娯楽・雑学・趣味

ホワイトデーに職場で義理チョコのお返しを無理強いされないために知っておきたい怪しい起源!

Sponsored Link

キャンデーボックス

sponsored link

ホワイトデーって不自然ですよね。日本では、3月14日のホワイトデーに男性がバレンタインデーのお返しをしくてはならないような風潮がありますが、職場で義理チョコのお返しをさせられるのはなにか強制的だと感じる方も多いんじゃないでしょうか?そもそもホワイトデーっていかがわしいと思いませんか?なぜこんな奇妙なことが起きたのか調べてみたら。とんでもないことがわかりました。貴方はホワイトデー起源を知っていますか?真実を知ったうえで、それでもホワイトデーに義理チョコのお返しをしますか?

ホワイトデーはどのようにして仕掛けられたのか

バレンタインデーの仕掛けとは

日本のバレンタインデーはチョコレートを売るための販売戦略としてチョコレート会社が仕掛けたものです。
バレンタインデー自体は聖バレンタインの逸話が有名で、世界のキリスト教国では広まっています。その日には男女ともにバレンタインカードを交換する習慣があり、クリスマースカードに次いで多く交換されています。
それに目をつけた日本のチョコレート業者がチョコレートを売りたいばっかりにバレンタインデーは女性が男性にチョコレートを送るべきだという宣伝を行って見たところ。
なんとこれが大当たり!
これがバレンタインデーにチョコレートを送るという日本独自の風習の始まりです。
キリスト教に馴染みがなく、当然そのほんとうの意味も知らない多くの日本人はすっかり騙されてしまいました。
その結果、日本でだけ、バレンタインデーには女性がチョコレートを送るという習慣が根付いてしまったのでした。

ホワイトデーの仕掛けとは

こうなるとチョコレート以外を売っている業者は面白くありません。チョコレート業界の戦略を真似することにしました。
聖バレンタインの殉教からひと月後、バレンタインのおかげで結婚することが出来た男女が改めて愛を誓ったという故事があり、海外ではそれが語り継がれて「マシュマロデー」とか「クッキーデー」と呼ばれていることに目をつけた全国飴菓子工業協同組合!
1978年。全飴協ホワイトデー委員会を組織。「ホワイトデー」を作ることを決定し、1980年から3月14日をホワイトデーとすることとし、キャンペーンを開始しました。
バレンタインデーにはチョコレート、ということでホワイトデーには飴ということにしたかったんですが、何しろその日は全国飴菓子工業協同組合が飴を売りたいばっかりに決めた全く正当性がない日であったために、「飴の日」といういかにもな名前は避けて、純潔を表す「ホワイト」という名前を取り入れて「ホワイトデー」にしたそうです。
つまりホワイトデーはその名の通り何の意味もない、真っ白な日だったわけです。

バレンタインデーはチョコレートではないにしろ、世界的にお祝いされている日でしたが、ホワイトデーをお祝いしている国はありません。そこで、これだけだと弱いと思ったのか、その後「3月14日になったのは飴の製造起源が「古事記」や「日本書紀」煮汁されていたからだ」という理由も加味されました。

ただそんないかがわしいものでありながらもホワイトデーは日本に定着しました。
それには理由があります。
日本ではいただきものにはお返しをするという習慣が根付いていたからです。
ですので、バレンタインデーのお返しにお菓子をすすめるということはホワイトfデーが始まる前から個々のお菓子屋さんなどでは行われていたようで、その風潮を受けて、「ホワイトデー」を考えついたということも出来そうです。

ただしこういう経緯でできた記念日ですから、日本以外では日本の真似をした韓国とか台湾あたりでしかこのホワイトデーは広まっていません。

お菓子を送ることを強制されて食い物にされるホワイトデー

ホワイトデーの最初のキャッチフレーズは

愛にこたえるホワイトデー!

というものでした。

愛

出自はいかがわしくとも、キリスト教に縁がない我が日本人。意味がわからないんですから、義理チョコにもお返ししなくてはいけないの?なんて疑問も抱きません。
ホワイトデーオープン日に当たっては銀座三越地下1階に設売り場を設け、全国飴菓子工業協同組合の加盟店13社がそこでキャンデーを販売しました。
ホワイトデー元年は銀座の三越で狼煙を上げたのでした。

これをみた他のデパートを中心とする販売業者も「これは販促に使える」と踏んで便乗し、催事を行い、それをマスコミが取り上げるという形で、あっという間に国民周知の行事になっちまいました。
もともと根拠が薄いものでしたのでホワイトデーは毎年斬新なキャチコピーを作ってその定着に努めました。

「僕からも、愛」

こういうふざけたキャッチコピーを繰り出し続けます。
バレンタインデーもさるもので、愛する人にしかチョコレートを送らないんではチョコレートの需要が増えないといみては新しい習慣として「義理チョコ」が出てきました。
すると今度はホワイトデーの方には義理チョコのお返しをするという需要が喚起されました。

マッチポンプ!という言葉がなせか頭をよぎります。

ホワイトデー側はさらに強烈な販促の小道具を繰り出します。
それは「お礼は3倍返し」という、男性にとっては全く呆れ果てた言い草でした。どこにそんなことをしなくてはいけない理由があるのか?しかしこれは女性の圧倒的な支持のもとにあっという間に定着してしまいました。
その結果現在では1400億円市場ともいわれるほどに成長してしまったんですから驚きです。そしてなぜか日本の一大行事として君臨するようになったんですね。

しかし私は言いたい!今やバレンタインデーの贈り物は3倍返しを当てにしてばらまかれているのです。なぜそんなものにお返しをしなくてはいけないのか?

カネ目当てで勝手に記念日を作るな!!

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. GW ゴールデンウィークの祝日の日数が毎年変わるってホント?名前の由来…
  2. おせち料理の意味と由来が面白い!意外と知られていない元祖健康食品…
  3. 鳥と一緒の生活②病鳥を飼う
  4. 静電気除去方法は知ってるだけで簡単!帯電体質の改善についても調べ…
  5. 芝桜 リフトから見下ろす茶臼山の芝桜 アクセスは車のみで渋滞必至!見頃…
  6. 富嶽36景きゃりーぱみゅぱみゅ きゃりーぱみゅぱみゅの歌が世界で成功したのは日本特有のヨナ抜き音…
  7. ご祝儀袋 入学祝い・卒業祝い、出産・結婚祝い!のし袋とお金の扱い方で気をつ…
  8. 日本のX線天文衛星「ASTRO-H(ひとみ)」打ち上げの成功で注…

日本

  1. 風鈴
  2. 桜
  3. 初詣

社会

  1. トライシクルとパジャックはフィリピンの庶民の乗り物 その活用法とは?
  2. WAHAHA本舗社長の喰始は創価学会員じゃないってホント? 喰始
  3. 【殺人事件】?まで起きたレコード大賞や紅白歌合戦のヤラセに見る芸能界の”金がすべて”の異常体質は治るのか! レコード大賞ヤラセ
  4. SMAPだけじゃない!芸能界が奴隷社会であることの例 日本音楽著作権協会とはなにか? 芸能界の闇鈴木亜美
  5. タモリは稀代の教養タレントだよね! 赤塚不二夫 おそ松さん たけしやさんまと根本的に違う芸風とは

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

超便利しかも無料^^; 頭が筋肉でも上達する英語ツール及び英語学習サイト5つ!③神アプリmemriseは本当に素晴らしい 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`;) フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上達しない理由とは 難消化性デキストリンに血糖値抑制や脂肪吸収の効果はないが食物繊維摂取には有効 ダイエットだけじゃない断食の効果

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. チューリップ原産地
  2. 小林幸子
  3. 梅雨空

おすすめサプリショップ

日本

  1. 男性用袴を卒業式・初詣・お祝いごとなどで着てみませんか?着付け方紹介!
  2. 卒業式の和服姿に似合う和風ネイルはどんなものなのか? ネイル
  3. 意外と知らない桜の名前やお花見の由来!そして驚きのソメイヨシノの秘密とは! 桜
  4. 昭和の日って何の日?みどりの日や天皇誕生日との関係や制定にまつわる話あれこれ  昭和の日
  5. お墓参りの作法は?いつ行けばいいの? 風 お墓
  6. ひな祭りで飲む白酒の意味と由来 甘酒と間違えてない? つるし雛
  7. 海外にはないからホワイトデーを英語で説明するのが難しい!安くお返しをするコツとは? ホワイトデー

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP