トリビア

サンタクロースって誰?ほんとうにいるの?


クリスマスと言えばサンタクロース。サンタクロースはでも謎の存在です。その由来や、現在の姿になった経緯などを調べてみました。調べていてとても楽しかったです。サンタクロースって優しいばかりの存在じゃなかったんですね。

泥棒の姿にも見えるサンタクロースって何者?

サンタクロースは架空の人物ですが、その原型は4世紀頃の東ローマ帝国時代の教父聖ニコラオスに由来すると言われています。
このニコラオスという方は弱者救済や、キリスト教の布教の素晴らしさが、正教会の伝える聖伝に残されています。また他人に知られないように行う事が常であり、たとえば、以下の様な話が伝わっていて、それがサンタクロースが夜中に煙突から入ることや靴下にプレゼントを靴下に入れる問伝承につながったそうです。
面白いですね。

ある日ニコラウスは貧しくて三人の娘を売らざるを得なくなった家のことを知り、真夜中にその家を訪れました。そして煙突から金貨を投げ入れました。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入りました。

この「聖(セント)ニコラオス」は、オランダ語で「シンタクラース」と言われました。そして17世紀アメリカに植民したオランダ人が更に言葉を変化させ、「サンタクロース」と伝えたというのがサンタクロースという言葉の由来だという説が有力視されています。

世界の標準サンタクロースは悪魔は?

日本ではサンタクロースは「サンタさん」の愛称で親しまれ、善良なイメージがあります。ただ国によっては、全く違うイメージが有りまして驚かされました。

有名なのはドイツの双子のサンタ。

ドイツのサンタ

引用元:http://blog.livedoor.jp/audimax1/archives/51114749.html

ドイツではサンタクロース=聖ニコラオスは二人連れて歩いていて、それが悪魔と天使だと言うんですが。
よい子には天使がお菓子類やおもちゃをあげ、悪い子には悪魔が石炭やジャガイモをプレゼントします。
悪魔の名前をクネヒトルーブレヒトといいます。
クネヒトルーブレヒトは別名黒いサンタと言われて単独で行動する時もあるようです。
別の話では、悪い子の部屋に忍び込み、ベッドの上や下に豚の臓物と血をまき散らします。さらには子供がすっぽり入る大袋を持って現れ、袋に子供を入れて誘拐するそうです。

黒いサンタクロースはヨーロッパでは普通にあるようで、イタリアではクリスマスにはサンタの代わりに魔女が登場して、悪い子の靴下には炭を入れて回ります。
またアルプス山脈付近のドイツ・スイス・オーストリア・ルーマニアの村々で語られるクリスマス定番の伝説上の悪魔クランプスがいます。これもまた裏サンタクロースともいうべき存在です。

sponsored link

クランプス

引用元:
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52179825.html

昔からの伝承がある国ではサンタクロースは天使と悪魔が一体になったものだったようです。
プレゼントだけ置いていく良いサンタさんはアメリカや日本などごく少数の国にしかいないそうです。

 

現在のサンタクロースのイメージはいつからできたの?

現代のサンタクロースのイメージと言えば。

・赤い服
・赤いナイトキャップ
・お爺ちゃん
・煙突に入るには無理がある体型
・白ヒゲ
・白い大きな袋

とこのように相場が決まっています。しかしこれは最近の出来事だそうです。

今のサンタクロースの視覚的なイメージを作り上げたのは以下の二人だと言われています。

トーマス・ナスト

1人目はアメリカで当時人気のあったイラストレータートーマス・ナスト1862年に発表したサンタクローズです。
ナストは週刊誌「ハーパーズ・ウィークリー」において今までのサンタクロースを一新させ“丸々太ってニコニコ顔”の
サンタクロースを描きました。

トーマスナイト サンタ

引用元:
http://www.allposters.co.jp/-sp/陽気なサンタクロース-Posters_i8664054_.htm

ハッドン・サンドブロム

いまのサンタクロースのイメージを決定的にしたのはハッドン・サンドブロムです。

1931年コカ・コーラ社の依頼を受けてクリスマスキャンペーン用に描いたのが、“白いあごひげに真っ赤な衣装の陽気なサンタ”。

1931年に「サタデー・イブニング・ポスト」に掲載されたハッドン・サンドブロム氏によるサンタクロース

http://www.dge.toyota-ct.ac.jp/~kamiya/santaclaus.html

引用元:http://www.dge.toyota-ct.ac.jp/~kamiya/santaclaus.html

 

以降少しずつカスタマイズされて日本の子どもたちに「今のイメージ」が広く知れ渡っていきました。今のサンタクロースのイメージは最近のものだったんですね。

sponsored link


関連記事

  1. フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩
  2. フィリピン日本との関わり フィリピン女性が魅力的な理由とは 歴史を振り返ると見えてくる日本…
  3. 日本で切れる老人たちとフィリピンで嫌われる日本人のタイプは同じな…
  4. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…
  5. フィリピン貧困1 フィリピンに見る格差社会は明日の日本?
  6. チューリップ原産地 チューリップの原産地はトルコだってご存知でしたか?逆さチューリッ…
  7. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた② リトルインディアン …
  8. ドゥテルテ大統領になってからフィリピンの治安はどうなったのか?ピ…

日本

  1. 富士山1
  2. ネイル
  3. 風鈴
  4. 風 お墓
  5. 鯉のぼり

社会

  1. 原発は安全なのか?電力会社元社員の話 建設的な意見を封じる狂信的な反原発はやめよう
  2. 朝鮮人の嘘は際限がない 竹島は日本が併合する前の朝鮮の教科書で日本領と記述されていた
  3. 【衝撃】日本に巣食う反日組織の浸透ぶりが恐ろしい 元国会議員が「金正恩委員長万歳!」
  4. WAHAHA本舗社長の喰始は創価学会員じゃないってホント? 喰始
  5. 知れば知るほど嫌いになる韓国の正体 朝鮮戦争やベトナム戦争でやらかした卑劣な行為

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベトナム サイゴン 国営レックスホテルは最高だった ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた② リトルインディアン ブギス チャイナ・タウン ナイトクルージング ホーカーズ 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント? フィリピン女性 フィリピン美人女性画像をチェック!壮絶な歴史が美人を産んだ? ひらめき フィリピン女性との恋愛でわかった中年からの英語学習法1

カテゴリー

嫌韓

政治

世界

  1. フxリピン移住
  2. フィリピン料理アボド
  3. 渋滞
  4. 毛虫
  5. フィリピン美人画像1

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. 昭和の日
  2. 花粉症

日本

  1. 日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ? チョコレート
  2. 男性用袴を卒業式・初詣・お祝いごとなどで着てみませんか?着付け方紹介!
  3. おせち料理の意味と由来が面白い!意外と知られていない元祖健康食品の効能とは?
  4. ひな人形の飾り方とその意味を知っていますか?ひな壇登場人物たちの役割とは ひな祭り
  5. 卒業式の和服姿に似合う和風ネイルはどんなものなのか? ネイル
  6. 驚きのいちごの歴史 なぜ品種がこんなに多いのかご存じですか?
  7. テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介! 子供達

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP