じいじの恥ずかし体験

鳥と一緒の生活②病鳥を飼う

Sponsored Link


sponsored link

2番めのセキセイインコ

一番最初に飼ったインコがあまりにも可愛かったんで。
私の不注意で死なせてしまったときには非常に悲しかったんですが。
気を取り直してペットショップに行き、新しくセキセイインコを購入しました。

まだ挿し餌の最中だったんですが、 あまりにも可愛くて。 固形物も食べているようなんで。
家についてからシードをあげたら食いつきが良く、順調に育っていきました。
挿し餌は初心者には結構難しくて、環境が変わってしまうと食べ物を受け付けずに死んでしまう子も多いといいます。
それでとても心配をしていましたので、食べてくれてホッとしました。
一ヶ月後ぐらいから、手で直接餌をあげても食べるようになり、とても懐いてくれました。
懐いてくれた小鳥は本当に可愛く、癒やされます。

カゴの中のとまり木の上で、羽ばたいて空中に止まれるようになるまでは(ホバリングできるようになるまで)カゴから一切出してはいけません。
かごの外に出すと、飛んだとしてもコントロールができませんから。
壁に衝突したりして怪我をしがちです。
この子もカゴを開けたときに一度飛び出してしまい、壁に衝突をしてくちばしに傷ができました。
最悪の場合、衝突して死んだりしますので。
その後はカゴを開けるときには外に飛び出さないように細心の注意をはらいました。

また、今回は前の失敗に学んで、ちゃんと飛べるようになったあと一日に3回ほどカゴから出し。放鳥しましたが。

放鳥時には部屋の中を危ないものがない状態にし、目が届く範囲で遊ばせました。
もちろん放鳥させている間は目を離しません。

しばらくかわいがっていると外に出したときにはすぐに私の肩に止まってどこまでもついてきますし。
カゴの中に入れていても私がいなくなると鳴いて私を呼びます。

最初に飼った鳥を私の不注意で死なせてしまった今度こそ寿命が尽きるまで一緒にいたいものだ、と思っていました。
最初のインコも今度のインコもとても可愛くて、作業をしているときに放鳥するといつもテーブルの上で遊んでいました。
机の上が餌で汚いですが動画を載せておきます。

感染症の発症

ただしばらくしてなんとなくお腹のあたりが肥大しているような気がし。
慎重に観察をしていると、便が水っぽくなって正常な糞の形になっていません。インコは捕食される鳥なんで、病気になっても弱った風には見せないということですので。
心配になって近くの鳥専門の病院につれていきました。

そこでわかったことは感染症にかかっていること。
目が赤くなっていたり、黒い羽が不必要に混じっていたりと至るところにその兆候が見られるということでした。
肝臓も異常に肥大していてこれも治療をしなくてはならない、ということなども言われました。

今回は知らずに病鳥を購入してしまったんですね。
調べてみると、セキセイインコは特に感染症にかかっている確率が高いんだとか。外見を際立たせようと組み合わせて孵化させるんで、原種からどんどん離れていき、免疫力が弱くなっていますし。
流通量が半端ないんで、親から子供への感染があるんだそうな。

ただお医者さんが言うところでは感染症にかかっていても治る可能性は高いということでしたので。
お迎えした責任がありますので。

早速様々なサプリと抗生物質、肝臓の薬などを処方してもらい。
毎日それを適量ビタミン入の水に溶かしたり、サプリにふりかけたりして。
治療に当たりました。
病院に行くたびに結構な金額の治療費と時間がかかりますが、仕方がありません。

そうやっているうちに元気になったように見え。
餌の食いつきも良くなったんで。
一安心。

感染しているとわかってからは室温に気をつけ。
季節は秋から冬にかかっていましたので、電気ストーブやエアコン、そして夜寝るときには電気毛布を掛けてあげて25度以上になるように調整をしていました。
オーストラリアの砂漠に生息している鳥ですので、寒いとすぐに弱ってしまいます。でも気をつけてやることで元気が保たれ、私を癒やしてくれました。

二番目の小鳥もついに亡くなる

こうして発病後半年以上、手間はかかりましたが、なんとか生き延びてきたんですが。
つい最近帰省する事になって。
ぴーちゃんも一緒に連れて行ったんです。

家から駅まで徒歩15分。
新幹線で2時間余の移動。
駅降りてから15分ほどで実家に着きます。
カゴに入れている時間は最大で3時間程度。

色々調べたらそれぐらいの移動であれば、しかもそれほど動かすこともなければ。おそらくストレス的には大丈夫、ということだったんで。 私は全く心配していませんでした。
小さめのかごに入れ。暖かくして。連れていきました。

実際実家についてかごから出しても元気で。
飛び回っていました。
餌もしっかり食べていました。

ところが実家での3日目。
朝、電気毛布で包んでいたカゴを取り出すと死んでいました。
体を触るとまだ暖かく、朝方死んだようでした。

病鳥だとはいえ、元気にしていて。
特に不安になるような兆候も示していませんでしたので、突然の死に茫然自失。
何が悪かったんだろう、やはり新幹線に乗せたのが悪かったのか?餌を変えたばかりだったんで。そのせいだったのか?と後悔しきり。

飼い始めてから8ヶ月。生後2ヶ月で家に来たので、まだこの世に生を受けて10ヶ月しか経っていません。セキセイインコは長いと10年は生きると言われていますから。死ぬにはあまりにも早すぎました。

しかし私の未熟さゆえ、ついに2番めのセキセイインコも長く生かしてやることはできませんでした。

鳥専門病院の話

鳥専門の病院については、鳥を飼うとき、鳥好きの知り合い、タミイに紹介してもらっていた病院がありました。
彼女は住んでいるところから電車で1時間半かけてその病院に通っていまして。
彼女いわく、どこの病院でも助からなかった鳥たちが最後に行き着く病院!!
とベタ褒めです。
実際彼女が飼っている文鳥もその病院荷定期的に通うことで、命を永らえているといいます。

私の住まいからだと、3駅離れているだけなので、家から病院までだと駅まで歩いて電車待ち時間を入れてもdoor to doorで40分以内でいけます。
それなら万が一のときは安心だね、ということで私も鳥を飼い始めたんです。

そこは民家の一部を診療所にしているところで。
結構年配の女医さんがひとりでやっています。
12時から開院し、一日に診察するのは6人限定。
しかも電話予約などはできず、直接病院に出向いて朝6時前ぐらいに外に置かれる予約表に記入をしなくてはなりません。

私最初にタミイと一緒に行ったときに、タミイが朝8時ぐらいに行って予約してくれていて。
3番目でしたよ、と言われたんで、12時から始まるから遅くても3時ぐらいには終わるのかなあ、などと思っていたんですが。いやそんなに早くは診察を受けられませんよ、とタミイ。
それで2時過ぎぐらいに病院に行ったんですが。
実際に鳥が診察を受けたのは5時過ぎ。
タミイは朝から来ていて、予約をしても遠くから来ているので一旦帰るわけにもいかず。
朝から10時間以上も待っているわけで。
完全に一日がかりの大仕事です。

私はこんなに待たされるのはかなわん、と思い、次に行ったときには朝5時過ぎ、始発の次の電車でその病院に行って予約表の一番上に名前を書き入れました。
これで12時には診察を受けられる、と思ったんですが。
残念ながら私が一番に診察を受けられるわけではなく。
最初はFAXで 薬だけ 予約をしたの人の相談を受け付けていることがわかりました。
これは診察するよりは時間が短いんですが。それでも一人30分以上。
何人かいますので、結局一番最初に予約をした私でさえ3時から診察。
3時間待たされました。朝5時に起きて予約してもこんな感じ。

私自身の診察時間は1時間半にも及びまして。
様々な検査をしていただきましたので、文句はありませんが。
仮に3番めだと6時ぐらいから。
3番めの方も12時過ぎには来ていましたから。
6時間待つことになったわけです。

流石にこのような体制だとよほどの鳥好きでないとこの病院で診察を受けるのは無理じゃないかと思うんですが。
それでも定期的に診察を受けに来る方が多いため、常に満員状態です。


長い間狭い待合で待っていますので、待っている方たちとも話をする様になるわけなんですが。
皆さん鳥を家族のように考えているディープユーザー方ばかり。
鳥のことに関しては非常に詳しく、初心者の私は大変勉強になりました。
そして。
お座なりな診察を受け、高額な料金を請求される他の動物病院に比べたらここは遥かに良い、ということでした。
この病院は電話での受付はしておらず、質問もFAX以外受け付けていません。
ネットでサイトを公開しているわけでもなく、それなのに皆さん探してここに来るわけですので。その熱意はすごいです。

私はもちろん小鳥は可愛いですし、早く病気を直してあげたいという思いはありましたから。
先生の指示通り。日によって違う薬を毎日取り替えてやったんですが。
それでもだめだったんで今となってはそこまでして病院に通う必要があったんだろうか、と思ってしまいます。
そんなことを思うこと自体あの病院に来ていたディープな人たちにしてみたら鳥に対する愛情が足りない、ということになるんでしょうが。

わかったことは生まれつき感染症にかかった鳥を生きながらえさせることは難しいということでした。

再度挑戦

悲しい思いをしないためにも今度また飼うことになったらできる限り調べて病気の子を掴まないようにしたいものだと思いました。
現在3羽目に挑戦していますが、原種に近いもの(色がグリーンで、頭から背中にかけて黒い斑点がさざなみのように広がっているもの)ほど病気にかかっている割合が低いということなので。


そういう鳥で、かつ挿し餌が終了してしばらく経った生後3ヶ月セキセイインコを飼うことにしました。
生まれて時間が経つと簡単には懐かないようで、飼い始めて1ヶ月になりますが、手を差し伸べると逃げ回ります。もちろん手に乗ったり私の近くに寄ってくることはありません。
それでも可愛いですが。懐いてくれたら嬉しいです。

今度はなんとしても長く生きてもらいたいと願っています。前の鳥たちはみんな可愛かったです。


sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. 鳥と一緒の生活①
  2. 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント…
  3. コーラス 北朝鮮の最強兵器とはなにか?それはミサイルではない!○○○○◯●…
  4. 韓国でキムチ普及の功労者は伊藤博文
  5. 恋人 英語をマスターするのに必要なのはネイティブの恋人?
  6. イースター イースター!重要だけどややこしい祝日?その由来と、暦論争や日曜日…
  7. フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩
  8. 静電気除去方法は知ってるだけで簡単!帯電体質の改善についても調べ…

日本

  1. 昭和の日
  2. つるし雛
  3. おみくじ
  4. 注連縄アイキャッチ
  5. お彼岸

社会

  1. 二重基準を駆使して日本を貶めようとする反日勢力 中共の蛮行を隠蔽する平和主義の皮を被ったファシストたち
  2. SMAPも含め、芸能人のプライバシーまで管理するジャニーズなどの日本のプロダクションは世界の非常識!アメリカの制度と比較してみた 芸能界奴隷
  3. ベッキーなど日本に跋扈するハーフタレントの定義が曖昧過ぎる件
  4. NHKが日本にとって解体しなくてはならない癌なのはなぜか しばき隊もはびこる反日放送局
  5. 立花孝志さんが告訴した「ハーバー・ビジネス・オンライン」とフジ産経グループや生長の家の内部対立の構図

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

韓国LG化学 インドで毒ガスを撒き散らしてしまうが日本マスゴミは報道せず 精力剤と勃起薬のサイトをこのサイトに移すことにしました。 離婚 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意! サプリや薬をどこで買えば一番お得で安全なのか? 「健康食品」いかがわしさの向こう側

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. パソコン
  2. スケ連在日

おすすめサプリショップ

日本

  1. 五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1
  2. リフトから見下ろす茶臼山の芝桜 アクセスは車のみで渋滞必至!見頃の時期はいつ? 芝桜
  3. 武漢ウイルスに対する日本の対応がおかしいのはなぜ?
  4. 上司や目上の人に年賀状を送る時に気をつけるべきこととは? 年賀状
  5. お彼岸と春分秋分の祝日の関係とは なぜお彼岸?お盆とどこが違うの? お彼岸
  6. 毛虫による皮膚炎の症状と腫れや痒みの処置方法について 毛虫
  7. 手土産の選び方と渡し方 彼氏や彼女の実家に初めていく時や結婚の挨拶では?

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP