じいじの恥ずかし体験

優しいフィリピン人と残酷な社会


sponsored link

フィリピン人のプライドの高さと貧困

 

フィリピン人のプライドの高さと貧困

の続きです。フィリピン・セブに初めていった時の印象を書いておきました。続きものです。

優しいフィリピン人

でもそういう危ない面ばかりではなく。フィリピン人は優しいなって思うこともありました。

空港に着くと、再度車椅子を借りて、移動をしようとしました。I 氏が痛風で動くことができなかったからです。

すると空港のスタッフが丁寧の最後まで付き合って世話ををしてくれました。
しかしこれはただの好意ではなくて、チップをもらおうという目算です。
でもこの人はとても良くしてくれたし困っていたところを助けてもらいましたからチップを弾む気にもりましたが、別に必要がないことでも無理に手伝おうとしてくる人が大勢いて辟易しました。

いたるところでチップが必要でした。

今は慣れましたが、最初のセブ体験の時にはそういうこと一つ一つが苦痛でした。
まあ英語が話せないのがやっぱりネックでした。

今は日常のやり取りは出来るぐらいになりましたが、
歳をとってから英語を学ぶという場合には日本語が頭の中にこびりついていますから。

それでセブでビジネスパートナーが痛風の発作を起こしたということを書きました。彼は私が帰国するときに一緒に日本に行くことになりました。

sponsored link

私はパートナーを車いすに乗せて移動しました。するとそういう人に対してはフィリピン人はとても親切だということがわかりました。お金のためではなくて、あれこれ世話を焼こうとしてくれます。空港についてからはおじさんがつきっきりで世話をしてくれました。搭乗手続きをすると、さらにまた別のスタッフが世話をしてくれました。
車椅子の病人は最後に飛行機に乗ります。
それなので私と友人は別の場所で待たされました。

セブ・マクタン空港

引用元:
http://www.excitecebu.com/2013/09/what-you-could-do-in-mactan-domestic-airport/

 

ここではフィリピンの若者が非常に熱心に面倒を見てくれました。
こういう真面目で情に厚い部分もまたあるんだなあと思わされました。

私はのちにはフィリピン人の友人を作っていくわけですが。情に厚い素晴らしい面を彼らは持っています。

セブで嫌な思いもたくさんしましたが、しかしそういうことばかりがあるわけではありません。
私は実はフィリピンの人が好きです。

それで。私はあまりにも熱心に私のパートナーの面倒を見てくてたので、その彼に多めにチップを渡そうとしたが、彼は絶対にチップを受け取りませんでした。
金に汚いフィリピン人などと一括りにする人も多いですが、当然様々なレベルの方々が様々な生活様式に従って生きています。
確かにフィリピンはまだ貧しいですが、中産階級は育ち始めているし、教育を受けている人たちのプライドは高いです。

私は嬉しかったです。

初めてのフィリピンへの旅。
海外旅行自体も数十年ぶりでした。
わずか一週間の滞在でしたし、仕事のことが優先だったので、本当に狭い範囲のことしか見聞きすることができなかったわけですが。それでも様々な印象が私の心に刻み込まれました。

成田行きの便に乗りながら私はいよいよこれから始まるんだなあと期待に胸をふくらませました。

2に続く

sponsored link


ページ:

1

2 3

関連記事

  1. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…
  2. フィリピン フィリピンの治安はどのくらい悪いのか?様々な危険をチェック!
  3. 恋人 英語をマスターするのに必要なのはネイティブの恋人?
  4. フィリピン美人画像1 フィリピン 超美人女性画像①ピノを口説く方法は?ピノの代表的美人…
  5. フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上…
  6. フィリピン料理アボド フィリピンの衣食住について考える これだけ問題があるのにほんとに…
  7. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現③メコン川川…
  8. フィリピン日本との関わり フィリピン女性が魅力的な理由とは 歴史を振り返ると見えてくる日本…

風習・行事・催事

  1. 桜
  2. ネイル

東南アジア

  1. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベトナム サイゴン 国営レックスホテルは最高だった
  2. フィリピン人のプライドの高さと貧困 フィリピン
  3. フィリピンの祝日の意味①1月から3月まで フィリピンの祝日1

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

子供達 テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介! ネットを貶めるつまらなくなったテレビや新聞の醜態を見ていると、映画が没落した時のことが思い出される クリエイティブ・コモンズ クリエイティブ・コモンズって何?素材はどこまで使っていいのか?NHKクリエイティブライブラリーはアドセンスに紐付けされているサイトやチャンネルでは使用不可。

カテゴリー

社会

  1. ヘイト韓国

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

初詣
  1. 羽生結弦転倒事件
  2. ニコ動ダウンロード方法
  3. ネイル
  4. ラプラプ酋長アイキャッチ
  5. コーヒーカップ

日本

  1. 佐賀県のエイリアン?ワラスボは何故かうまい! 有明海
  2. 卒業式に女学生はなぜ袴?袴に似合う着物の選び方とは? 桜
  3. 非通知ワン切りは何故かかってくるのか?その対処法とは ワン切り電話
  4. おみくじの吉の順番はどうやって決めるんだろう!吉凶の割合は? おみくじ
  5. 男性用袴を卒業式・初詣・お祝いごとなどで着てみませんか?着付け方紹介!
PAGE TOP