じいじの恥ずかし体験

ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた④シンガポールのホテルって  イチャイチャしながらこの国のことを考えてみた


sponsored link

彼女が一番行きたかったユニバーサル・スタジオ・シンガポール。

一緒に行って楽しかったです^^;

いずれ私個人ではUSSの評価はあんまり・・・・・・・^^;
彼女いわく。

それは歳の違いだわん!とのこと。
「私はまた行きたい。またシンガポールに一緒に来よう❤」
ということで、まあ彼女と一緒であれば何処にでも、という気持ちはありますが。

ホテル考

シンガポールのホテルですが。初体験であれこれ評価するのもおこがましいんですが。
グッドウッドパークホテルは本当に居心地が良かったです。

今思うとずっとここにいればよかったんですが。
彼女がマリーナサンズベイを観てここに泊まりたいって言うもんで、残りの2日を予約してしまいました。
シンガポールの案内を観ていると必ずここが紹介されていますので。
無理もないんですが。
高いんで一番安いんでいいだろうということで、デラックスルームを2泊予約しました。
その時一番安値は一泊3万8000円。グッドウッドパークホテルの3倍以上。
ところがその後いろいろ調べてみたらそれだとあまりいい思いが出来ないということが分かりました。
あれだけの高層ホテルなのに、低層階にしか泊まれませんし。
バスタブもなし。
ところが少しランクをあげるだけで、様々な特典が利用できることが分かりました。
どうせ泊まるならば少しぐらいお金がかかってもいい部屋が良いだろうと思い、それで変更して2ランク上の部屋を取ろうと思ったんですが。プラン変更の申し込みをしようと思ったらば。
なぜか出来ず。

マリーナベイ・サンズ – シンガポール随一のスケールを誇る 5 つ星ホテル – 公式サイト

一旦解約して新しく申し込んでくださいとのこと。
そして。一旦解約したら。その日の目当ての部屋は予約でいっぱいで、申し込むことができませんでした。
まあひどいよね。
結局はそんな豪華なホテルに泊まる身分でもまだないから無理するのをやめようと思いました。
それにマリーナサンズベイってのは今日本でも話題になってるカジノがメインのホテルで中国人が。
マカオとシンガポール。シンガポールではマリーナサンズベイで脱税をしてるってことまでわかっちゃって。
行きたくないなって思いました。
大金持ちだけがマリーナサンズベイのお客なんですよね。
だから口コミによると値段に見合うサービスもないということですし。一回行けばもういいよねという人の話も聞きました。
ただのカモ状態ならば。それも当然でしょう。

私は彼女のリクエストで検討しただけです。ちょうどいいから。安いホテルのしてしまおうと思って。
わたしが良いなって思ったのはフラートンホテルかラッフルズホテルですけど。
両方のホテルは近くまで行って写真だけ撮ってきました。

フラートンホテル↓

ラッフルズホテル↓

両方ともシンガポール屈指のハイクラスホテルなんで。
いつかこの地獄から抜け出したら。
行こうと思ってはいます。が・・・・・

今回は本当は行きたかったのラッフルズホテル。・・・・・・・・・・・の隣のカールトンホテルを予約しました^^;
一拍1万5千円!半分以下。

でも値段はグッドウッドパークホテルよりも高かったです。
ビジネスマン向けのホテルなんで。高層の大規模ホテル。味気なくて。あんまりでしたけど。
まあこれが普通なか。
それだけグッドウッドパークホテルは価値があったってことですね。
カールトンホテルは立地は非常に良くて。
シンガポール川までも歩いて15分ほど。マーライオン公園がすぐそこからすぐのところにあります。


散歩するにもちょうどいいんですよね。

私達が泊まったホテルの隣がラッフルズホテルなんで。
全体的に環境は整っています。なんせシンガポールの中心部。

ラッフルズホテル周辺で↓

ホテルに荷物をおいてからは最初はブギスに行ってマリアセンセのメガネを取りに行って。
リトルインディアンに行って食事をしました。
が、きれいなレストランに入ってしまったのが間違いで。
不味かったですね~高かったし。

まあでもだいぶ慣れてきて。
写真もだんだん上手に撮れるようになってきました。

それで前も書いたんですが。

マーライオン公園から観た夜景のほうが船で観たときよりもきれいでした。


気に入ったんで2日とも夜はシンガポール側沿いを散策しました。
ホテルから川まで行く途中。安全なのが何よりです。
カールトンホテルから15分ほど。近いですし。

独断と偏見シンガポールってどんな国?

シンガポールってのは95%の人たちが郊外の団地に住んでいて。
中心部に働きに来るという体制なんです。
シンガポール島自体がユニバーサル・スタジオのようなテーマパークになっていて。
みんなそこに働きに来てるんですよね。
建国50年ですからやむを得ませんが、非常に人工的な国です。
その中にさらに広大な動物園や植物園。
リゾートとして開発されたセントーサ島。
ベイエリアも開発されていて、日本も真似しようとしたりしていますけど。
それもテーマパーク。
観光資源として各テーマパークが意図的に開発されています。
それが良いという人は大勢いると思いますが。
東京スカイツリーも行きたくないような私の趣味じゃないですね。

それなんでまだブギスとかチャイナタウンとかリトルインディアンなどの。
それぞれの民族の歴史が伺える所が良いなって思いました。
それでUSSこそ行きましたが。
後は最初予定していた動物園や植物園。観光名所でもあったマリーナサンズベイも行かず。
街中を散策するという方向に切り替わってきまして。
食事も高級なレストランよりは屋台の集合体であるホーカーズがいいと。
マリアセンセはどう思ったか知りませんが。
それなりに満足していた ように見えました。
都会ですからシンガポールは。
フィリピンのマニラに比べたら天国のようなものです。
地下鉄もマリアセンセは生まれて初めて乗りましたし.。地下街も初めて。
それなりの衝撃はうけたようです。

sponsored link

でもやっぱり日本のほうが断然進んでいますし。
それと私はやっぱりションベン臭いのが良いんですよね。
居酒屋なんかでも。下町のこ汚いところが好みです。
しかしリトルインディアンの奥地は食べ物のせいかトイレの中も香辛料の強烈な臭がしました。
アンモニアと香辛料のブレンドが信じられない強烈な匂いを作り出していました。さすが。そこまで行くと辟易しましたが。
でもなんだかんだ言って興味は尽きません。
それに比べてシンガポールの作られた空間ってのにはすごいことはすごいんでしょうが、すぐに飽きてしまいました。

しかも。カールトンホテルはシティホールと言う。
シン ガポールの中心地ですから。こ汚いものは一切ありません。
シンガポール川沿いのホーカーズでさえ小奇麗です。
でもまがい物なんで。
川沿いにある上品なホーカーズ↓

それほど美味しいとは思えませんでした。

なのでホテルの和割には直ぐ飽きてしまって食事は地下鉄に乗って別の場所で食べるようにしました。
ホテルの直ぐ側に小奇麗なレストランが有り、夜遅くにそこも一応入ってビールなど飲みましたが。
日本でも有りがちなドイツビールのレストラン。彼女と一緒ならどこでも良いわけなんですが。
旅の最中にわざわざ入るような店ではないと思います。

シンガポール最終日

シンガポール最後の日はリトルインディアンとチャイナタウンめぐりをし、夜はまたシンガポール側沿いを散歩しました。
 
何処かを見物するのもいいですが。
 
街を歩いて。
 
人ごみに紛れるのも良いものです。
 
そしてそこにいる人達が普段食べているものを食べると。
 
それでシンガポールはコーヒー一杯からカードが使えるカード社会なんです。
 
但し地元の屋台なんかでは現金のみ。
 
それで最初に3万円をシンガポール・ドルに両替していたんですが。
 
それで最終日までもってしまいました。
 
ただわたしが最後の方に行きたいと思ったチャイナタウンやリトルインディアンの屋台はもちろん現金 のみ。
 
最終日に現金が無くなったんで、まずはオーチャードに行き、3万円分両替をしました。
 
オーチャードはシンガポールの商業の中心地なんで。
 
両替の手数料が安いんです。
ぼられることもめったにないと聞きました。私自身は一回もそういう目には会いませんでした。
 
5日間で3万円しか使わなかった(カード以外)のに最終日に何で同額の3万円を両替したかというと。
 
それはこ汚い店でたらふく食事をし、ビールをがぶ飲みするためでした。
 
こ汚い店ではカードは使えませんからね。
 
そしたらマリアセンセがママとパパにおみやげを買っていかないと。と言いはじめ。
 
オーチャードなんで様々な店がひしめいています。
 
それでお土産を買うお金をくれといいますもんで。
 
財布ごと 渡しました。
 
おみやげなんだからどうせ大したことはないだろうと。
 
しかもTシャツです。
 
但し彼女のおみやげを私のお金で買うのはどうかなと思いましたが・・・・・・
 
 
この店で彼女が買ったTシャツの値段は1万3千円。
 
高えよって・・・・・まあ良いんですが。
 
わたしはリトルインディアンのスパーみたいなところで家族のお土産としてインドのお菓子とか買いましたが。
 
4000円ぐらいなものです。
 
リトルインディアンで少しつまみ食いをし。
 
チャイナタウンを散策。
 
 
 
夕方早めチャイナタウンで食事です。
 
 
 
 
まあ美味しかったですね~
 
そしてホテルに帰って夜。
またもや散歩に出掛けました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それで夜もふけてお腹が空いたとマリアセンセ。
 
でも現金が殆どなくなってたんで。
 
夜食にはホーカーズには行けなかったんです。
 
これがシンガポール最後の食事なのに(T_T)
 
しょうがないんで。
 
ホテルの近くまで戻り小洒落たレストランで食事をしました。
もちろんそれはカードが使えるからであって。
 
別に美味しくもない食事をしながらやけ酒ならぬヤケビールをがぶ飲みしました。
 
次の日は朝4時にはホテルを出発しなくてはなりません。
思えば短いシンガポール6日間。たのしかったなあああ
 
翌日は帰国だ!
 

sponsored link


関連記事

  1. フィリピンが訛りのない英語を使う世界第3の「英語人口国」という意…
  2. フィリピン事情 社会保障制度のない国は悲惨だ 
  3. リゾートホテル フィリピンの建物は高層建築でも鉄筋で作られているのを見てしまった…
  4. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山…
  5. ミンダナオ島 ゾンバシティ フィリピン人の女性と親しくなると、家族がどんどんつけ上がってくる…
  6. 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`…
  7. 猫 フィリピン女性との恋愛でわかった中年からの英語学習法2 ビッグ・…
  8. タスクバー修理 タスクバーが消えてしまった時の対処が確実にできる記事を紹介

日本

  1. 満月
  2. 桜
  3. 有明海

社会

  1. 仁科亜季子を恐喝して元暴力団笹岡和雄(周防の悪事をバラしていた)が逮捕されたという、その裏にあるもの バーニングの影
  2. 日本の芸能界が奴隷社会になっているのはなぜなのか?アメリカとの比較で考える! アメリカ
  3. 【保存版】在日が仕切る日本スケート連盟 の闇 羽生結弦も浅田真央もひどい仕打ちにあってることをご存じですか? スケ連在日
  4. [怒り爆発!]マスゴミを完全に嫌いになった熊本の被災者たち ついに「犬の小便とマスゴミ報道」お断りの張り紙が避難所に!これが奴らの正体だ! 熊本震災
  5. ラスボス小林幸子が芸能界から追放されても紅白歌合戦でリベンジできた訳とは? 小林幸子復活1

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

おもしろいGIF を集めてみた 求愛 フィリピン女性は日本人男性が好きってホント? フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出 フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上達しない理由とは ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた④シンガポールのホテルって  イチャイチャしながらこの国のことを考えてみた

カテゴリー

嫌韓

  1. ぴのと結婚

政治

世界

  1. ミンダナオ島 ゾンバシティ
  2. フィリピンのイースター
  3. キャンデーボックス
  4. おもしろGIF1
  5. フィリピンの祝日1
  6. 梅雨空

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. 関西と関東の食文化の違い
  2. バレンタインデー
  3. ストーンヘンジ日の出

日本

  1. ホワイトデーに職場で義理チョコのお返しを無理強いされないために知っておきたい怪しい起源! キャンデーボックス
  2. ゴールデンウィークの祝日の日数が毎年変わるってホント?名前の由来は? GW
  3. 入学祝いのお礼状の書き方とその例文集 ポスト
  4. 卒業式の女学生!袴姿に似合う和風なメイクの仕方とは?
  5. 五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1
  6. おみくじの由来と意味や歴史とは!扱いはどうすれば良いのか?また御札やお守りとの違いは? おみくじ
  7. 紫陽花には毒があるってホント?紫陽花にはなって実は花じゃない?由来や花言葉もチェック! 紫陽花1

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP