日本

お正月の鏡餅の飾り方!その意味や由来などを調べてみました

Sponsored Link

満月

sponsored link

お正月になると門松やしめ飾り様々なものを飾ります。これは新年になるとやって来る歳神をおむかえするために行われる風習です。
「鏡餅」も恒例の一つです。
その飾り方も決まりがあって、一つ一つに意味があります。
そもそも「鏡餅」をお供えする風習はいつから始まったのでしょうか?またなぜ丸い形なのか?いつまで飾っておけばいいのか?などと疑問は尽きません。
簡単に調べてみましたので参考にしていただけたら幸いです。

なぜ鏡餅をお供えするのか?

まずなぜ餅なのか?ということですが餅は昔からお祝いの時に食べるものでした。それはなぜかというと、餅には私達日本人が糧としていたお米の霊が宿ると考えられていたからです。そのお餅を食べることでお米の神様から力を分けていただいていました。お正月の間、歳神様がそれぞれの家庭にやってくるわけですが、その際歳神様は鏡餅に宿られるとされてきました。鏡餅がなくては歳神様の居場所がないのですから絶対に必要なお飾りの一つとなりました。

鏡餅の形にはどんな意味が込められているのか?

大昔は春めいた頃の「満月」の夜が正月の始まりとなっていたそうです。昔の人達は太陽ではなくて月を基準にして農作業の時期を知ったのです。
日本では太陽暦はごく最近のものです。明治になるまでは太陰暦(月の満ち欠けを基準とした暦)を使っていました。
月の満ち欠けを見て様々な事を判断していたのです。

特に満月の夜は特別に大きなエネルギーを注いでくれると信じられていました。日本の行事に満月の日が多いのはそのためです。
またこの月の丸い形の物が縁起の良いものだとされました。
昔は満月のことを「望月(もちづき)」と言いました。「餅」と「望」は同音ですから、餅も丸い形が最も良いとされました。
さらには神様の宿るとされた鏡も丸い形をしています。
丸い餅が鏡餅と言われるのはここから来ているとされています。

満月

そこから敷衍して丸い形は夫婦円満を表すと言われたり、重ねてある姿は1年をめでたく重ねるなどといった意味が付け加えられるようになったと言われています。

鏡餅の飾り方について

鏡餅を飾るのは年明け前の28日までに行うのが良いと言われています。29日にお餅を備えるのは『九(苦)もち』と言って縁起が悪いと言われていますし、大晦日となると
この日に飾ることは一夜飾りと言われ神様に失礼とされるので飾りません。

sponsored link

いずれ遅くても28日までには準備したいものです。

また飾っておく期間は1月11日の『鏡開き』の日までです。

鏡餅は意外な場所にもお供えすべき!

鏡餅を飾る場所はどこが良いのか?ということなんですが。鏡餅は歳神様がいる場所です。一般的には敬意を表せる場所ということで床の間、あるいは、玄関などになりますが、その他にも歳神様が宿っていただきたい場所に鏡餅をお供えするようにします。

何故ならば古来より年神様は、家の中の様々なところに「分霊」(ぶんれい)されると信じられてきましたので、お仏壇や神棚はもちろんのこと。台所やその他の大事な場所に供えても良いと思います。床の間の無いお家では、リビングやダイニングに。勉強机や仕事机などにお供えするのもいいとされています。トイレや家の下座のような不浄な場所にはお供えしないという方もいるようです。
しかしむしろ、歳神様が宿られることで清められると考えられますので積極的にすべきなのだそうです。
日本には「便所の神様」もいらっしゃいます。日本の神様は心の広い素晴らしい神様なんですね。日本人に生まれたことがとても嬉しくなります。

ちなみに古来からお供えすべきだと言われている場所がありました。調べてみますと歳神様が立ち寄る場所は何も立派な場所とは限りません。各所にいる神様に力を与えるためにも鏡餅は各所に飾るのが良いのです。かつての農家では、井戸や蔵。納屋。更には臼や杵などを含む農具などにも小さな注連飾りをし、小餅を供えていたといいます。

家の中にいる神様をまとめておきます。

トイレの神様は厠神(かわやがみ)といいます。
トイレの神様は昔から女性のお産を守る神様として大事にされてきましたので、トイレにももちろん鏡餅をお供えすべきですね。

かまどや台所を守る神様のことを竈神(竈神)といいます。
火を司る神様で恐れられていましたが、それだけご利益もあると信じられてきました。その神様を鎮めるためにも火を扱う台所には正月飾りを掛け、鏡餅を供えて一年の家内安全を願うのです。

寝室としての「納戸」に祀られる神様を納戸神(なんどがみ)といいます。
プライベートのものを守ってくれる神様です。寝室にも鏡餅を供えると良いでしょう。

井戸や洗い場などで水を司る神様を水神(すいじん)といいます。

水は日々の生活にもっとも大切なものでした。それを司る神様のために水周りにもお供えをすると良いでしょう。

1

sponsored link


固定ページ:

1

2

Sponsored Link

関連記事

  1. いちごは野菜 いちごは野菜でしかも食べてるのが実じゃない?名前の由来も含めた驚…
  2. 桜 意外と知らない桜の名前やお花見の由来!そして驚きのソメイヨシノの…
  3. 卒業式の女学生!袴姿に似合う和風なメイクの仕方とは?
  4. 苺の花 いちごの選び方や美味しい食べ方 旬はいつ?
  5. チョコレート 日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ?
  6. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  7. つるし雛 ひな祭りで飲む白酒の意味と由来 甘酒と間違えてない?
  8. ネイル 卒業式の和服姿に似合う和風ネイルはどんなものなのか?

日本

  1. いちごは野菜
  2. 毛虫

社会

  1. なぜマスゴミは報道しない?フィリピン ミンダナオ・マラウィ市をIS(ダーイシュ)が占領 カリフ国家樹立を宣言!
  2. マスゴミは捏造報道をいよいよ隠さなくなった そして韓国・中国・森友・加計のプロパガンダに踊らされる日本人
  3. 日本を陥れる在日の占領計画書 花王文書・第二花王文書(セレブリディ文書)の悪辣さを肝に銘じよう
  4. 仁科亜季子を恐喝して元暴力団笹岡和雄(周防の悪事をバラしていた)が逮捕されたという、その裏にあるもの バーニングの影
  5. プラトンの比喩「洞窟のたとえ」にみるマスゴミ洗脳の恐ろしさ

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

安全に勃起力を高めるクロミッドとはなにか 愛 フィリピン女性を口説く方法とマニラでの楽しかった思い出 ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた③ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのアトラクションや混み具合 9時に行っても入場できるってほんと? 超便利しかも無料^^; 頭が筋肉でも上達する英語ツール及び英語学習サイト5つ!①Chrome拡張機能「iKnow! ポップアップ辞書 難消化性デキストリンに血糖値抑制や脂肪吸収の効果はないが食物繊維摂取には有効

カテゴリー

政治

死ぬまで勃起(勃起薬)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. コーヒーカップ

おすすめサプリショップ

日本

  1. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  2. 何故梅雨をつゆと読むのか?そもそも梅の雨とはこれ如何に?梅雨にまつわる豆知識3 浮世絵雨
  3. 広沢虎造を聴いて浪花節の素晴らしさを再発見しませんか? 富士山1
  4. 五月雨(さみだれ)が梅雨のことだって知ってましたか?梅雨にまつわる豆知識1
  5. お彼岸と春分秋分の祝日の関係とは なぜお彼岸?お盆とどこが違うの? お彼岸
  6. 風鈴の音は今や騒音?夏の風物詩の素晴らしさとなぜ騒音に聞こえる人がいるのかを調べてみました。 風鈴
  7. 年賀状に書けない喪中の祝い事の報告の仕方とは!寒中見舞いの時期や文例は? 冬の鳥

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP