娯楽・雑学・趣味

五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1


sponsored link

最近五月晴れ(さつきばれ)のことを「5月の晴れ渡った空」のことだと勘違いしている方に出会いました。旧暦の言葉は美しく、日本に豊かな自然を反映していますので大事にしたいですが、旧暦と新暦ではずれていますので、間違ったんですね。この際五月雨とか、さらには五月雨が本来意味する「梅雨」はなぜ起こるのかなどを纏めてみようと思いました。
私東南アジアに行くようになってから思ったんですが、日本の梅雨もまたいいものだなあと改めて感じました。
スコールなんか何の情緒もないですからね。また東南アジアでは雨季にはもちろん雨がふることも多いわけですが、しっとりという感じではありません。
土砂降りで、身も蓋もありません。

 

雨季というと日本では紫陽花とかたつむり。

でもカビが生えたりしてジメジメしまして昔は梅雨はうっとおしいと思っていたんですが、それもなかなか趣があっていいなあって今は思います。

情緒。趣。そんな言葉をフィリピンにいた時に思い出しました。フィリピンの雨には「情緒」はないです。

雨の紫陽花

関連記事↓

紫陽花には毒があるってホント?紫陽花にはなって実は花じゃない?由来や花言葉もチェック!

そんな梅雨時に時々晴れ間が見える時がありまして。そのことを五月晴れ(さつきばれ)といいました。曇った日が続く中にほんのひととき晴れ渡った空を眺めるととてもあたたかい気持ちになります。これもね。フィリピン辺りじゃ感じられないです。原色が支配する地域には淡く味わいがある風景は望むべくもありません。晴れたらギラついた空があるばかりです。それはそれで良いんですが、五月晴れなんていう美しい言葉は生み出され様が無いですね。

五月雨(さみだれ)について

「さみだれ」ってい言葉ですね。いっそ梅雨と言わずに五月雨と言ったら良いんじゃないかって私は思います。

五月雨の語源

何故5月の雨と書いて五月雨と読むのか。それは皐月(さつき)に降る雨だからです。
ちなみに雨は昔は水垂れ(みだれ)と言いました。
皐月の水垂れ。さみだれ。ただし何度も書いていますが、旧暦の5月は今の6月。梅雨を意味しますのでお間違えないように。

当然五月晴れも最初に書きましたが、ジメジメして雨や曇りの日が続く梅雨の時期に、まれに晴れ間が覗くことの嬉しさを表現したものです。これって間違うと年寄りにバカにされたりしますので、気をつけてくださいね。

俳句から探る五月雨の意味について

五月雨って言うとよく引き合いに出されるのが松尾芭蕉です。彼の句には五月雨という季語が入った名句があり、かつ有名です。彼の句を見ながら五月雨という意味について考えてみました。

五月雨を集めて早し最上川(芭蕉)

最上川は日本の河川としては広大な面積を誇っていまして、水量も多いです。私も友人が山形にいるんで見てきましたが、酒田市の河口付近で見たからなおさらだったのかもしれませんが、日本の川のようではなく、海のようでした。そんな川が6月梅雨の時期の豪雨でさらに水量が増し、滔々と流れているダイナミックな様が芭蕉のこの句からありありと伝わってきます。ここでは五月雨はしとしと降る雨ではなくてザーザーと降る雨のように思えます。

sponsored link

最上川

引用元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E4%B8%8A%E5%B7%9D

 

五月雨の降り残してや光堂

兼て耳驚したる二堂開帳す。経堂は三将の像をのこし、光堂は三代の棺を納め、三尊の仏を安置す。七宝散うせて、珠の扉風にやぶれ、金の柱霜雪に朽て、既頽廃空虚の叢と成べきを、四面新に囲て、甍を覆て雨風を凌。暫時千歳の記念とはなれり。

本来は周りの他の建物同様に朽ち果ててしかるべきであった中尊寺金色堂。しかし金色堂は当初は屋外に建っていたものの建立の数十年後には建物を風雨から守るための覆いが作られ、その後正応元年(1288年)鎌倉将軍惟康親王の命令で金色堂を覆堂(さやどう)が建設されました。

金色堂

引用元
http://find-travel.jp/article/7739

そのため、風雨から守られて,往時の姿をとどめています。松尾芭蕉が見に行った時にも建立当時のまま残っていました。
その姿を見た芭蕉は。
藤原氏の栄華を誇った当時の建物は、雨風ですべて朽ちてはてているのに、金色堂だけは昔のままに輝いている。光堂にだけは五月雨も降らなかったようだねと詠んだわけです。

この「降り残してや」という言葉が何故かとっても活き活きとしていますね。また五月雨というのがすべてを朽ちさせるものとして使われています。しとしと降る雨をイメージさせられます。

関東と関西で違う五月雨

引用した2つの句で使われている五月雨は同じ季語ながらニュアンスが違っています。芭蕉にとって五月雨は時に大量の雨だったり、時にはすべてを朽ちさせるジメジメした雨だったんだと思います。
通常梅雨というとしとしとと降る雨のことをイメージさせられます。と言うか東北出身の私はそういうイメージです。
それほど雨足の強くないけどしつこくしとしと雨がふったりいつ雨が降るかわからない曇った天気がグズグズとが続くという感じです。
しかしそれは関東以北でのイメージであって、関西とか九州になると梅雨には豪雨とも言えるような大量の雨が降ることも多いため、そんな情緒的なイメージを持っていない人も多いですね。

関西出身の友人と話をしていた時、梅雨といえば豪雨災害というイメージを持っていることがわかってその反応にはこっちそこ驚いたんですが、なるほど地域によってイメージは違うんだと思いました。よく調べてみると、関東以北でも梅雨時には集中豪雨に見舞われることがあります。

そういえば蕪村の句には

「五月雨や大河を前に家二軒」(蕪村)

という句もありまして、これなどは集中豪雨で今にも家が流されてしまいそうなイメージです。

梅雨 河川氾濫

引用元
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/e6b52196a3d7b505b3657a96b145abc9

それでも梅雨時の雨はしっとりジトジト雨模様というイメージが強いのはどうしたわけでしょうか。

と思って調べてみたら、西日本と東日本では「梅雨」の性格が違うことははっきりと区別されていました。
西日本では熱帯地方の「スコール」のような激しい雨が降るので「陽性梅雨」と呼ばれているとのこと。

これってフィリピンと同じような雨?
一方、東日本の梅雨は「日本的」「情緒的」です。しっとりとした雨なんで「陰性梅雨」と呼ばれているそうな。
もっと言うと北海道には梅雨はありません。

なるほど。関西と関東を股にかけて住み暮らした芭蕉にとって五月雨は両方のイメージが重なりあっていたのかもしれませんね。

ただし梅雨にもいろいろとあるにしろ、今の5月ぐらいの陽気の良い春の日にパラパラと降る雨という意味では絶対にありませんのでね。梅雨のことですからね。間違えないように!

sponsored link


関連記事

  1. おもしろGIF1 面白いGIFや画像 海外サイトから1
  2. おせち料理の意味と由来が面白い!意外と知られていない元祖健康食品…
  3. 苺の花 いちごの選び方や美味しい食べ方 旬はいつ?
  4. お彼岸に食べるぼた餅とおはぎとの違いは?
  5. 反日在日の手に落ちて堕落したテレビ業界! 昔のテレビは面白かった…
  6. 風 お墓 お墓参りの作法は?いつ行けばいいの?
  7. 父の日 父の日はいつ?その由来と父親が送れて喜ぶ物とは
  8. ひな祭り ひな人形の飾り方とその意味を知っていますか?ひな壇登場人物たちの…

日本

  1. キャンデーボックス
  2. 年賀状
  3. ポスト

社会

  1. 朝鮮学校に補助金を出した都道府県をチェック!③滋賀
  2. 日大の闇 田中理事長の腹心井ノ口忠雄の名前がついに公開される 下村元文部大臣とのつながりは?
  3. 山本太郎は極左暴力集団中核派公認候補だった 風評テロリストの闇の人脈とは
  4. タモリ のことを深く知ることが出来る本を紹介 「タモリ学」
  5. マスゴミに洗脳されて亡国への道を歩む人 自分で判断する人 どっちが残る?

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現③メコン川川下りは楽しかった おもしろいGIF を集めてみた 恋人探しの死角!なんとデート番組で全員が・・・ タスクバー修理 タスクバーが消えてしまった時の対処が確実にできる記事を紹介 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`;)

カテゴリー

嫌韓

  1. 韓国人殺害

政治

世界

  1. バレンタインデー
  2. 台風
  3. フィリピン女性
  4. フィリピン
  5. リゾートホテル

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. 富士山1
  2. バーニングの闇
  3. 有明海

日本

  1. テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介! 子供達
  2. 何故梅雨をつゆと読むのか?そもそも梅の雨とはこれ如何に?梅雨にまつわる豆知識3 浮世絵雨
  3. 何故梅雨になるのか?どうして雨は降るのか?梅雨にまつわるマメ知識2 梅雨空
  4. 海外から絶賛されるヘタれた日本の成人式とは?日本の成人年齢が高すぎってほんと? 着物姿2
  5. ゴールデンウィークの祝日の日数が毎年変わるってホント?名前の由来は? GW
  6. おみくじの由来と意味や歴史とは!扱いはどうすれば良いのか?また御札やお守りとの違いは? おみくじ
  7. 五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP