フィリピン

フィリピンでジープニーやトライシクル、パジャックの運転手が必死なわけ

荷物を運ぶ人

sponsored link

フィリピンではタクシーやトライシクルでのボッタクリは日常茶飯事ですが、これはモラルの問題という以前に構造的な問題もあります。
フィリピンは日本とは比較にならないほど貧乏人に過酷な社会です。ジープニーやトライシクルの運転手はどうやってこの仕事をしているんでしょうか?

ジープニーやトライシクルの運転手が必死なわけは?

レンタル料がバカ高いフィリピン

ジープニーやトライシクルの運転手はレンタルで車を借りて自家営業をしている人々がほとんどです。ですのでガソリンやメンテナンスは自分持ちで、それらを差し引いた売り上げが自分のものになるようです。ですから一定の金額以上を稼がないと赤字になってしまいます。

トライシクル

引用http://cebuciajp.jugem.jp/?eid=397元:

トライシクルの場合ですとリースの支払い期間は5年です。リース料の総額は約20数万から30万ペソ。

物によって値段は上下しますが、高いですね。トライシクルを自分で購入すれば、7万ペソから9万ペソほどで買えると聞きました。料率で考えたらめちゃくちゃ高いです。日本で比較すると消費者ローン並の高利です。3倍以上のお金を支払ってようやく5年落ちのトライシクルを自分のものにできます。結構きついですね。8万ペソと言うと20万ぐらいですかね。大したことがないように思えます。でもそのお金が無いばっかりに50万円以上の借金を背負います。

フィリピンの庶民の多くは約8万ペソというお金を持っていませんから、ここまで不利益を被る条件でも、その仕事に就く人はたくさんいます。彼らは高いレンタル代と日々の生活費を稼ぐため、どうしても客単価をあげる必要があるので生活のためにボッタクリをするんです。

私はそういうことを知ってからはぼられてもあまりうるさく言うことはしなくなりました。それに何回もフィリピンにいっているうちに馴染んできて雰囲気がフィリピン人に似てきたのかどうか。ぼったくられることがあまりなくなってきました。

セブの場合、大学を卒業して、就職しても2万ペソのお給料だったら決して悪くはないです。いまは大幅な円安ですが、それで大体5万円ぐらいですね(2015年末)。前も書きましたが、物価は安くはないですから。みなさんかなりきつい生活をしています。住むところを友人とシェアしたり。あと驚いたのはシャワーがないところに住んでいる人が多いということです。水道料金は高いですから。水を溜めて体を拭いている人が多かったです。ましてや学歴がなければまともな就職は殆どできません。そういう人たちがトライシクルの運転手になるわけですので、8万ペソの貯金をするというのは大変なことなんです。

ジープニーも個人営業

私はセブに行った時にジープニーに使う車を買うのに出資しないかと言われたことがありました。ジープニーの場合、料金は均一ですし、路線バスみたいなものなんで、公共機関が運営しているのかとおもいきや。これも個人でやっているんですね。ジープニーもまた多くの運転手さんは車をレンタルし、そのレンタル料を払っています。

ジープニーに使う車を買ってレンタルに出せば、2年以内に資金は回収できてその後は配当を出すことができるんだと。100万円投資したものが5年後に300万円になるんだったらいい話のように思えます。フィリピンではお金を借りると相当な高金利となります。そのような貧しい人を搾取する構造が実際ありますのでね。一口乗ろうかと思う方も多いようです。

しかし後でフィリピン在住の方に話を聞いたらそういったジープニー詐欺にやられた日本人は多いよねって言うことでした。高金利で借りてジープニーを使っているのは確かだとしても、そもそも約束が守られないのがフィリピン社会。お金を出すだけの日本人が現場がわかるわけではありません。現場のことを知らない日本人を騙すなんてことはわけないことです。お金が溶けてしまってもどうしたら良いかわからないということでした。よほどの信頼関係が築けなければ、その手の投資話は危険です。

トライシクルの仕事に憧れる人たち

よくよく知らべてみると搾取され続けていることがわかるんで、トライシクルのドライバーを見ているとなにが悲しくてこんな仕事をしているんだろうと思わされます。

でもトライシクルの仕事に憧れている層もあります。パジャックという、トライシクルの自転車バージョンの仕事をしている人たちです。

パジャック

引用元:
http://diamond.jp/articles/-/45934?page=3

こちらもまた、レンタル料金を1年間支払うと、自転車が自分のものになるといった勘定です。自転車付きのパジャックは現金で買うと5000ペソから1万ペソぐらいの間なんだそうです。たった1万円か2万円のお金を支払う事が出来ないばかりに、レンタルして、最終的に3倍以上の金額を払うために炎天下の中、客を乗せて必死でペダルをこぐ子供や老人たち。
トライシクルで働いている人たちの労働環境もかなり悲惨でしたが、そこで雇われるのもそれなりのレベルが必要なんですね。そこにすらいけない人は自転車を漕ぎ続けなくてはなりません。
観光地巡りの時にパジャックに乗るのは浅草で人力車に乗るような優雅な気持ちになったものですが、幹線道路を必死こいてペダル漕ぎをしているパジャックは大変そうでした。

交通機関の仕事に従事する人たちの階層は低い順からいうと。

 パジャック→トライシクル→ジープニーまたはタクシー

こういうランクになっているんでしょうか?

こう考えると自前の車を使ってジープニーやタクシーを運転している人たちはかなりの成功者だといえるのかもしれませんね。でもこれで成功者だとするとフィリピンの現実はまだまだ厳しいと思わざるを得ません。

sponsored link


関連記事

  1. フィリピン貧困1 フィリピンに見る格差社会は明日の日本?
  2. 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント…
  3. 父の日 父の日はいつ?その由来と父親が送れて喜ぶ物とは
  4. バレンタインデー バレンタインデーの起源と意味!日本ではどこか変!外国との違いは?…
  5. フィリピン マラウィ市をめぐるISとのとの戦いはどうなった?終結…
  6. ブヨ に噛まれたら危険?その対処方法と薬や治療方法とは
  7. フィリピン フィリピン人のプライドの高さと貧困
  8. イースター イースター!重要だけどややこしい祝日?その由来と、暦論争や日曜日…

日本

  1. 父の日
  2. 母の日
  3. 苺の花

社会

  1. 無関心な人々を恐れよ  マスゴミの洗脳からの覚醒
  2. 創価学会に圧力をかけられ干された芸能人がたくさんいたってホント?
  3. フィリピン人のプライドの高さと貧困 フィリピン
  4. 反日の当てが外れたヤフコメが面白い 逃げ回るアカヒ新聞 そして誰も信用しなくなった
  5. 山本太郎は極左暴力集団中核派公認候補だった 風評テロリストの闇の人脈とは

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベトナム サイゴン 国営レックスホテルは最高だった 超便利しかも無料^^; 頭が筋肉でも上達する英語ツール及び英語学習サイト5つ!③神アプリmemriseは本当に素晴らしい ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた⑤ シンガポールやマニラの国際空港で シャトルバス運行の話 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント? ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた④シンガポールのホテルって  イチャイチャしながらこの国のことを考えてみた

カテゴリー

嫌韓

政治

世界

  1. フィリピン
  2. 荷物を運ぶ人
  3. チューリップ原産地
  4. 機内から
  5. 成人式
  6. フィリピン

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. ポスト
  2. 桜
  3. 小林幸子

日本

  1. 驚きのいちごの歴史 なぜ品種がこんなに多いのかご存じですか?
  2. 五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1
  3. 入学祝いのお礼状の書き方とその例文集 ポスト
  4. テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介! 子供達
  5. ホワイトデーに職場で義理チョコのお返しを無理強いされないために知っておきたい怪しい起源! キャンデーボックス
  6. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  7. 初売りといえば福袋。その言葉の由来と福袋販売の事始めとは??福袋は買ってはいけない?消え行く福袋商法

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP