じいじの恥ずかし体験

セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩

Sponsored Link

フィピンアイキャッチ3

sponsored link

私は随分歳をとってからはじめてツアー以外で海外に出かけて行きましたので、フィリピンに通った約一年半というのは刺激的でした。いろいろと失敗続きでしたが、今思うととそれなりに楽しかったです。本筋の事業については失敗は失敗で、本来はそのことを書くのが一番面白いとは思います。ただあまり詳しくは書けない事情があるのでとりあえず今回はフィリピンに行って体験したことなどを諸々書いていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セブ国際空港にての続きです。

セブ国際空港にて

 

私はセブで共同事業をしようとしていました。
そのパートナーはI氏といってわたしが古くから知ってる人間でしたが、自分が作り上げた会社を乗っ取られるなどして苦境に陥っておりましたので。
なんとか助けようと思って彼が企画した事業に出資したのでした。

私には夢がありまして、私のパートナーはそれを実現してくれると期待しました。

そのため、私には仲間がいましたが、彼らに出資をお願いしました。もちろん私の責任で、です。ですから私自身相当の覚悟で臨みました。
I 氏を成功させることで仲間にも報いたいと心から念願しました。

海外に拠点を持ちたいというのはもちろんそのパートナーの意向でした。私は土地感もなく、英語も全く話せませんでしたので、彼が仕事をやりやすくするというところに重点を置いて活動をしました。

セブの印象

彼の話によれば、フィリピンは公用語として英語が話されていて、かつアメリカの統治下にあったのでアジアでは最も正統的なアメリカンを話す人々が多数いる。さらには人件費は日本の8分の一程度で、大学卒の優秀な人材を安い賃金で雇うことができると。英語を使ったビジネスを行うにはアジアではフィリピンは最高の場所であると。実際世界中から安くて良質な英語を話せる労働力を求めて外国企業が集まってきていました。

ただ治安は10年ほど前よりも格段にいいとはいえ、銃社会ですので、街全体には緊張感があって、生活環境は決して良好とは言えません。ITパークのすぐ近くで、タクシーの運転手から金を脅し取られたこともあります。危険な場所がたくさんあります。しかも人件費は安いにしろ、物価はそこまで安くはないなというのが実感でした。もちろん現地のフィリピン人と同じレベルの生活をするのであればそれなりに安く過ごすことはできますが、日本での生活レベルを維持しようとすれば、せいぜい3割ほど安いかなという程度。ましてや今の円安では円の恩恵は受けられません。それと。東南アジア全般に言えることですが、労働力の質は日本と比べると格段に落ちます。もちろんその中には優秀な人も数多くいるわけですが、いい加減な場合のほうが多いです。

セブがリゾートであることは間違いありませんが、リゾートホテルに泊まってスキューバダイビングに行ったりするだけではフィリピンの本当のことはわからないと思います。確かに海は綺麗ですけどね。
ほかにも多くの問題がありまして、パートナーがバラ色の夢を語るフィリピン事業に対して、そこまでの楽観的な確信はもてませんでした。
この事についてはおいおい書いていきたいと思います。

フィリピン国旗

 

ITパークでの視察

セブについてホテルで一泊したあと、I 氏とセブでの事業を行う場所の下見に出かけました。

sponsored link

我々が事業を行いたいと考えていた場所。
それは主に外国人向けに造成されたITパークというエリアでした。
大きなビルの多くがたちならび、アメリカのコールセンター。またその他海外の英会話事業を行う会社などが多数入居していました。

フィリピンが外国資本を誘致しようとして作り上げたエリアです。私はビジネスパートナーのスケジュールにしたがってついていきました。
英語が全くわからないために、彼の言いなりで動きます。

英語が話せなかったことが今となってはとても悔やまれます。
彼がいないとなんの用達もできないので次第に依存心を深めていったからです。
批判的に見ることができなくなっていました。

セブ

ITパークにいってわかったことはビルのオーナーの多くが華僑であるということです。
非常に強い横のつながりがあるということが見て取れました。

なぜ分かるかというと、あるビルに行って設備や、入居条件等を聞いて、ほかのビルに行くと既に私たちの情報が伝わっているのです。
中国人は手ごわいなあってその時初めて感じました。見るからに信用ができそうのない人たちばかり。
経済を握っているのが華僑であることを実感させられました。

全く英語がわからないので私自身は人物評価もい物件の良し悪しもわかりません。

それで事業についてですが、私は友人としてビジネスパートナーを助けようという気持ちは十分にありましたが、
まだ具体的に何をどうやるか、ということのプランは固まっていませんでした。

そこで私がお目付け役として出向いたわけですだが、全く用をなしませんでした。

結果としてお任せということになってしまいました。
それが後で大きなつけとなって帰ってくることになりましたがしかしその時には予想していなかったことでした。

パートナーについて

私のパートナーとなった人間は英語が堪能で、教育業界ではある分野のエキスパートでした。
私はそういう実績を知っていたので彼を信頼していたのです。

また彼はある教育ブランドの日本総代理店の社長をしておりました。それを乗っ取られるなどしたということで私は相談を受けたので、
彼を助けようとしたのです。

そういうことでしたので。
当然彼はマネジメントができると思い込んでいたのでしたが、
あとからはっきりとわかったのですが。
彼にはそういう能力は全くありませんでした。

しかしその時は全く予想をしていませんでした。
不覚です。

わたしはセブに生まれて初めて行き、初めて体験した様々なことに幻惑されてしまっていました。
そして言葉が話せないということは大変なハンデでした。
なのでそういうことに全く気付かなかったのです。

私は彼がいなくては何もできなかったわけですし。すべて彼の言い分をそのまま受けとり、その内容にそってわたしは動くようにしました。

パートナーが痛風の発作!

しかも彼は痛風の持病がありまして、セブで一緒にいる時に痛風の発作が起きてしまったのです。
彼は歩くことが全くできなくなってしまいました。

私は彼に感情移入をしていましたのでますます彼を助けてあげたいと強く思うようになりました。彼の今までの心労が思いやられました。
今まで相当追い詰められていたんだろなと。私は客観的な判断能力を失ってしまいました。
ついに深みにはまっていくことになったのです。

薬を飲んだところで一旦発作が起これば、二週間ほどは治らないのです。それでもリサーチはしなくてはいけない。
わたしは車椅子を借りて、彼をそれに乗せて、その車いすを押しながら事務所にふさわしい物件などを見て回りました。そのほかはタクシーを活用して、動き回りました。

ともかく私もそれなりに必死でした。I氏にしてみても今回がラストチャンスであることを十分にわかっていると思っていました。彼は追い詰められていましたし、彼がなんとかもう一度再起を果たしたいという気持ちで頑張っているということを私は疑いもしませんでした。だからこそ私も彼のために一生懸命になったのです。

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. 愛 フィリピン女性を口説く方法とマニラでの楽しかった思い出
  2. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた③ユニバーサル・スタジオ…
  3. リゾートホテル フィリピンの建物は高層建築でも鉄筋で作られているのを見てしまった…
  4. 成人式 海外の成人式は命がけ?日本の暴力成人式と比べてどうなのよ
  5. フィリピン移住で気をつけること フィリピン女性が気に入って移住するならお金以外に絶対に必要なこと…
  6. 癒やされる動物のGIF 画像を集めてみた
  7. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた② リトルインディアン …
  8. 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`…

日本

  1. つるし雛
  2. 風 お墓
  3. 芝桜
  4. 毛虫

社会

  1. SMAPも含め、芸能人のプライバシーまで管理するジャニーズなどの日本のプロダクションは世界の非常識!アメリカの制度と比較してみた 芸能界奴隷
  2. 反日在日の日本乗っ取り計画 危なかった日本 民主党暗黒時代はもうゴメンだ
  3. 反日在日の手に落ちて堕落したテレビ業界! 昔のテレビは面白かった「タモリ倶楽部」や「オレたちひょうきん族」はテレビ界の良心であったという話
  4. 【保存版】バーニング周防社長を追い詰めそして追い詰められる大日本新政會総裁笠岡和雄氏のインタビュー記事紹介 バーニングの闇②
  5. SMAP騒動でメンバーが独立できなかったその淵源とは 現代の五社協定と言われる音事協の正体と奴隷制度の歴史とは 芸能界奴隷

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベトナム サイゴン 国営レックスホテルは最高だった アメリカ暴動を裏で操る勢力とは タスクバー修理 タスクバーが消えてしまった時の対処が確実にできる記事を紹介 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント? 恋人探しの死角!なんとデート番組で全員が・・・

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

クリエイティブ・コモンズ
  1. 指文字
  2. 芸能界の闇1
  3. 渋滞
  4. 愛
  5. ワハハ本舗事件

おすすめサプリショップ

日本

  1. 安産祈願は五ヶ月最初の戌の日に限るの?その由来とぜひ知っておきたい知識あれこれ 絵馬
  2. 海外にはないからホワイトデーを英語で説明するのが難しい!安くお返しをするコツとは? ホワイトデー
  3. 五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1
  4. 入学祝いのお礼状の書き方とその例文集 ポスト
  5. テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介! 子供達
  6. ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があるの?
  7. おせち料理の意味と由来が面白い!意外と知られていない元祖健康食品の効能とは?

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP