日本

ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があるの?

Sponsored Link


sponsored link

ひな祭り独特の食べ物があります。菱餅、あられ、はまぐりのお吸い物、チラシ寿司などです。これをお雛様を見ながら食べることにより、娘の健やかな成長を願います。行事食には様々な意味が込められていますが、ひな祭りを彩る食べ物にはどんな意味が込められているのでしょうか?

ひな祭りの行事食の意味は?

ひなあられ

古く三月初めの巳の日や重三と言われる三月三日の春の穏やかな陽光のもと。
女の子がおひなまさを携えて眺めのよい丘を見つけて上がり、そこに晴れ着の羽織を広げたりしてお雛様の席を作りました。そしてその上にお雛様をかざっておひなさまに四方の景色を見せてあげるという習慣があったそうです。

これを「ひなの国見せ」と言ったんだそうですが、なんとものどかで、心が温まります。
このときに春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのがひな祭りにひなあられを食べるようになった由来なんだそうです。
私はこれを聞いて以来ひなあられを食べるときにはそれを思い出します。

このひなあられ。
菱餅を外で食べられるようにと。菱餅を砕いて作ったという説もありますがこれは関西のひなあられにまつわる由来です。

ひなあられ

関西のひなあられはもともとは柏餅を砕いて炒ったのが始まりとされ、少し大粒の餅から出来たおかきです。醤油味や塩味など、しょっぱいひなあられです。

それに対して関東のひなあられはお米を爆ぜて作ったもので、小粒です。味は砂糖などで味付けをしているためにとても甘いです。同じひなあられでも関東のひなあられとは別物です。由来としては余ったご飯粒を干して、それを炙ったとか、米を直に炒って作ったなど様々な説があります。

 

菱餅

緑と白とピンクの餅を3段に重ねて菱形に切ったもの。ただしもともとは中国で食べられていた草餅が日本に来てよもぎ餅となったものが始まりなんだとか。

ひし形になって白いもちが付け加えられたのは江戸時代始め。赤が加わり、3色になったのは明治時代からです。

菱餅

引用元:
http://kikusa.exblog.jp/8379734/

下から緑・白・桃色の順番で、“春間近の雪の下には新芽が芽吹き、雪の溶けかかった地上には桃の花が咲いている”様子を表しているんだとのこと。

ひな祭りには欠かせないアイテムの一つです。

桃色=「魔除け」。。解毒作用のある赤いくちなしを使い、桃の花を表します
白=「清浄・純潔」。血圧を下げるひしの実を使い、真っ白い雪を表現します。
緑=「健康・新緑の生命力」。強い香りで厄除け効果があるよもぎを使い草萌える大地を表します。

sponsored link

とっても風流ですね。

白酒・甘酒

もともと「桃花(香)酒(とうかしゅ)」というものが飲まれていましたが、江戸時代からはひな祭りには「白酒」というお酒が飲まれるようになりました。

白酒の由来はなかなか面白くて別記事にしてあります。

 

もうひとつの定番が「甘酒」ですがもともとは「白酒」と見た目が似てるから飲まれるようになったという説もあります。

白酒

引用元:
http://xn--p8j7aziza5104e.com/78.html

[ad#ad-1]

はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物

引用元:

はまぐりのお吸い物

ひな祭りの頃はちょうど磯遊びの時期。
そして貝類はこの時期旬なので、ひな祭りのメニューに加えられました。

はまぐりは2枚の貝がぴったりと合い、他の貝殻とは絶対に合わないのでむかしは貝合わせに使われました。娘が相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせるようにという祈りがはまぐりのお吸い物には込められています。盛りつけるときに、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ、つまり一つの貝に2つの貝の身をのせ、いただくのが良いとされています。

ちらし寿司

[caption id="attachment_475" align="alignnone" width="225"]チラシ寿司 引用元:
http://recipe.foodiestv.jp/recipe/18141.html

ちらし寿司そのものにひな祭りのいわれはありません。様々な祭礼の日にチラシ寿司がつくられていたのでひな祭りでも出されるようになったと言われています。定番になったのは平成になってからではないでしょうか。
しかし具材には縁起物が含まれていまして、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など祝いの席にふさわしいこと。
さらには三つ葉、卵、人参などの春めいた華やかな彩りがひな祭りにふさわしいということで。定番メニューとして定着したようです。

まとめ

ひな祭りの行事食は幅が広くて、上記のような定番メニュー以外にも、茶碗蒸しとか、それと春先なので山菜を食材に使ったりしています。山菜の和物なんかはよく見かけます。春らしさが演出でしますね。子供が喜ぶものとしてはチラシ寿司以外でも寿司ケーキなど様々なお寿司が作られているようです。チラシ寿司自体が歴史が浅く新定番ですので、今後新たなスターが生まれてくるのかもしてませんね。

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. 風 お墓 お墓参りの作法は?いつ行けばいいの?
  2. 毛虫 毛虫による皮膚炎の症状と腫れや痒みの処置方法について
  3. 芝桜 富士芝桜まつりへの快適なアクセスは?芝桜ってどんな花?
  4. 卒業式の女学生!袴姿に似合う和風なメイクの仕方とは?
  5. 初詣 初詣は混雑を避けたいけど、いつまでに行けばいい?初詣の由来や意味…
  6. 北枕は最悪って言うのは完璧嘘?寝る際の枕の方角について調べて見ま…
  7. キャンデーボックス ホワイトデーに職場で義理チョコのお返しを無理強いされないために知…
  8. 鯉のぼり 子どもの日の豆知識あれこれ こいのぼりや兜、菖蒲を変わる訳とは

日本

  1. 毛虫
  2. 紫陽花1

社会

  1. ネットを貶めるつまらなくなったテレビや新聞の醜態を見ていると、映画が没落した時のことが思い出される
  2. 特定アジアの工作員が垂れ流す反日報道に反旗!TBSにデモ!いよいよ戦いが始まる
  3. 生活保護不正受給戦略!スヒョン文書を読み返し在日特権の理不尽さに怒ろう!
  4. きゃりーぱみゅぱみゅの歌が世界で成功したのは日本特有のヨナ抜き音階でしかも日本語で歌ったからだってホント? 富嶽36景きゃりーぱみゅぱみゅ
  5. ローラの奴隷契約に見る地獄の芸能界 これは氷山の一角にしか過ぎない

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

鳥と一緒の生活① 広告をデフォルトでブロック!braveブラウザの使い方 愛 フィリピン女性を口説く方法とマニラでの楽しかった思い出 フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩 サプリや薬をどこで買えば一番お得で安全なのか?

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. 成人式
  2. 指文字
  3. 羽生結弦激突事件

おすすめサプリショップ

日本

  1. 紫陽花には毒があるってホント?紫陽花にはなって実は花じゃない?由来や花言葉もチェック! 紫陽花1
  2. 関東と関西の違い!「桜餅」や「ところてん」「秋刀魚」などカルチャーショックを起こしたものについて 関西と関東の食文化の違い
  3. 武漢ウイルスに対する日本の対応がおかしいのはなぜ?
  4. ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があるの?
  5. お墓参りの作法は?いつ行けばいいの? 風 お墓
  6. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  7. 年賀状に書けない喪中の祝い事の報告の仕方とは!寒中見舞いの時期や文例は? 冬の鳥

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP