サプリ・精力剤・薬

「健康食品」いかがわしさの向こう側

Sponsored Link


sponsored link

日本の行政が日本の「健康食品」業界をだめにしている?

日本のサプリの問題点について、何回か記事に書いていますが。
今回は日本で売られているサプリや健康食品がいかに問題があるか、そしてなぜそんな事になっているのかを詳しく見ていきたいと思います。

日本には健康食品やサプリについての基準がない

健康食品と名付けられた商品はたくさんあって、あたかも健康に良い物のように宣伝をしていますが。
「健康食品」という言葉には明確な定義はなく、メーカーが「これは健康食品ですよ」と言えば、それで健康食品になるという。なんでもありの無法状態です。

メーカーや販売業者は「この食品を摂取すれば健康になれます」と謳うことによって付加価値が付き、売れゆきが良くなりますから。
含まれている成分に少しでも健康に良さそうなものが有れば、そのことを徹底的にアピール。薬効を謳わなければ、誇大広告をしてもなんのお咎めもありません。
その上紐付きの研究所なんかを使って都合の良いデータを出させ、科学的な裏付けがあるかのような化粧を施すなどは日常茶飯事。
更に悪質なところは成分をごまかしたりしますが。
たとえそれが嘘だったとバレてもなんの罰則もありませんからやりたい放題です。

次に薬のように見立てられているサプリです。
サプリは薬としての効果を期待して使用しますから厳格な基準があると思っている方も多いようですが。
日本ではサプリメントは「健康補助食品」といいいます。つまり薬ではなく、食品です。
サプリメントはそのため医薬品と見紛うような広告は禁止されていますが。例えば飲むと痩せるんじゃないかと思わせるようなイメージ広告はOK。
成分・成分量を表示しなくても、またはその数値を改ざんしていたとしても罰せられることはありません。

「臨床試験済み」と表示されたサプリメントは信用できるのか?

サプリの効果を謳うものに、効果を裏付ける臨床実験データがあります。
商品に「臨床試験済」という表示があったりすると、あたかもエビデンスがあるようにみえますが。

しかし実際にはゆるゆるで。
それぞれの会社や製造元が任意で行った臨床試験の結果を消費者庁に届け出さえすれば「臨床試験済み」という言葉を商品に表示することが出来るんです。
試験に対する規定はありませんから、症例数が少なくてもOK。届け出さえすれば良いわけなんでかなりいい加減です。

それらの臨床実験の結果なるものは臨床試験に携わった研究者の単なる感想である、と書いてある記事なんかもありました。

日本とアメリカの行政の権限の違い

つまり日本では国が定めた、商品の質に関して、満たすべき基準は無いに等しいんです。
各メーカーが独自に品質管理をしているだけです。完全放置状態。
ここまでいい加減だと日本のサプリのほとんどは信用ができません。

ウィキでも以下のような記述があります。

日本では、サプリメントは法律的や行政的な定義が存在せず、厚生労働省では便宜上「特定成分が凝縮された錠剤やカプセル形態の製品」と定義して食品に分類される健康食品とは分けているが、広い意味ではサプリメントも健康食品の一つとしている。

日本国内で製造される栄養補助食品は、事故が発生しない限り、製造・販売中止になる確率は極めて低い。

私はもしサプリを買うんだったらアメリカのものが良いと言っていますが。
それは、サプリはFDA(アメリカ食品医薬品局)が厳重に監視をしていて、サプリについて問題があるときには市場からの排除命令を出すことができるなど権限を持っているからです。

これもウィキから。

FDA(アメリカ食品医薬品局)は自ら定めた基準に基づき安全性に問題があると見られる製品について市場追放命令を出すことができる。FDAは商品製造工場や販売メーカーへの抜き打ち検査や消費者からのクレームの処理を行っている。詳細にわたって管理を行うとともに、基準に達していない場合や許可時と異なった配合などを行った場合には、製品の販売停止・業務停止を執行できる権限をもつ。

当然サプリに含まれる成分とその成分量も記載が義務付けられています。またその数値をごましていることが発覚すれば処罰されますので。
成分そのものに関しては薬ほどの効果はないものが多く、注意が必要ですが、表示内容は信用できると思われます。

アメリカと日本のサプリの成分量比較

ネットで購入する場合でも日本のサプリは成分量の少ないものが大半です。成分量で比較すると日本のサプリは非常に高価で、コスパが悪すぎます。

しかし、それでは効果は望めません。コンビニで購入できるサプリなんかは特に量が少なくて、まず問題外。絶対に効きません。

というのもサプリは短時間で有効な血中濃度に達しない場合は、全く効果が得られないと言われているからです。

その昔、アメリカではビタミンCの発見者としてノーベル医学生理学賞と平和賞の2つを受賞したポーリング博士という方がいらっしゃいました。
彼は末期がん患者に対するビタミンCの大量に投与によってがんが治る、と主張して、袋だたきにあった事がありました。
彼は「ビタミンCに効果がないと言われるのは量が少ないせいだ」と言ったのです。

当時の医学界ではサプリ全般に対する評価は大変に低くて、サプリとしてのビタミンについての評価も今と比べ物にならないほど低かったのです。
そして、科学者としての名声をすでに得ていたポーリング博士のその説を否定するための公聴会が開かれたほどです。

しかしその公聴会での議論の中でサプリメントの価値が逆に認められるようになって。
サプリメントの一部が代替医療として認められるようになった。という歴史的経緯があります。

そのポーリング博士が提唱し、最後には認められたのは
「少量ではなくて大量の成分を摂取し、血中濃度を上げるようにしなければサプリの効果が望めないということ」でした。
事実、ビタミンCの場合そうすることで劇的な効果を上げたのです。

アメリカのサプリメントは一般的に量が多いのですが、それは効果を高めるためにはそれだけの量が必要だからです。
最低限の基準ではなくてより健康になるために必要な量を摂取するんだというのが、アメリカのサプリの基本姿勢です。

その点量で比較すると少なすぎる日本のサプリは非常に高価で、コスパが悪すぎます。
とても残念なことです。

保健機能食品もいい加減?

先程書いたように「健康食品」はメーカーがそう決めれば「健康食品」になりますが、それだとイマイチ信用に欠ける、ということで。
消費者庁の審査を経て有効性や安全性が確認された健康食品に対し、国がお墨付きを与え。
その承認された食品には「トクホ」のマークをつけて、「特定の成分や効果」を表示することができるようにしたものです。

この「トクホ」商品は医薬品ほどの効能はないにもかかわらず、大人気。
その理由の一つが、通常の健康食品と違って「脂肪を消費しやすくする」「脂肪の吸収を抑える」「お腹の調子を整える」「食後の血糖値を抑える」など医薬品と同じような効能を宣伝文句に使えるということ。
そのため、通常の健康食品よりもかなり割高であるにも関わらず、馬鹿売れしています。

なぜ「化学物質のカクテル」とまで言われているコーラが「トクホ」なの?

しかし、例えばコーラのトクホ商品である「キリンメッツコーラ」「ペプシスペシャル ゼロ」などを見てみると。
トクホ(特定保険用商品)に指定された理由はコーラに難消化性デキストリンが含まれているから、というだけです。

難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにするコーラ飲料です。ペプシコ社と当社が共同で長年培ってきたコーラ飲料の開発技術を活かし、難消化性デキストリン特有のクセを軽減させた、「PEPSI」ならではの爽やかでキレのある後口を実現しました。ゼロカロリーでお楽しみいただけます(ペプシスペシャルゼロの商品説明)

https://products.suntory.co.jp/d/4901777235984/

難消化性デキストリンは体内で消化されないデンプンの一種なので食物繊維としての働きを行いますから。
確かに少しは体には良いんでしょうが。
その効果についても製造メーカーのデータが加工されていることがわかり。その効果には疑問符が付いています。
しかし国は難消化性デキストリンの効能が、最初に承認されたときよりも弱い可能性があるとわかっても一旦認可した「トクホ」のお墨付きを取り消していません。

そしてトクホのコーラにはトクホじゃないコーラと同様、「化学物質のカクテル」と言われているコーラの成分がまるごと入っています。

コーラの中には化学物質であるアスパルテーム、スクラロース、アセスルファムKやカラメル色素、酸味料、香料、カフェインなども含まれています。
つまりトクホコーラには難消化性デキストリン以外には体に良いものは一つも入っていないんです。

コーラには発がん性物質が含まれている

一番問題なのは、コーラのあの独特の色を出すために使われているカルメラ色素です。
カルメラ色素は醤油とかソース、プリンなどにも使われているものですが、コーラはカルメラⅢ、Ⅳを使用しています。

カラメルⅠ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物を熱処理して得られたもの。あるいは酸もしくはアルカリを加えて熱処理して得られたもの。
カラメルⅡ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物に、亜硫酸化合物を加えて、またはこれに酸アルカリを加えて、熱処理して得られたもの。
ラメルⅢ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物に、アンモニウム化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリを加えて、熱処理して得られたもの。
カラメルⅣ でんぷん分解物、糖蜜、または炭水化物に、亜硫酸化合物およびアンモニウム化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリを加えて、熱処理して得られたもの。

上記のようにカラメルⅢとカラメルⅣはアンモニウム化合物が原材料として使われています。
それが変化し、副産物として発がん性の4-メチルイミダゾールができてしまうのです。

この4-メチルイミダゾールについてはウィキに以下のような記述があります。

高温・高圧下で工業的に生産されるカラメル色素製造時に、メイラード反応により副生成物として生じる。アメリカ合衆国の消費者団体公益科学センター (CSPI) の調べでは、コーラ355ml中の含有量は、最も基準の厳しいアメリカカリフォルニア州で4μg、日本では72μg、最も数値の高いブラジルで販売されていたものは267μgであった。キリンビバレッジでは、2014年4月のリニューアルより、キリンメッツコーラの4-MI含有量をカリフォルニア州の規制以下に低減すると発表した。ほかに黒ビールから1.38〜28.03μg/mL、コーヒーから0.39〜2.05μg/mL、醤油から0.11〜3.4ppmの検出例がある。人為的な製造としては、19世紀中期にジカルボニル化合物とアンモニアからの合成に成功している

安全性については非常に問題視されていまして。

米国国家毒性プログラム(NTP)は、ラットに2年間4-MIを170 mg/kg b.w.投与した実験で、ほとんどの個体に癌の発生がみられたことから、2007年に発癌性物質に指定した。これを受け、カリフォルニア州は2011年に一日の摂取許容量を16μgに設定した。

4-メチルイミダゾールが発ガン性物質であると認定されたあとは、トクホのコーラは4-メチルイミダゾールの含有量を減らしているようですが、全く入っていないということではないようです。

難消化性デキストリンは格安で購入することが出来る

今まで見てきたように、トクホに指定されている商品が必ずしもトータルで健康に良いとは言えないことがわかったかと思いますが。

トクホに指定されているドリンク類の多くが、難消化性デキストリンが含まれているから健康に良いんだよ、という宣伝をしています。
たったそれだけで値段がかなり違います。倍近く違うものもあります。

しかし実は難消化性デキストリンは格安で、粉末で購入することが出来ます。
難消化性デキストリンを毎日30g補給すると「便通の改善、腸内細菌群のバランスや腸内バランスの改善が見られた」との実験データがありますが。
トクホコーラ一本480mgの中に難消化性デキストリンは約5g含まれていますので、難消化性デキストリンの効果を確実にするためには一日6本も飲まなくてはなりません。
食物繊維を摂取するだけのためにそんな割高なトクホコーラを飲むぐらいであれば、難消化性デキストリンの粉末がアマゾンや楽天でも売られていますので。
そちらを購入するのがおすすめです。

私自身はアマゾンの定期オトク便で2kg 2700円弱のものを購入しています。
仮に毎日30g摂取するとしても66回分、40円程度の費用で済みます。
4kgのものも売っていまして、そちらの方はさらに割安かと思います。
トクホコーラを飲んで発がん物質を体内に入れ、たくさんの出費をするよりも断然お得です。

無味無臭なんで、私は料理に入れたりご飯に混ぜたり、ハイボールに混ぜたりしていますが。
実際には30gというのはかなりな量なんで、そこまでしなくても毎日適度に摂取していればお腹の調子は快適で、便通は良くなります。

まとめ

日本の行政の、健康食品とか、サプリメントに対する管理は甘すぎます。
そしてそれがそのまま消費者である我々に損害を与えています。
なぜ野放しにしているのか、納得がいきません。

ということで日本のサプリの中にも良心的なところは出てきていますが。
割高なのは否めませんので、私は日本のサプリは買いませんし、いわゆるトクホとか、健康食品であるなどの表示も信用していません。
もちろんこれらも買いません。
コーラが飲みたくなったら安いコーラを買います。

ただ、日本の薬に関しては法律で厳格に管理されていますので、薬局で売られているものやネットで購入できるものでも。
成分。成分量表示はもちろんのこと。効能に関しても詳しく記載されていますし、海外の薬と比べても決して割高ではありません。
私自身愛国心はありますので、問題がないならやはり国産のものを買いたいです。だからこそ野放しのサプリなどはなんとかしてほしいものだと思います。

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. ダイエットだけじゃない断食の効果
  2. 精力剤と勃起薬のサイトをこのサイトに移すことにしました。
  3. サプリで確実に効果があるものは殆どないがビタミンサプリは別
  4. 男性ホルモンを増やし、下半身を元気にする方法
  5. サプリや薬をどこで買えば一番お得で安全なのか?
  6. 難消化性デキストリンに血糖値抑制や脂肪吸収の効果はないが食物繊維…
  7. ダイエットサプリの危険な話
  8. 安全に勃起力を高めるクロミッドとはなにか

日本

  1. 鯉のぼり
  2. GW

社会

  1. 日大の闇 田中独裁体制を支えるヤクザと警察 危機管理のできない危機管理部を作った訳とは
  2. 日本の芸能界が奴隷社会になっているのはなぜなのか?アメリカとの比較で考える! アメリカ
  3. プラトンの比喩「洞窟のたとえ」にみるマスゴミ洗脳の恐ろしさ
  4. SMAP騒動でメンバーが独立できなかったその淵源とは 現代の五社協定と言われる音事協の正体と奴隷制度の歴史とは 芸能界奴隷
  5. なぜマスゴミは報道しない?フィリピン ミンダナオ・マラウィ市をIS(ダーイシュ)が占領 カリフ国家樹立を宣言!

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

タスクバー修理 タスクバーが消えてしまった時の対処が確実にできる記事を紹介 アメリカを牛耳っていたグローバリストに勝ったトランプ大統領 離婚 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意! 癒やされる動物のGIF 画像を集めてみた ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山羊鍋、アオザイ選びなど

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

おもしろGIF1
  1. ユーチューブからダウンロード
  2. フィリピン料理アボド
  3. 芝桜
  4. 雛飾り

おすすめサプリショップ

日本

  1. 母の日の由来や歴史 日にちは? うれしいプレゼントあれこれ 母の日
  2. 秩父芝桜まつりの時期の混雑状況がすごい!渋滞もね!どうすれば良いのか?
  3. 何故梅雨をつゆと読むのか?そもそも梅の雨とはこれ如何に?梅雨にまつわる豆知識3 浮世絵雨
  4. お花見で話のネタになる桜についての豆知識 狂い咲きって?死体が埋まってるって? 桜
  5. お墓参りの作法は?いつ行けばいいの? 風 お墓
  6. なぜ日本は在日の浸透許し、反日売国日本人の跳梁を許してしまったのか?GHQの日本弱体化計画の真実とは
  7. 子どもの日の豆知識あれこれ こいのぼりや兜、菖蒲を変わる訳とは 鯉のぼり

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP