じいじの恥ずかし体験

英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`;)

機内から

sponsored link

東南アジアはとても魅力的です。しかし危険もいっぱいです。私は知人の事業立ち上げを手伝うためにセブで一年半の間何やかややりまして結果大失敗に終わりました。その顛末を何回かに分けて書いていきたいと思います。

 

初めてのフィリピン

プロローグ

私はあの時田空港からフィリピンセブ行きの直行便に乗っていました。
次男も一緒です。
息子は当時某大企業に勤めていました。
しかし私は彼に言いました。

いつまでもサラリーマンやってる場合じゃないよ。

そして若者ならば、「夢がある新規事業に賭けてみようぜ」と。
そういって息子を乗せて、安定した仕事を辞めさせたのです。

これからは落日の日本よりは旭日の東南アジアだぜ!

昇る朝日↓

朝日

現地の実情をよく知らず、英語も全く話せない私ではありましたが、
私にはそれを成し遂げるであろう「有能な人間」?にすべてを賭けていたのでした。

どんな事業だったのか?

それに関しては、セブの日本人社会というのは狭いので詳しく書くことは控えたいです。
特定されるとまずいところがありますので。教育関連だということだけ言っておきます。
未だほそぼそとですが、その事業の残骸も残っていて働いている人たちもいます。

でも一番大きな理由は最初は派手に動いていましたが、結局わずか一年で大失敗してしまったからです。

数千万円というお金が何の事業も始まらないうちに。
「溶けて」無くなって事業そのものが立ち上がらなかったのでした。

情けないにも程があります。
恥ずかしすぎて書けないです。

ここまでおかしくなったのは私は非常に信頼していた人間がいて。
彼が窮地に陥ったのを見かねて助けようとして彼の事業に私の全財産をつぎ込んだからです。

私から見てその人は才能豊かな人でした。
過去に大きな事業を成功させたこともありました。

私は何の疑いもなく、自己保全すら考えずに彼に投資をしてしまったのです。
事業というよりは人助けのつもりでした。
だから信頼して任せたのでした。
報告の裏を取ることはしたにはしたんですが甘かったと言わざるを得ません。

sponsored link

しかしまさか事業そのものが立ち上がらないなどと。
そんなことになるとは夢にも思わない私たちでした。
希望に燃え、はるか彼方に虹を見ていたのでした。

これが転落の始まりのとも知らず。
[ad#ad-1]
機内にて

訳も分からずフィリピンセブ行きの飛行機に乗った私たち。日本からセブまでは4時間半の長旅です。

機内で、息子が座席の前にあるポケットに挟んであった雑誌を取り出して眺めていました。もちろん英語の雑誌です。
そしてしばらくしてから彼は私に聴いてきました。

「オヤジさ、この単語ってどういう意味?」
どれどれと私が見るとなんと・・・・・・・・
「better」という単語でした。

「お前、betterって単語知らないわけ?中学一年生でも知ってるだろう。」

びっくり!!(@_@)
そういえば息子は英語は全く出来ず勉強もしてなかったのでした。

それなのに今まで勤めていた、少しは名が売れていた大企業に入れた理由。

それはひとえに彼の人間関係能力だけだったのです。
彼は大学を卒業するときに言いました。

俺はさー面接で落ちたことは今まで全くなかったぜ!

根拠なき自信!!私とそっくりな性格!

そういうめちゃくちゃなところを見込んで私は息子を仲間に引き入れたのでした。
しかし。betterという単語さえ知らない息子を。
こんな馬鹿息子をセブの語学学校に入れて。
英語の勉強をさせたとしても果たして、大丈夫なのでしょうか。

息子はリゾートセブのイメージしかありません。
空がきれいなんだってね。
そんなことばかり言っています。

私はあまりのことに息子の顔をじっと見つめてしまいました。
セブでの事業は私が信頼していたその知人が企画していて大手とも手を組むことが決まっているということなので、有望なように思えました。
そこで私は資金を作ってそのパートナーに事業資金を渡していたのでした。

それ以外に現地での監督をするその候補者として私の息子をえらび、
息子にしては上出来の一流会社を辞めさせたのです。
今まで海外旅行すらしたことが無い息子をセブで働かせようと考えたわけです。

しかしここまで英語に親しみがないとするとどんなものなんだろう。

初めて不安がよぎりました。

しかし息子のことばかりいえません。
私も数十年も海外旅行をしたことは無くて、もちろん英語も全く話が出来ない人間です。
海外旅行の経験もほとんどありません。
いったん日本から出てしまえば右も左も分からないのです。

そういう何も知らない親子二人が、セブの空港についたとして、果たしてどうなるのか。
それは傍から見れば火を見るよりも明らかなことだったのでした。

sponsored link


関連記事

  1. フィリピン美人画像1 フィリピン 超美人女性画像①ピノを口説く方法は?ピノの代表的美人…
  2. 花粉症 くしゃみはなぜでるのか?くしゃみの効用と、タイミングが悪い場合の…
  3. フィリピン日本との関わり フィリピン女性が魅力的な理由とは 歴史を振り返ると見えてくる日本…
  4. パソコン 爆笑!デスクトップ壁紙画像 海外人の選んだベスト20
  5. 荷物を運ぶ人 フィリピンでジープニーやトライシクル、パジャックの運転手が必死な…
  6. イースター イースター!重要だけどややこしい祝日?その由来と、暦論争や日曜日…
  7. フィリピンの恋人のホームタウンに行ってきた  ラグーナ州 サンタ…
  8. フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上…

日本

  1. おみくじ
  2. ネイル
  3. GW
  4. 子供達
  5. 冬の鳥

社会

  1. 【衝撃】久本雅美・柴田理恵と組んでた3人娘のもうひとりの行方は? ワハハ本舗事件
  2. 反日在日の日本乗っ取り計画 危なかった日本 民主党暗黒時代はもうゴメンだ
  3. セブ国際空港にて 台風
  4. 立花孝志さんが告訴した「ハーバー・ビジネス・オンライン」とフジ産経グループや生長の家の内部対立の構図
  5. 朝鮮学校に補助金を出した都道府県をチェック!④京都は反日の巣窟

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

じいじ身の回り

ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベトナム サイゴン 国営レックスホテルは最高だった 癒やされる動物のGIF 画像を集めてみた おもしろいGIF を集めてみた 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`;) ひらめき フィリピン女性との恋愛でわかった中年からの英語学習法1

カテゴリー

嫌韓

政治

世界

  1. フィリピン貧困1
  2. キャンデーボックス
  3. 愛
  4. 有明海
  5. ぴのと結婚
  6. ジープニー
  7. ミンダナオ島 ゾンバシティ

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

真面目な精力剤サイト(姉妹サイト)

まともな精力剤、サプリ、薬をエビデンスを基に紹介しています。
姉妹サイトです。

  1. 相関図事件
  2. 絵馬
  3. チューリップオランダ
  4. 父の日

日本

  1. しめ縄の意味や由来が奥深い!玄関や神棚などへのしめ飾りの飾り方や処分法についてのまとめ 注連縄アイキャッチ
  2. お彼岸に食べるぼた餅とおはぎとの違いは?
  3. 風鈴の音は今や騒音?夏の風物詩の素晴らしさとなぜ騒音に聞こえる人がいるのかを調べてみました。 風鈴
  4. 父の日はいつ?その由来と父親が送れて喜ぶ物とは 父の日
  5. お花見で話のネタになる桜についての豆知識 狂い咲きって?死体が埋まってるって? 桜
  6. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  7. ひな祭りに食べるひなあられ・菱餅などの行事食にはどういう意味があるの?

ピックアップ記事

日本の闇

PAGE TOP