マスゴミ

無関心な人々を恐れよ  マスゴミの洗脳からの覚醒


sponsored link

パレスチナから報告します

 

随分前だが「パレスチナから報告します」という本を読んだ。

たぐいまれな分析力と情報収集力で知られるイスラエル人ジャーナリストであり、イスラエル・パレスチナ問題のカルト的存在である著者が、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ラマラに住み、発信しつづけた37の記事。1995年のオスロ合意後の立役者イスラエルのラビン首相が暗殺されイスラエルとパレスチナの衝突は激化していく1997年から、イスラエルの入植政策が進みイスラエルの監視がますます強まる一方自爆テロが横行する2002年にいたるまで、二民族間の対立、パレスチナ自治政府への苛烈な憤り、貧困、自暴自棄、恐怖に支配される人々直面している毎日が、イスラエル・弱者パレスチナというステレオタイプの見方を越えて描かれる。道路封鎖、突然の発砲、自爆テロ……占領の真実を描きつつ、何が正義か、誰が正しいのかへの考察を孕ませながら内側からしか見えないパレスチナがあらわになる。占領地の住民の心の奥底をすくい取る勇気アルレポート。和平のために今、求められているのは何か!

このようなジャーナリストがいるのか、と私は感動を持って読み終えた。

この勇気あるジャーナリストはジャーナリズムに中立はない、と言っていた。

内容に関しては素晴らしいレビューがあったのでそれを引用して私の意見に代えさせていただきたい(;^_^A

彼女はジャーナリズムに中立はないと言う。
反占領の立場から書いているのだと断言する。
彼女は、有名人、役人、公的機関を信用しない。
現地住民の生の声からこそ学ぶのだという。
彼女を衝き動かすのは、不正への怒りだという。
徹底した現場取材を行い、現地住民の何百という生の声に基づいて
記事を書いている。そのリアルな描写には圧倒される。
まるで自分も現地に実在しているかのようにリアルに迫ってくる。
住宅建設許可制の欺瞞については、
住宅の建設を許可しない、耐え難いほどのろのろと出すという戦術を
通して、「違法家屋」を次々と破壊していく。
法制度という偽装のもとに。
その批判の矛先はイスラエル政府と軍だけでなく、同じ論理に基づいて
パレスチナ自治政府をも容赦なく批判する。
私はパレスチナの教員組合について、その内実を初めて学んだ。
まるで、官製の労組とは別に、独立労組連帯を下から組織したポーランド労働
者達の闘いのように。
自治政府が四つの専売事業を独占していること。
これらの利益が年間予算が組まれる公の財務省財源には組み込まれず
裏資金として蓄えられていること。年間数億ドルにものぼること。
彼女は私はパレスチナ問題の特派員と呼ばれているが、イスラエルの占領政策
の現実をイスラエル国民にこそ訴えたいという。
「占領を生きている」という立場から、
ユダヤ人収容所へ送られた両親へのドイツ人の『無関心の好奇心の目』
「傍観者」にはならない。
それもまた彼女を衝き動かす本質的な要因の一つだろう。
彼女は『どっちもどっち』という立場ではない。占領こそが本質だと言う。
占領地からの撤退なしに、この問題の解決はないという立場だ。
確かに、入植地によって幾つにも寸断されたパレスチナなど、国家という名に
値しないと私も思う。

なぜこのことを思い出したかというと。
今のマスゴミの堕落を見るとき、アカヒとか毎日ねつ造新聞とか、各売国テレビ局とか。そこでジャーナリスト面している腐れにたいして腹が立つからだ。
それと比べて本当に命がけで戦うジャーナリストの素晴らしさを思い出したんである。

日本の新聞テレビに迎合するジャーナリストは、本当に腐っている。

 

 

無関心な人々の共謀

それで今回はそのあとがきに書かれていた言葉を紹介したい。

 

敵を恐れることはない…敵はせいぜいきみを殺すだけだ。

友を恐れることはない…友はせいぜいきみを裏切るだけだ。

無関心な人びとを恐れよ…

彼らは殺しも裏切りもしない。

sponsored link

だが、全ての殺しと裏切りは、彼らの無関心な同意の下で実行されるのだ。

(だが、この人たちの同意があればこそ、地上から裏切りと殺戮が後を絶たないのだ)

 

彼女は両親がユダヤ人収容所へ送られたときに、ドイツ人の『無関心の好奇心の目』に恐怖を覚えたという。

ヒトラーが台頭してきた時、ドイツの知識人はヒトラーを馬鹿にした。そして一般国民は関心を払わなかった。
なぜかというと皆、自分とは関係ないと思っていたから。

ヒトラーが政権をとったときも関心を払わなかった。

ヒットラーは最初は共産党員を、続いてユダヤ人を弾圧した。

でも普通のドイツ国民は無関心だった。

なぜなら自分たちは弾圧されなかったからだ。

しかし、この「殺しも裏切りもしない」無関心な人々の沈黙の同意のもとナチス・ドイツの侵略は始まった。
そして「無関心な人々」は結果としてユダヤ人を強制収容所に送り込んだが、最終的には彼らにも戦争は襲い掛かってきた。
彼らも戦場に送られ、敵に殺されることになったのだ。

著者のアミラ・ハスはそういった自分の背景に重ね合わせてこの句を引用したんだと思うけれど。

でもこの句。

もともとはロベルト・エバルハルトの「ピテカントロープ最後の皇帝」の1節なんだという。
が、日本でこの句が有名なのは、ポーランド出身の詩人で作家ブルーノ・ヤセンスキー(1901~39)が37年に書いた長編小説(第1部で未完となった)の日本語訳の扉にこの句が引用されているからなんだとか。
わたしは「ピテカントロープ最後の皇帝」という本については探したけれど見つけることはできなかった。
だから本当にこんな題名の本が存在しているのかはわからない。

ちなみにブルーノ・ヤセンスキーはスターリンの粛清の犠牲となって獄死したという。
フランスでの政治活動によりソ連に亡命した彼が、スターリン下のソ連でトロツキストとして粛清されたのだ。

今見たらアマゾンでは中古本が売っていた。
「無関心な人々の共謀」という題名は衝撃的だ。

無関心な人々の共謀 (1974年) (エトランジェの文学) 

 

 

いま安倍総理のことをヒットラーに例えて貶めようとする勢力があるけど、そういう人たちよりも自分の頭で考えようとせず、それに盲従している人たちのほうが私は恐ろしい。
テレビや新聞のフェイクニュースをそのまま受け取り。
疑うことすらしない人たち。
そして殺しも裏切りもしないが、結果として国を売る人々。


今の日本におけるヒットラーというのはマスゴミのことではないのか?

自分たちが嘘をつき続ければ首相さえ交代させることができると。
そしてそれは今までは成功していたのだ。

それを許していたのは私たちの無関心ではなかったのか?

考えてみれば第二次世界大戦への参戦を煽ったのもマスゴミだった。
そして国が滅んだとき、自分たちこそ被害者だと言い立てたのもマスゴミだった。
そして自分たちの嘘を隠すために自虐史観を日本国民に刷り込んだのもマスゴミだった。

このマスゴミの無責任さ。虫唾が走るけれど。

これに乗せられて言いなりになる人たちこそがそもそもの元凶であり、これらの人たちによる「関心の共謀」によって、いま日本が存亡の危機に陥っている。

インターネットの普及で、目覚める人たちが多くなったことが今現在の唯一の希望だ。

動画にしてみた

sponsored link


関連記事

  1. ワハハ本舗事件 【衝撃】久本雅美・柴田理恵と組んでた3人娘のもうひとりの行方は?…
  2. ベッキーなど日本に跋扈するハーフタレントの定義が曖昧過ぎる件
  3. 芸能界の闇鈴木亜美 SMAPだけじゃない!芸能界が奴隷社会であることの例 日本音楽著…
  4. バーニングの闇 バーニング周防社長を攻撃するヤクザサイトの破壊力!とても面白い!…
  5. 日本で切れる老人たちとフィリピンで嫌われる日本人のタイプは同じな…
  6. コーラス 北朝鮮の最強兵器とはなにか?それはミサイルではない!○○○○◯●…
  7. JASRAC日本音楽著作権協会がやってることってなんだ?音楽教室…
  8. 芸能界奴隷 SMAP騒動でメンバーが独立できなかったその淵源とは 現代の五社…

風習・行事・催事

  1. 母の日
  2. 梅雨空
  3. チョコレート

東南アジア

  1. フィリピンの建物は高層建築でも鉄筋で作られているのを見てしまった(@@) リゾートホテル
  2. セブでの会社設立とフィリピン女性との出会い
  3. ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた① マニラ経由の航空運賃 地下鉄の乗り方 ホテルの選び方など

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

【衝撃】日本に巣食う反日組織の浸透ぶりが恐ろしい 元国会議員が「金正恩委員長万歳!」 ストーンヘンジ日の出 Tera Padで行の文字数を揃え、かつそのままの文字数でワードなどに貼りつけるやり方 特定アジアの工作員が垂れ流す反日報道に反旗!TBSにデモ!いよいよ戦いが始まる

カテゴリー

社会

  1. コーラス
  2. レコード大賞ヤラセ

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

離婚
  1. 羽生結弦転倒事件
  2. 昭和の日
  3. 芝桜

日本

  1. ひな祭りで飲む白酒の意味と由来 甘酒と間違えてない? つるし雛
  2. 母の日の由来や歴史 日にちは? うれしいプレゼントあれこれ 母の日
  3. 日本のバレンタインデーは世界の非常識?誰が仕組んだ? チョコレート
  4. お墓参りの作法は?いつ行けばいいの? 風 お墓
  5. 卒業式に女学生はなぜ袴?袴に似合う着物の選び方とは? 桜
PAGE TOP