フィリピン

フィリピンの恋人のホームタウンに行ってきた  ラグーナ州 サンタ・ローザ マニラから少し離れるだけで別世界が広がるおもしろ体験

Sponsored Link


sponsored link

英語が話せず外国に行くのが好きでなかった私。
そんな中でも治安の悪いフィリピンは嫌いだったのに彼女が出来たがためにフィリピンに行くようになった私です。
愛の力っていうのは素晴らしいですね^^;
それで。

印象深かったサンタ・ローザ

今まではマニラとかセブとか。日本人がたくさんいる場所にしか行ったことがありませんでしたが。
治安も良くなっていましたので。

ドゥテルテ大統領になってからフィリピンの治安はどうなったのか?ピノの彼女に話を聞いた結果・・・・・・・

今回初めてそれ以外の場所に行ってきました。
彼女のホームタウンであるラグーナ州の中心都市の一つ、サンタ・ローサです。

このラグナという地名は、スペイン語のラゴ(Lago)と英語のレイク(Lake)からきています。
実際パイ湖という巨大な湖を取り囲む地域となっています。
サンタ・ローザは州の自治都市の一つです。
サンタ・ローザにはトヨタの工場もあり、それなりに開けていると聞いてはいましたが。


高速度悪露が開通していまして。とても便利になっていました。

マニラからラグーナ州への行き方

さらには現在は高速バスも運行しています。私はいつも彼女の車で移動しますので、バスには乗ったことがありません。
なのである方のサイトを参照させていただきます。

<マニラからラグナへの行き方>

まず利用すべき高速バス会社はDLTB社。

image-20130303151109.png

マニラ空港のあるパサイ市内に専用のバスターミナルがあります。

LRT(地下鉄)のBuendia駅の目の前なので、すぐにわかると思います。

マニラ空港からも、エルミタ・マビニからもタクシーで10分ほどです。

image-20130303151119.png

さて、ターミナル内でチケットを買います。

片道140ペソ(300円)  ・・・安っ! 

image-20130303151130.png

サンタクルーズ(ラグナ)までは

片道2時間30分。

早朝から深夜まで20分~30分間隔でのピストン輸送です。

車中にはWi-Fiが完備。

さすがWi-Fi先進国のフィリピン!

DLTBバスはいままで利用した

バス会社の中でもっとも電波が安定してます。

Secured Wi-FiとオープンWi-Fiの場合があるので

乗車前に確認必要ですね。

引用元:http://vagabond0321.seesaa.net/article/341672612.html

私の場合は彼女が車を買ったので。空港まで迎えに来てくれます。

 

地図上にあるモンテンルパのあたりにアラバン地区というマニラの中でも最も治安の良いエリアの一つがあります。
そこのホテルを予約しましたので。まずそこに行ってチェックイン。
それからショッピングモールで買い物などして。
夜遅くにそこから彼女の車で出掛けました。

ちなみに彼女の車はトヨタ車。今はタクシーなんかもほとんど日本車で、マニラは日本車で溢れかえっています。

サンタ・ローザは素晴らしかった

サンタ・ローザはマニラから車で一時間もかからないところでしたがまったくの別世界。
これぞフィリピンという感じで。
私としてはマニラよりも好印象でした。
夜になってから出かけていったので。
それほど詳しく街を観たわけではありませんが。
真っ暗な道を暫く行くと突然街が現れてサンタ・ローザと書いてある門が有りました。

そして教会があってそれがこの街のシンボルとなっていました。
人がうじゃうじゃいて、活気がありましたが、でも治安も良くてマニラやセブの街中のような緊迫感はなかったです。

印象的だったのはセブンイレブンがたくさんあったこと。
そしてまたそのセブン-イレブンというのが日本とはかなり違ってて。
こ汚いんですよね。しかも店の中で食事したりしていました。非常にくだけた緩い感じがあってなかなかいいなあって思いました。
私ホテルにカメラとか携帯とか置いてきてしまったんで。
写真を撮ることが出来なくてこの記事の写真を載せる事ができなくて非常に残念なんですが。
なにもかもがいい感じでしたね。

マニラやセブあたりだと入り口にガードマンがいてボディチェックをしないと店の中にはいれないんですが。
そういうこともなくてお店はほとんど開放的でした。
近くに大学がいくつもあるせいか若者も多くて。子どもたちの夜遅くまで遊んでいました。

マッサージ激安!

私は日本からマニラに着いてその日だったんで。
疲れ切っていました。
マリアセンセに言ってマッサージに行こうということになりましたが。
なんと彼女が行きつけの店は予約で一杯で。
もう一軒スタッフの腕がいいところがあるということで。
電話して空きを確認したうえで連れて行かれたお店があったんですが。
なんと鍵がかかっていて。
ノックしていると小さな窓から私たちを確認し。それから鍵を開けるという厳重な体制。
治安は悪くないんだそうですが。少し暗いところにあったんで。そういうことをしていたんだと思います。
少しでも死角があると厳重警戒するあたりはさすがフィリピンですね。
でもマッサージのおばちゃんはとても気さく。かつ上手でして。一時間もみほぐしてもらっているうちに気持ちが良くて寝てしまいまして。
ただし。話せるのはタガログ語だけで英語もあまり通じないようなおばちゃんだったんで。
もし恋人がいなければ。私にはとても一人では入れないようなお店です。

マニラやセブでも郊外に行くと英語が話せない人はたくさんいます。
何しろ英語は母国語ではありません。ですから親が英語が話せない場合には学校に行かないと話せるようにはならないんですよね。

フィリピンが訛りのない英語を使う世界第3の「英語人口国」という意味は?

でもそれだからかどうか。
一時間一生懸命マッサージしてもらってなんと日本円にして700円弱!安すぎです。
思わず私おばちゃんに100ペソのチップをあげてしまいました。
100ペソというと今のレートだと250円ぐらいですか。
次はフィリピンに行ったらセント・ローザに宿泊して数日いようと思いますが。
その際には每日朝昼晩と。マッサージをしてもらおうと思います。
3回やっても2100円。
こう考えるとマニラはバカ高です。まだ日本ほど高くはありませんが。でも結構な値段です。

その後私は彼女の姪の誕生会に出かけていき。
彼女の両親や妹とその旦那さんなんかに会って話をしましたが。
教養のある方たちで、この街ではそこそこのレベルの人たちだったんで、安心しました。

まあ子供が6人いて全員大学を卒業しているといった時点で、普通よりは上位の階級に属してるということはわかってはいましたが。
何しろ私は彼女と一緒仁東南アジアで何かビジネスを立ち上げようと思っていますので。
家族がどんな人なのかはチェックしておく必要が有ります。
フィリピンでは家族が一番なんですよね。
すべての価値観の上にあります。
だからこそ彼女の家族と会って、後ろからついてくる身内のチェックをしておくのは当然のことです。

私は夜中にはアラバンに戻ってしまいましたので。
街の見学を十分にしたとはいえませんが。
非常に印象的でした。
なのでセント・ローザについてはまた別記事に改めます。

それにしてもカメラを持っていかなかったのは非常に残念・・・・・・でした。

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. 渋滞 フィリピンでは中古車はなぜ高いのか?新車は実は割安ってほんと?
  2. フィリピン美人画像1 フィリピン 超美人女性画像①ピノを口説く方法は?ピノの代表的美人…
  3. フィリピン事情 社会保障制度のない国は悲惨だ 
  4. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた③ユニバーサル・スタジオ…
  5. 離婚 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意!…
  6. フィリピンの祝日1 フィリピンの祝日の意味①1月から3月まで
  7. フィリピンのイースター フィリピンの祝日はいつ?政府が勝手に変更しちゃうってホント!?驚…
  8. フィリピン移住で気をつけること フィリピン女性が気に入って移住するならお金以外に絶対に必要なこと…

日本

  1. 昭和の日
  2. 父の日
  3. 母の日
  4. 苺の花

社会

  1. 吉田羊のまだ売れていなかった時期の素の魅力を動画でチェック!
  2. 朝鮮学校に補助金を出した都道府県をチェック!⑥岡山・福岡
  3. 朝鮮学校に補助金を出した都道府県をチェック!②静岡・長野・岐阜・愛知全部ひどいもんだった
  4. 反日在日の手に落ちて堕落したテレビ業界! 昔のテレビは面白かった「タモリ倶楽部」や「オレたちひょうきん族」はテレビ界の良心であったという話
  5. 日大の真の闇を長年追求してきたヤクザサイト敬天新聞の破壊力 田中理事長一派の悪行をさらけ出す!!

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

安全に勃起力を高めるクロミッドとはなにか ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃 地下鉄の乗り方 ホテルの選び方など ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山羊鍋、アオザイ選びなど ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現③メコン川川下りは楽しかった 精力剤と勃起薬のサイトをこのサイトに移すことにしました。

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. 梅雨空
  2. 空耳アワー
  3. ひな祭り

おすすめサプリショップ

日本

  1. 風鈴の音は今や騒音?夏の風物詩の素晴らしさとなぜ騒音に聞こえる人がいるのかを調べてみました。 風鈴
  2. 初売りといえば福袋。その言葉の由来と福袋販売の事始めとは??福袋は買ってはいけない?消え行く福袋商法
  3. 広沢虎造を聴いて浪花節の素晴らしさを再発見しませんか? 富士山1
  4. 何故梅雨をつゆと読むのか?そもそも梅の雨とはこれ如何に?梅雨にまつわる豆知識3 浮世絵雨
  5. 日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ? チョコレート
  6. 上司や目上の人に年賀状を送る時に気をつけるべきこととは? 年賀状
  7. いちごの選び方や美味しい食べ方 旬はいつ? 苺の花

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP