フィリピン

フィリピンセブで殺されそうになった私 平和ボケの日本人(私のことだが)は気をつけた方がいい


sponsored link

セブに投資をしようと思って現地に降り立ってから数ヵ月後。5回目にセブに行ったときのことです。
初めて夜中の街で怖い思いをしました。
まだ英語はあまり話せず一人歩きもなかなかできずにいました。
やはり英語が話せないということで恐怖心がありました。ただ言葉は少し理解できるようになってきました。そんな慣れてきた時って一番危ないですからね。気をつけましょう

現地フィリピン人と酒を飲みに行った時のこと

そしてある日。
私は息子の関係で親しくなった語学学校の若い教師と酒を呑むことにしました。
英語を教えてほしいうという下心もあって、私は彼に食事をごちそうすることにしました。
ジェイという30代の管理職で、気さくで陽気な人です。
セブは危ないとは言ってももちろん人それぞれで気のいい正直な人たちもたくさんいます。
日本と比べると、どんでもない人たちの割合が相当に高いというだけです。

二人でフィリピンの方々がよく行き来するような飲食店に行くことにしました。

いままで日本人の方々や事業を行うために雇った現地の人たちと一緒に食事に行ったりすることはたまにあったんですが。
それだけではこれから拠点を作る予定のセブで仕事をすることはできませんから。現地の人達が行くお店などいってみたいと思いました。
(この事業が大失敗に終わるのはまたあとの話です。)

現地の人が行く店

英語しか話せない現地のフィリピン人とふたりだけで一緒に知らないところに行くのは初めてのトライアルでしたがもう慣れてきたし、大丈夫だろうと思いました。

彼と一緒に食事をするというのはただ一緒に酒を飲むというだけでなくて英語の勉強にもなりますしね。

いくらセブが治安が悪い都市だといっても、
いつまでもホテルやショッピングモール、そして事務所の行き来だけしていたんでは。
現地のことがわからないと思いました。
しかも外国人御用達のITパークからもタクシーで20分以内の場所です。治安についても大丈夫だろうと踏んでいました。

 

ただ彼の仕事が終わるのが7時ぐらいだったのでその後の外出です。
少し遅いかなと思いましたが、しかし一緒に行くのはセブに生まれ育った人ですから。
大丈夫かなと思いました。

sponsored link

全て「多分」。これって危険ですね。

 

彼はなかなかいい人でした。
私は飲み代を私が払うからいろいろと連れて行ってくれと言ったら喜んで、その気になってしまって。
食事をしたあと張り切っていろんな場所に連れて行ってくれました。

              東南アジアの黒の定番バロット↓

バロット

引用元:
https://schoolwith.me/columns/31654

酔いが回るに連れて私もテンションが高くなって、二人で大騒ぎ。
私は現地の実情を知る勉強にもなったのでありがたかったです。
またもうどこにいるのは定かではなくなっていたんですが彼がいるということで。安心して飲んでおりました。

フィリピン料理の定番Sisig(シシグ)↓

フィリピン料理

引用元:
https://schoolwith.me/columns/31654

そしてそれはとても楽しかったんですが。
最後に行った店は割といかがわしい場末の店で。
気がついたら夜中の2時になっていました。

タクシーを呼ぶようなちゃんとした店でもありませんので。
当然外に出たら私は彼に送ってもらうつもりでおりました。

ところが・・・・・

私が勘定を払って外に出てみると彼の姿はありません(@_@)

どうやら先に帰ってしまったようなのです。そういう適当なところはフィリピン人らしいです。

しかし言葉も喋れず、土地勘がない私は真っ青。
でも旅はこういうこともある方が楽しい場合もあるんですが。その時はそんなことを言っていられないような大変な事になりました。

1

sponsored link


ページ:

1

2

関連記事

  1. フxリピン移住 危ないフィリピン移住は慎重に!物価はそれほど安くない?フィリピン…
  2. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベト…
  3. 台風 セブ国際空港にて
  4. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた④シンガポールのホテルっ…
  5. 渋滞 フィリピンでは中古車はなぜ高いのか?新車は実は割安ってほんと?
  6. ジープニー セブの混雑とジープニーについて
  7. フィリピン美人画像3 フィリピン 超美人女性画像③画像と動画のギャップは少ない女性たち…
  8. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山…

風習・行事・催事

  1. 母の日
  2. 浮世絵雨
  3. 風鈴

東南アジア

  1. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた③ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのアトラクションや混み具合 9時に行っても入場できるってほんと?
  2. フィリピンでジープニーやトライシクル、パジャックの運転手が必死なわけ 荷物を運ぶ人
  3. 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意! 離婚

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

仁科亜季子を恐喝して元暴力団笹岡和雄(周防の悪事をバラしていた)が逮捕されたという、その裏にあるもの バーニングの影 お気に入り(ブックマーク)を簡単に別のパソコンに移す方法 Googlechromeの場合 朝鮮学校に補助金を出している道府県⑤ 兵庫もひどい 知事がひどい神戸市役所は在日に取り込まれてた

カテゴリー

社会

  1. 熊本震災
  2. ぴのと結婚

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

夫婦岩
  1. お彼岸
  2. ジープニー
  3. レコード大賞ヤラセ

日本

  1. 母の日の由来や歴史 日にちは? うれしいプレゼントあれこれ 母の日
  2. 卒業式に女学生はなぜ袴?袴に似合う着物の選び方とは? 桜
  3. 入学祝いのお礼状の書き方とその例文集 ポスト
  4. 鏡開きの意味と由来について !酒樽と鏡餅の鏡開きの違いを知っていますか?? 
  5. 手土産の選び方と渡し方 彼氏や彼女の実家に初めていく時や結婚の挨拶では?
PAGE TOP