娯楽・雑学・趣味

テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介!

Sponsored Link

子供達

sponsored link

最近のNHKは悪い評判ばかりです。
犬HKなどとネット上でも揶揄さていますし、反日的な報道が非難の的。
でもNHKはやはり唯一の日本の国民的放送局です。我々も受信料を払って貢献しているわけです。
地方に行くとNHKの威光は健在で、3.11の時にはNHKの放送は被災地と地域をつなぐ重要な役割を果たしていました。
私は岩手出身で内陸部に実家がありましたので両親は無事ではありましたが、沿岸部の被災地の様子は分からず、友人や親戚の安否を心配していました。
そんな中NHKだけがずっと地域の情報をながし続けました。実際NHKがライブで放送し続けた被災地の様子を見て家族の無事を知った方も多いですよ。反日なのは上層部だけですので、彼らを批判するのはいいとして、良い面ももちろんありますので、NHKの復権を目指す記事も書いてみようかなと思いました。

とはいえ私は今はテレビを見ることはほとんどなくなっているんですが、テレビがなくても見られる超ハイレベルのNHK教育番組があることをご存知でしょうか?見てみたら素晴らしかったので紹介しておきます。ってテレビを見ない私よりもみなさんの方が詳しいかもですが・・・・・・・

膨大な量の教育コンテンツ

学習指導要領に則って作られている膨大な教育コンテンツ。教育と言うと面白くなさそうなんですが、さにあらず。

私も子供のころは教育テレビをよく見ていたことを思い出しました。これがね。とても面白いです。昔からNHKの教育テレビは定評がありました。けど最近はWEBでそれらの番組を無料で見ることができるようになったんですね。

そんなの知ってるよって・・・・・まあ(^_^;)私は感激してしまいました。

NHK教育テレビのホームページがありまして、そこで膨大な量の番組を観ることができます。

http://www.nhk.or.jp/school/

教育番組

たくさんあって、最近私もこの膨大な量の番組を見始めたんですが、飽きないですね。大人が見てちょうどいいぐらいのクォリティです。

ネットで調べてみるとNHKの官僚主義や反日性、あとは自己満足的な番組のつくり方に対する批判が圧倒的ですし、それは確かに批判をしていかなくてはならないものだと思います。
しかし一方でこのような半官半民だからこそできる作品群もあるということです。

こういうことのネットで語っていく必要があると思いましたので記事にすることにしました。今回はひとつだけ紹介してい起きます。

お伝と伝じろう

月曜日 午前9:20~30

国語の「話す」「聞く」の授業に!そのほかの教科にも。楽しくコミュニケーションの本質を考えます。
と銘打って作られているこの10分間の番組。コミュニケーションをテーマにした小学生向けの教育番組です。
番組はネット上で観ることができました。

sponsored link

出演者は、一部でフランスで一番有名な日本人と言われる(自称)・・・・・ミュージシャン「レ・ロマネスク」です。私は初見!
主題歌?を歌ってます。

番組のキャプチャ。
お伝とでんじろう

そしてこの番組を企画したオオスミユーカさんのブログを見て大感激しました。いやあ素晴らしい企画だったんですね。
ちょっとこのブログおすすめですよ。私ごときが要約するようなものでもないんでぜひブログに飛んでご覧くださいな。写真もそこにたっぷりと用意されています。
この番組が素晴らしいのはコミュニケーションのとり方についてテクニカルな解説をしてくれるので、誰でもすぐに実践できるということですね。ホント!この番組は良く出来ています。
私が見たものではほかにも沢山素晴らしい作品がありましたが、何しろパソコン上で番組が見られますので。ユーチューブなどで暇つぶしをしている方にもオススメです。

他オススメ番組

バリバラ(副題は「障害者情報バラエティ」)

などもぶっ飛んでいますからぜひご覧ください。障害者を扱っていますけど、ちゃんとした人間として扱っていて、それでいて深い番組になっています。ただネットで見られるのは一部ですけどね。

ストレッチマンV(ファイブ)

特別養護学級向け、肢体不自由児に体を動かして健康になってもらおうというコンセプトの番組。
これもとても素晴らしい番組ですが、なんと20年程も続いていたんですね。私友人で教師をしている人間と話をした時にこんな有名な番組を知らなかったのかと馬鹿にされました。これはネット上で番組が見られますが、実に考えさせられるし、また実際に素人の先生などが出演しますので、ワンパターンになっていないところが素晴らしいです。

上記番組ははネット上で見られる番組ですが、実際にテレビで見るとなると。


 

テクネ 映像の教室

映像素材を扱った番組です。さまざまな作品お映像技法を紹介してくれますのでとても面白いです。ちと場違いですし、動画が配信されてるわけでもないんですが、面白いですよ。

私的にはNHK教育テレビのコンテンツは民放のバラエティ番組よりははるかにおすすめでしたので今回紹介することにしました。

sponsored link


Sponsored Link

関連記事

  1. 桜 お花見で話のネタになる桜についての豆知識 狂い咲きって?死体が埋…
  2. おもしろGIF1 面白いGIFや画像 海外サイトから1
  3. 注連縄アイキャッチ しめ縄の意味や由来が奥深い!玄関や神棚などへのしめ飾りの飾り方や…
  4. ホワイトデー 海外にはないからホワイトデーを英語で説明するのが難しい!安くお返…
  5. 芝桜 富士芝桜まつりへの快適なアクセスは?芝桜ってどんな花?
  6. 日本のX線天文衛星「ASTRO-H(ひとみ)」打ち上げの成功で注…
  7. ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があ…
  8. ポスト 入学祝いのお礼状の書き方とその例文集

日本

  1. 梅雨空
  2. 桜
  3. GW

社会

  1. 反日在日の手に落ちて堕落したテレビ業界! 昔のテレビは面白かった「タモリ倶楽部」や「オレたちひょうきん族」はテレビ界の良心であったという話
  2. トライシクルとパジャックはフィリピンの庶民の乗り物 その活用法とは?
  3. 日本の芸能界が奴隷社会になっているのはなぜなのか?アメリカとの比較で考える! アメリカ
  4. SMAP騒動でも明らかになった芸能界の理不尽な構造についての簡単なまとめ 芸能界の闇1
  5. タモリ倶楽部オープニング曲「Short Shorts」の裏話 タモリ倶楽部OP

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出 離婚 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意! 指文字 フィリピンは格差社会!女性の恋愛表現が階級によって違うってホント? アメリカ暴動を裏で操る勢力とは 韓国LG化学 インドで毒ガスを撒き散らしてしまうが日本マスゴミは報道せず

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. フィリピン
  2. 稲田朋美対民主党
  3. チューリップ原産地
  4. 花粉症

おすすめサプリショップ

日本

  1. 脂肪酸の長さによる体に良い油の見分け方
  2. ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があるの?
  3. 昭和の日って何の日?みどりの日や天皇誕生日との関係や制定にまつわる話あれこれ  昭和の日
  4. 安産祈願は五ヶ月最初の戌の日に限るの?その由来とぜひ知っておきたい知識あれこれ 絵馬
  5. 海外から絶賛されるヘタれた日本の成人式とは?日本の成人年齢が高すぎってほんと? 着物姿2
  6. テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介! 子供達
  7. お彼岸に食べるぼた餅とおはぎとの違いは?

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP