東南アジア

セブでの会社設立とフィリピン女性との出会い


sponsored link

これから数記事。私がフィリピンで出会って付き合うようになった女性について書いていきたいと思います。私はその女性と深く付き合うことによって様々なことを学びましたし、またお互いの理解を深める中で絆は深まっていきました。私がフィリピンで付き合っているのはその女性一人だけですので、普遍化できるかどうかはわかりませんのであしからず。

まえがき

なぜセブに行ったのか

私はフィリピンに初めていきました。ちなみにフィリピンだけではなく、外国旅行も殆ど行ったことがありません。しかも歳をとると適応力がなくなってきます。
ですからなかなか英語が話せるようにはなりませんね。
セブやマニラで私が歩いているといろんな客引きが寄ってきます。私が旅慣れていないことは一目瞭然です。カモだとわかるようなんですね。

私は当時新しい事業を始めることになっていて、事業の概要が決まったというので、打ち合わせのために行くことになったのでした。
最終的には騙された形になってしまいましたが、私が信頼する知人が迎えに来てくれるというんで(その時にはそうなるとは夢にも思っていなかった私です。)必要なものを取り揃えるための確認で私はセブに行きました。
新会社を設立し、目的の事業のために様々なものを購入したり。社員を雇い入れる必要があります。ただし私は彼を助けるということがメインでしたので、ほとんど彼の希望に沿うような形で協力をしたというのが実際のところでした。
事業の内容やその構築の仕方に関して私が口を出すことは一切ありませんでした。

希望に燃えていたあの頃

あの頃は希望に燃えていましたねー実際!まるで太陽をこの手に掴みとったようなそんな気持ちさえ湧き上がってきました。

そしてその知人が海外からのゲストを迎える必要があるというので私は彼をホテル住まいさせることにしました。(これが大嘘)本格的な事務所を作る前にはそこを仮事務所としたのでした。社員も3名雇いれました。
そのほかに私は息子をその事業にかかわらせるためにセブに住まわせていました。わざわざ会社をやめさせてセブに呼んだんです。

私はビジネスパートナーの言うことをそのまま信じていました。
なぜならば彼にとっても今度の事業はラストチャンスだったからです。

しかも彼には過去に成功の実績もありました。
私はそれを評価していました。
才能もあります。

だから彼には友人として期待もし、協力も惜しみませんでした。

彼の言動に対して時々おかしいなと思ったことも度々ありましたが、それは会社を乗っ取られて苦しんでいるからだろうと何事もプラスに考えていた私です。
(愚かなことをしたとはその時は思っていませんでした。)

息子は全く英語が話せなかったのでまずは語学学校に通わせ、学校の宿舎に宿泊させていました。
最初にセブに行く時に送り込んで二ヶ月半ぶりに会った息子は既に日常会話には不自由しないところまで語学力は上達していました。
若いって素晴らしいですね。あっという間に英語をマスターしてしまいました。

sponsored link

そういうこともすでに幾つか記事に書きました。
思い返すとセブの事業は失敗し、今は大変なことになってはいますが。以下こうやって書き起こしてみると。楽しかったり印象に残った思い出もたくさんありました。

フィリピンでの会社の作り方

私たちはセブに会社を設立する時に。あるコンサルタント会社に依頼しました。マニラ在住の日本人が経営している会社で、彼のアドヴァイスを受けることにしたのです。
フィリピンでは外国人が会社を設立する場合、フィリピン人を雇い、その人間の口座に会社設立の資金を振り込まなくてはなりません。

そのお金があって初めて会社設立手続きが進みます。
またフィリピン人のコーポレートセクレタリーを必ず雇わなくてはなりません。
そして何をするにも彼もしくは彼女の承諾が必要なのです。サインが必要いうということです。ということでただの秘書みたいなものですが、その権限は大きなものなんです。
そして会社が実際に設立登記されて形ができたらその後自分たちが雇った人間をコーポレートセクレタリーに置き換えます。

事務

そういうことなので設立手続きが進行する間。
コンサルタント会社のコーポレートセクレタリーが私たちが作った会社のコーポレートセクレタリーを兼任することになりました。

私が二度目にセブにいったちょうどその日。そのコーポレートセクレタリーの女性がマニラからセブに来ました。
事務手続きを行うためです。

私は朝からずっと会議に駆り出されてクタクタになりました。私が会議に同席したといっても会話は全て英語ですので。
全く意味がわかりません。
ビジネスパートナーが時々解説してくれて内容はわかってはいましたが。細かなニュアンスはわかりません。一日が終わると私は旅の疲れと相まって疲労困憊の極致にいました。

それで様々な会議の途中。
人が入れ代わり立ち代わり部屋に入ってきましたが。

その中にものすごい美人がいました。
とはいえ緊張していた私は彼女のことをよく見ていませんでした。
説明によると彼女がコーポレートセクレタリーなんだそうな。

彼女はマニラから来ていて。本当に偶然に私がセブに行った時に行き合わせたのでした。
その日私は疲れていましたが。夜は私が来たということで歓迎会をしてもらえることになりました。

近くのショッピングモールに行き食料や酒などを買い込んで、夜にビジネスパートナーが借りていたホテルの一室で簡単なパーティーが開かれました。

その時。
彼女も夜は空いているからということで参加したのでした。

1

sponsored link


ページ:

1

2

関連記事

  1. 本心は? フィリピン女性の振る舞いから本心を見分ける方法
  2. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃…
  3. ぴのと結婚 フィリピン人との間に子供が出来た場合どうするべきなのか?コピノを…
  4. ドゥテルテ大統領になってからフィリピンの治安はどうなったのか?ピ…
  5. 渋滞 フィリピンでは中古車はなぜ高いのか?新車は実は割安ってほんと?
  6. フィリピン フィリピン人のプライドの高さと貧困
  7. フxリピン移住 危ないフィリピン移住は慎重に!物価はそれほど安くない?フィリピン…
  8. 離婚 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意!…

風習・行事・催事

  1. 母の日

東南アジア

  1. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山羊鍋、アオザイ選びなど
  2. フィリピンの祝日の意味①1月から3月まで フィリピンの祝日1
  3. フィリピン人の女性と親しくなると、家族がどんどんつけ上がってくるように見えるのは文化の違い? ミンダナオ島 ゾンバシティ

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

反日在日の日本乗っ取り計画 危なかった日本 民主党暗黒時代はもうゴメンだ お気に入り(ブックマーク)を簡単に別のパソコンに移す方法 Googlechromeの場合 マウスカーソルを変える マウスのカーソル周辺に色付きの円を表示したりポインタを面白い形にする方法

カテゴリー

社会

  1. 芸能界の裏側
  2. 相関図事件

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

機内から
  1. アメリカ
  2. おもしろGIF1
  3. 熊本震災
  4. バーニングの闇②

日本

  1. ホワイトデーに職場で義理チョコのお返しを無理強いされないために知っておきたい怪しい起源! キャンデーボックス
  2. おみくじの吉の順番はどうやって決めるんだろう!吉凶の割合は? おみくじ
  3. バレンタインデーの起源と意味!日本ではどこか変!外国との違いは? バレンタインデー
  4. お年玉の常識とその由来、マナーについて
  5. お墓参りの作法は?いつ行けばいいの? 風 お墓
PAGE TOP