トリビア

サンタクロースって誰?ほんとうにいるの?


sponsored link

クリスマスと言えばサンタクロース。サンタクロースはでも謎の存在です。その由来や、現在の姿になった経緯などを調べてみました。調べていてとても楽しかったです。サンタクロースって優しいばかりの存在じゃなかったんですね。

泥棒の姿にも見えるサンタクロースって何者?

サンタクロースは架空の人物ですが、その原型は4世紀頃の東ローマ帝国時代の教父聖ニコラオスに由来すると言われています。
このニコラオスという方は弱者救済や、キリスト教の布教の素晴らしさが、正教会の伝える聖伝に残されています。また他人に知られないように行う事が常であり、たとえば、以下の様な話が伝わっていて、それがサンタクロースが夜中に煙突から入ることや靴下にプレゼントを靴下に入れる問伝承につながったそうです。
面白いですね。

ある日ニコラウスは貧しくて三人の娘を売らざるを得なくなった家のことを知り、真夜中にその家を訪れました。そして煙突から金貨を投げ入れました。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入りました。

この「聖(セント)ニコラオス」は、オランダ語で「シンタクラース」と言われました。そして17世紀アメリカに植民したオランダ人が更に言葉を変化させ、「サンタクロース」と伝えたというのがサンタクロースという言葉の由来だという説が有力視されています。

世界の標準サンタクロースは悪魔は?

日本ではサンタクロースは「サンタさん」の愛称で親しまれ、善良なイメージがあります。ただ国によっては、全く違うイメージが有りまして驚かされました。

有名なのはドイツの双子のサンタ。

ドイツのサンタ

引用元:http://blog.livedoor.jp/audimax1/archives/51114749.html

ドイツではサンタクロース=聖ニコラオスは二人連れて歩いていて、それが悪魔と天使だと言うんですが。
よい子には天使がお菓子類やおもちゃをあげ、悪い子には悪魔が石炭やジャガイモをプレゼントします。
悪魔の名前をクネヒトルーブレヒトといいます。
クネヒトルーブレヒトは別名黒いサンタと言われて単独で行動する時もあるようです。
別の話では、悪い子の部屋に忍び込み、ベッドの上や下に豚の臓物と血をまき散らします。さらには子供がすっぽり入る大袋を持って現れ、袋に子供を入れて誘拐するそうです。

黒いサンタクロースはヨーロッパでは普通にあるようで、イタリアではクリスマスにはサンタの代わりに魔女が登場して、悪い子の靴下には炭を入れて回ります。
またアルプス山脈付近のドイツ・スイス・オーストリア・ルーマニアの村々で語られるクリスマス定番の伝説上の悪魔クランプスがいます。これもまた裏サンタクロースともいうべき存在です。

クランプス

引用元:
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52179825.html

昔からの伝承がある国ではサンタクロースは天使と悪魔が一体になったものだったようです。
プレゼントだけ置いていく良いサンタさんはアメリカや日本などごく少数の国にしかいないそうです。

 

現在のサンタクロースのイメージはいつからできたの?

現代のサンタクロースのイメージと言えば。

・赤い服
・赤いナイトキャップ
・お爺ちゃん
・煙突に入るには無理がある体型
・白ヒゲ
・白い大きな袋

とこのように相場が決まっています。しかしこれは最近の出来事だそうです。

今のサンタクロースの視覚的なイメージを作り上げたのは以下の二人だと言われています。

トーマス・ナスト

1人目はアメリカで当時人気のあったイラストレータートーマス・ナスト1862年に発表したサンタクローズです。
ナストは週刊誌「ハーパーズ・ウィークリー」において今までのサンタクロースを一新させ“丸々太ってニコニコ顔”の
サンタクロースを描きました。

トーマスナイト サンタ

引用元:
http://www.allposters.co.jp/-sp/陽気なサンタクロース-Posters_i8664054_.htm

ハッドン・サンドブロム

いまのサンタクロースのイメージを決定的にしたのはハッドン・サンドブロムです。

1931年コカ・コーラ社の依頼を受けてクリスマスキャンペーン用に描いたのが、“白いあごひげに真っ赤な衣装の陽気なサンタ”。

1931年に「サタデー・イブニング・ポスト」に掲載されたハッドン・サンドブロム氏によるサンタクロース

http://www.dge.toyota-ct.ac.jp/~kamiya/santaclaus.html

引用元:http://www.dge.toyota-ct.ac.jp/~kamiya/santaclaus.html

 

以降少しずつカスタマイズされて日本の子どもたちに「今のイメージ」が広く知れ渡っていきました。今のサンタクロースのイメージは最近のものだったんですね。

sponsored link


関連記事

  1. 荷物を運ぶ人 フィリピンでジープニーやトライシクル、パジャックの運転手が必死な…
  2. 成人式 海外の成人式は命がけ?日本の暴力成人式と比べてどうなのよ
  3. フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩
  4. フィリピン人の辞書には「権利」はあるが「義務」はない!その対策は…
  5. フィリピンの恋人のホームタウンに行ってきた  ラグーナ州 サンタ…
  6. 台風 セブ国際空港にて
  7. フィリピン料理アボド フィリピンの衣食住について考える これだけ問題があるのにほんとに…
  8. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…

日本

  1. 桜
  2. ご祝儀袋
  3. ポスト
  4. ネイル

社会

  1. マスゴミは捏造報道をいよいよ隠さなくなった そして韓国・中国・森友・加計のプロパガンダに踊らされる日本人
  2. 朝鮮学校に補助金を出した都道府県をチェック!④京都は反日の巣窟
  3. 内村光良が創価学会久本雅美に陥れられて仕事を干された件ってなんだっけ?
  4. 国会中継を観るだけで洗脳は解ける!NHKの犯罪 過去一度だけあったユーチューブ投稿削除 中山成彬の国会質疑
  5. SMAP独立騒動の裏側がわかる本を紹介!芸能界は独占禁止法違反だろ(゚Д゚)ノって話 芸能界の裏側

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

恋人探しの死角!なんとデート番組で全員が・・・ フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`;) 求愛 フィリピン女性は日本人男性が好きってホント? 超便利しかも無料^^; 頭が筋肉でも上達する英語ツール及び英語学習サイト5つ!②VOA Learning English

カテゴリー

嫌韓

  1. ぴのと結婚

政治

世界

  1. ぴのと結婚
  2. 有明海
  3. 韓国人殺害
  4. イースター
  5. 機内から
  6. ジープニー
  7. フィピンアイキャッチ3

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

ウイルス感染
  1. 成人式
  2. 芸能界奴隷
  3. フィリピン移住で気をつけること

日本

  1. 風鈴の音は今や騒音?夏の風物詩の素晴らしさとなぜ騒音に聞こえる人がいるのかを調べてみました。 風鈴
  2. 父の日はいつ?その由来と父親が送れて喜ぶ物とは 父の日
  3. 昭和の日って何の日?みどりの日や天皇誕生日との関係や制定にまつわる話あれこれ  昭和の日
  4. 秩父芝桜まつりの時期の混雑状況がすごい!渋滞もね!どうすれば良いのか?
  5. ひな祭りで飲む白酒の意味と由来 甘酒と間違えてない? つるし雛
  6. 海外から絶賛されるヘタれた日本の成人式とは?日本の成人年齢が高すぎってほんと? 着物姿2
  7. 子どもの日の豆知識あれこれ こいのぼりや兜、菖蒲を変わる訳とは 鯉のぼり

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP