じいじの恥ずかし体験

バレンタインデーの起源と意味!日本ではどこか変!外国との違いは?

Sponsored Link

バレンタインデー

バレンタインデーの起源には2つあってそれが融合して今のバレンタインデーの起源となりました。中でも聖バレンタインという方の若者に対する愛情が欠かせないものです。その精神がバレンタインデーには脈々と流れています。しかし日本ではその精神がほんとうに生かされているんでしょうか?

バレンタインデーの起源をまとめてみた

バレンタインデーは2つの事柄が合わさって生まれた記念日です。

ローマのお祭り

もともとはローマ帝国時代のお祭りです。多神教だったローマではギリシャ時代の半獣神パンに対応するルペルクスという神様をお祭りしていました。家畜を狼から守る神様で、更には出産に関係する神様でした。
そしてルペルカーリアという多産を祈るお祭が何百年ものあいだ行われていました。

子供を産むためには男女の出会いがなくてはなりません。
そこで毎年2月14日の夕方になると、若い未婚女性たちが自分の名前を書いて箱に入れます。
祭が始まる翌15日には男性たちが箱から名前を書いた紙を引きます。
そして男性はくじ引きをし、名前を引き当てた娘と祭の間付き合うことが出来るとされました。

お祭りは男女の出会いの機会となっていったのです。当然風紀は乱れます。
そこで496年。当時の教皇ゲラシウス一世は、風紀の乱れを正すためにルペルカーリア祭を禁じました。代わりに、聖人の名前を引かせ、1年間のあいだその聖人を見習った生き方をするよう励ましたといいますから、お祭り禁止後の男性たちは災難でしたね。ピチピチの女性じゃなくて爺の聖人。その落胆ぶりはありありと想像できてしまいます。

落胆する猫

その行事の守護聖人とされたのが聖バレンティヌスです。お祭りの日とちょうど同じ日西暦269年2月14日殉教した聖人です。

聖バレンタイン殉教の理由

お祭りが禁止される約200年ほど前。西暦3世紀のローマ。皇帝クラウディウス二世(在位268-270)は、兵士たちの戦意に差し障りがあるとして結婚を禁止しました。そして戦意喪失の理由は彼らが自分の家族や愛する者たちを去りたくないからだと決めつけました。

しかしキリスト教司祭であったバレンティヌスはかわいそうな兵士たちを哀れに思って密かに間を取り持って結婚をさせていました。その評判は知れ渡って多くの恋人たちが彼の元を訪れて結婚をしたために、それが皇帝の知るところとなりました。
当時はまだキリスト教が迫害されていた時代で、皇帝は、バレンティヌスに罪を認めさせてローマの宗教への改宗を強要しようとしましたが、彼はそれを拒否しました。そこで、投獄され、処刑されてしまいました。
その後キリスト教がローマ帝国内で力を得るに従って聖人と認定されました。

sponsored link

このような歴史的事実の元、時代を経るに従ってこの日に恋人たちが贈り物やカードを交換する風習が定着していきました。
そしてその日は「聖バレンタインの日」と呼ばれるようになりました。バレンティヌスの英語読みがバレンタインだったからです。

当然のこと、女性から男性へ“愛を告白する日”と決まっているなどということは一切なくて男性も女性も愛する人へプレゼントを贈るというのがバレンタインデーのもともとの姿です。

カップル

日本のバレンタインデーは世界の非常識?

日本のバレンタインデーが世界各国で行われているバレンタインデーと大きくちがう点は幾つもあります。

日本では

女性から男性にしかプレゼントを渡せないということ。
その対としてホワイトデーなるものがあること。
プレゼントがチョコレートでなければいけないという点。
義理チョコなるものの存在。

世界では

世界の常識では男女ともにプレゼントを交換し合います。ですから当然ホワイトデーのようなものはありません。
プレゼントは自由に選び、愛をこめて相手に渡します。
愛する人以外にプレゼントを上げるなどということは一切ありません。

こう比べてみると、日本のバレンタインデーって随分特殊だということがわかります。
どうしてこんなことになったのか。
その訳は以下で詳しく書きました。

 

日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ?

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント…
  2. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山…
  3. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた② リトルインディアン …
  4. 面白GIF 必殺スイカ切りなど 犬猫の癒やしの写真もあるよ
  5. 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`…
  6. ダイエットだけじゃない断食の効果
  7. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現③メコン川川…
  8. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた③ユニバーサル・スタジオ…

日本

  1. 苺の花
  2. つるし雛
  3. 梅雨空

社会

  1. 【保存版】在日が仕切るスケート連盟の闇 羽生結弦転倒事件① 羽生結弦激突事件
  2. 日本のマスゴミはなぜ在日に支配されたのか?その淵源を探ろうと思う
  3. ラスボス小林幸子が芸能界から追放されても紅白歌合戦でリベンジできた訳とは? 小林幸子復活1
  4. 日本で切れる老人たちとフィリピンで嫌われる日本人のタイプは同じなのか トヨタの非道な振る舞い 美人女性をゲットして楽しく人生を生きてみませんか?
  5. 面白GIF 必殺スイカ切りなど 犬猫の癒やしの写真もあるよ

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出 超便利しかも無料^^; 頭が筋肉でも上達する英語ツール及び英語学習サイト5つ!③神アプリmemriseは本当に素晴らしい 難消化性デキストリンに血糖値抑制や脂肪吸収の効果はないが食物繊維摂取には有効 鳥と一緒の生活① 韓国 ウクライナ鉄道でもやらかす

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

着物姿2
  1. フィリピン料理アボド
  2. 昭和の日
  3. 熊本震災
  4. 成人式

おすすめサプリショップ

日本

  1. 子どもの日の豆知識あれこれ こいのぼりや兜、菖蒲を変わる訳とは 鯉のぼり
  2. 母の日の由来や歴史 日にちは? うれしいプレゼントあれこれ 母の日
  3. 意外と知らない桜の名前やお花見の由来!そして驚きのソメイヨシノの秘密とは! 桜
  4. おみくじの吉の順番はどうやって決めるんだろう!吉凶の割合は? おみくじ
  5. 海外にはないからホワイトデーを英語で説明するのが難しい!安くお返しをするコツとは? ホワイトデー
  6. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  7. 入学祝いのお礼状の書き方とその例文集 ポスト

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP