらかした卑劣な行為
  5. マスゴミに洗脳されて亡国への道を歩む人 自分で判断する人 どっちが残る?

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃 地下鉄の乗り方 ホテルの選び方など ひらめき フィリピン女性との恋愛でわかった中年からの英語学習法1 癒やされる動物のGIF 画像を集めてみた フィリピン女性 フィリピン美人女性画像をチェック!壮絶な歴史が美人を産んだ? セブでの会社設立とフィリピン女性との出会い

カテゴリー

嫌韓

  1. ヘイト韓国

政治

世界

  1. 鼻水
  2. 子供達
  3. ホワイトデー
  4. 台風
  5. イースター
  6. フィリピン美人画像3
  7. 風鈴

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. ご祝儀袋
  2. 昭和の日
  3. フxリピン移住
  4. フィリピン

日本

  1. ひな人形の飾り方とその意味を知っていますか?ひな壇登場人物たちの役割とは ひな祭り
  2. 驚きのいちごの歴史 なぜ品種がこんなに多いのかご存じですか?
  3. お彼岸に食べるぼた餅とおはぎとの違いは?
  4. お正月の鏡餅の飾り方!その意味や由来などを調べてみました 満月
  5. 上司や目上の人に年賀状を送る時に気をつけるべきこととは? 年賀状
  6. しめ縄の意味や由来が奥深い!玄関や神棚などへのしめ飾りの飾り方や処分法についてのまとめ 注連縄アイキャッチ
  7. 母の日の由来や歴史 日にちは? うれしいプレゼントあれこれ 母の日

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP