フィリピン

フィリピン女性が気に入って移住するならお金以外に絶対に必要なことはこれだ!

フィリピン移住で気をつけること

sponsored link

日本のフィリピンパブで働いている女性たちはもちろんお金を稼ぐために日本に来ているわけです。
ですから当然いかにしてお金を貢がせるのか。そこに執念を燃やします。
ピノは感情がストレートですし、日本の女性のように深読みしてこないようではありますが、裏側ではかなり醜い戦いがあり、ホステス同士の確執も相当なものです。
私はフィリピンパブで働くピノと結婚したりするのはかなりやばいと思います。
根は真面目なフィリピノであっても日本に来ると変貌します。

それでもピノを追いかけてフィリピンに行く男性は後を絶ちませんね。
たしかにフィリピンのパブに行くと、日本では絶対にモテそうにないおじさんたちがちやほやされています。
ピノはそういう方たちの最期の希望と言えるでしょう。
でも一緒に生活をするとなるとどうなんでしょうか?
どうしてもフィリピンで生活をしたいというのであれば、お金以外に絶対に必要ようなものがいくつかあります.

今回は超重要な2つについて書きます。

コミュニケーションが円滑にできる程度の言葉

ピノと結婚したりして現地に行って最初は英語もタガログ語も殆ど分からなくても奥さんや彼女がいるわけですのでそれなりに用を足すことができますが。
現地の生活は厳しく日本にいるときのようにのほほんとしていられません。残酷な世界であると思って出かけて行ったほうがいいです。
全く言葉がしゃべれないんだったら移住など論外です。
それでもどうしてもという場合はお金はかかりますが、唯一日本人専用のリタイアメント施設等へ行くという選択肢しかありません。
しかし養老院にはいるようなものですから、そこまでしてフィリピンに住む理由もないと私は思いますが。

現地に行くと英語だけ話すことができてもダメでその地域の言葉を少しは知る必要があります。
ただこれもマニラであればタガログ語、セブであればビサヤ語といった具合にフィリピンでは地域地域で言葉が違います。
タガログ語が少しできても、背部では全く通用しません。
フィリピン人はそれをよいことにだましの相談なんかは現地語で行いますので絶対に勉強をしておくべきです。
相手が何を言っているか分からないとつい愛想よく「YES,YES」などと言ってしまいますが、それで後で大変な目に遭うことなどしょっちゅうです。

以前日本の資産を売り払って全てを持ってフィリピンにやってきて、地方に住んだものの言葉も通じず、その奥さんの親戚やら仲間にとり囲まれて。
5年以内に殺された男性の例を書きました。

そういう世界だと思って間違いないです。
危険と言われるマニラあたりであれば、日本大使館もあり、保護を求めることもできます。田舎となると完全に遮断されて逃げられなくなるからです。
日本人殺害が危ないマニラではなくて、地方の方が多い所以です。
しかしこれらはコミュニケーションさえ取れれば防げるものです。
そういう努力ができない人はフィリピンでピノと住む夢は捨てたほうがいいと思います。

自分を自分で守る覚悟

ピノは確かにあまり年齢のことは気にしません。
年の差恋愛が成立するのは嬉しいことですが、ピノの側では生活保障(自分、家族)の契約をしたというふうに考えている可能性が大きいです。
日本であれば一対一ですが、フィリピンでは家族ぐるみの面倒を見させられる可能性が大きいです。
それが出来なければ、ピノに捨てられます。

フィリピンに初めていった時にあるレストランで食事をしていたら.

どう考えてもそのレストランに相応しくない薄汚れた人たちがどっと押し寄せてきて.
現地の日本人コンサルタントの方にどうなってんですか?と聞いたところ、よくあることですから観てたらいいですよ、と言われてさりげなく見ていましたらば・・・・
最後に美人さんのピノが気の弱そうな日本男性と腕を組んで入ってきて、記念写真なんか撮り始めました。
ああこの人つかまったんだなって思いました。きたない格好をしている美人さんの親族は約30人。大家族です。
フィリピンは大家族で、家族中心の文化ですので。
あくまでも家族を養ってくれる人を選ぶんです。ピノは彼らの面倒を見てくれると思ってその日本人男性を選んだんです。

金の切れ目は縁の切れ目

私は別記事で失敗したフィリピンでの事業のパートナーだった男が、私が集めたお金をピノに貢いで溶かしてしまったことを書きましたが。
私は彼のことは真剣に応援していましたのでまさかそんなことになっているとはつゆ知らず。
ミンダナオ島にあるその恋人の実家にも行きました。そのときはまだフィリピンのことをよく知らなかったこともあり。
もう家族ぐるみの熱烈歓待だったので、私は二人は心底愛し合っているんだなって思ってしまいました。

そして今考えればすでに公私混同は進んでいて、その愛人の妹を信頼できる女性だからといって会社の秘書にしていました。
私はまさか1000万単位のお金を事業に使わずに貢いだとは知る由もなかったですから。
それに対しては口出しはしなかったんですが。

ところがそいつ(彼から格下げ)はそんなことを自分で私が事業のためにとかき集めたお金でやっていたわけです。
しかもそのことは巧妙に隠されていたので私は知らなかったんですが、そいつの金の使い方を秘書の妹が見ていました。
彼女は最初から信用はしていなかったんですね。お目付役で送り込まれたんだと思います。
それで私が用立てたお金がなくなって彼が困り始めた直後、妹のほうがそいつと大げんか。
するといままで1000万円以上も貢いでもらってためのそいつを大事にしていただけの家族も一斉に反発し始めました。
そしてなぜか(^_^;愛人はそれまで「一生一緒にいようね」等と言っていたのに、家族が反対するからもう一緒にいられないといって、そいつが仕事ででかけた留守に荷物をまとめて出ていきました。
全く別れの言葉もなしに・・・・・・・・・

ざまあみろではありますが!
そいつの例でもわかるように、お金の切れ目が縁の切れ目になる場合もあります。フィリピンではあからさまです。身も蓋もありません。
日本人は甘えてる人が多いですから。
騙されたとか言うかもしれませんが、決してそんなもんではなくて、あくまでも文化の違いです。

私はピノとつきあって失敗した人を見てて思うんですが、彼女たちのせいにするよりもまずは何かあったら日本に帰ることが出来るようにだけはしておくべきです。
大丈夫だと見極めをつけるまでは決して日本に帰る手段を放棄してはいけません。
日本に家がある人は処分なんかしてはいけません。貯金も崩してはいけません。
というのも日本に帰るに帰れない状態になる日本人が沢山いるからです。

フィリピンで仮に立ちいかなくなっても誰も助けてくれません。
ピノは助けてもらうつもりで貴方と一緒になったんでです。
そんなピノのためになけなしのお金をはたくというのは得策ではありません。

私自身はフィリピンで半分ぐらいは住みたい気持ちもありますが、永住するつもりは全くなくなりました。
温かいし、それなりに楽しめますが、細やかさはないです。陰影もないです。ある意味極彩色の地獄ですね。
なので私はますます日本の良さに惹かれていくようになりました。
彼女が日本に住んで、時々フィリピンに行くか、仕事の拠点をフィリピンに作って行き来して、そのとき彼女とも会うか。
そういう感じです。

私の知人でタイのバンコクに移住した人間が、だんだん海外に住むメリットがなくなってきたと言っていました。
昔は円高のおかげで、東南アジアの国々にとって日本は特別の国でしたがいまはそこまで特別でもありませんし、国力も落ちています。
それに対して東南アジアは今高度成長期に入っています。

それでも行く意味はあるとは思いますし、移住する方の気持ちも分からないではありません。
しかしそれだったらなおのこと自分のことを自分で守る覚悟が必要です。
女の子が酔っ払って夜中に外を平気で歩き回れるような国は日本だけです。
自分で自分を守る覚悟なしに東南アジアで生活するのは危険なことだと思います。

ちと余計なことを書きましたが、東南アジアは魅力的です。
でもきれいなバラにはとげがある、ということは肝に銘じておきたいものです。

sponsored link


関連記事

  1. 卵は生でいつまで食べられるのか?賞味期限が切れても大丈夫?
  2. フィリピン女性 フィリピン美人女性画像をチェック!壮絶な歴史が美人を産んだ?
  3. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…
  4. ジープニー セブの混雑とジープニーについて
  5. フィリピン 超美人女性画像②フィリピンの有名な女優や歌手など
  6. フィリピンのイースター フィリピンの祝日はいつ?政府が勝手に変更しちゃうってホント!?驚…
  7. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた② リトルインディアン …
  8. 静電気除去方法は知ってるだけで簡単!帯電体質の改善についても調べ…

日本

  1. 注連縄アイキャッチ
  2. 絵馬
  3. 桜
  4. つるし雛

社会

  1. JR総連の崩壊始まる そして売国左翼の衰退の末反日野党の衰退
  2. 二重基準を駆使して日本を貶めようとする反日勢力 中共の蛮行を隠蔽する平和主義の皮を被ったファシストたち
  3. 無関心な人々を恐れよ  マスゴミの洗脳からの覚醒
  4. SMAPだけじゃない!芸能界が奴隷社会であることの例 日本音楽著作権協会とはなにか? 芸能界の闇鈴木亜美
  5. ネットを貶めるつまらなくなったテレビや新聞の醜態を見ていると、映画が没落した時のことが思い出される

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

本心は? フィリピン女性の振る舞いから本心を見分ける方法 フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出 フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩 ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃 地下鉄の乗り方 ホテルの選び方など フィリピン女性 フィリピン美人女性画像をチェック!壮絶な歴史が美人を産んだ?

カテゴリー

嫌韓

政治

世界

  1. 荷物を運ぶ人
  2. フィリピン料理アボド
  3. 浮世絵雨
  4. 離婚
  5. ホワイトデー
  6. 本心は?

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

フィリピン女性
  1. クリエイティブ・コモンズ
  2. 反日勢力仮面
  3. GW

日本

  1. 男性用袴を卒業式・初詣・お祝いごとなどで着てみませんか?着付け方紹介!
  2. 日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ? チョコレート
  3. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  4. お正月の鏡餅の飾り方!その意味や由来などを調べてみました 満月
  5. いちごの選び方や美味しい食べ方 旬はいつ? 苺の花
  6. 上司や目上の人に年賀状を送る時に気をつけるべきこととは? 年賀状
  7. 北枕は最悪って言うのは完璧嘘?寝る際の枕の方角について調べて見ました

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP