フィリピン

フィリピン事情 社会保障制度のない国は悲惨だ 


sponsored link

私は毎日スカイプでマリアセンセとやり取りしてるんだが。
最近スカイプがおかしくてメッセージが届かない事がある。
フィリピンはインフラが脆弱なんで、彼女が仕事場にいるうちは良いが、家の周りだとネット環境が劣悪である。

劣悪といえば。思い出したことがある。今回はそのことを書いてみたい。

フィリピンで早死にする人たち

フィリピンにいるマリアセンセが時々今日はお葬式だとか。
漏らす時がある。

私もそれに対してお悔やみの言葉を述べたりしたんだが、気がつけばここ一年ぐらいで20回以上お葬式に話がある

ものすごい死亡率だ。
コレってどういうこと?

一つはドゥテルテ大統領になって麻薬撲滅運動が行われ、麻薬密売人など数千人が問答無用で射殺された。
マニラ近郊で数千人だからかなりの数にのぼる。

そんな中にマリアセンセの小中学校の同級生がいたようだ。
3人ぐらい同級生が射殺されたそうな。

更に風俗やバーの経営者も次々に姿を消していると言う。
経営者が次々に変わっているよ、と言っていた。

麻薬密売人と言っても貧しい社会ではそれが生活の糧になっているわけだから、稼ぎ頭が殺されたファミリーにとっては堪ったものではない。
マリアセンセがお葬式の様子を伝えてきたが、家族らの落胆はみていられれないほどだと言っていた。
プライベートな事なので公開はしないが、

なぜかといえば、稼ぎ手を失ったファミリーを襲う残酷な運命が待ち受けているからだ。セーフティネットが機能しない社会というのは一旦落ち始めるとどん底まで落ちていく。
フィリピンの中で起きた悲しい出来事によって、残された家族が陥るであろう貧困の厳しさについては殆どの人が知ることがない。

麻薬撲滅は正しいことだとしても、矛盾の中に生きているフィリピンの人たちにとっては全面的に割り切れないものがあるということがわかった。
貧困がなければそういう犯罪に手を染める必要もないわけだ。
だからかどうか。マリアセンセもドゥテルテ大統領を積極的に支持しているようには見えない。

日本で、小学校の同級生が3人も同じ時期に射殺されるなんて事になったら大事件だが。
命の価値が低いフィリピンではそれほどはインパクトを与えないようだ。
官女の同級生の死にたいして取材に来るということもない。

残酷なものだ。

射殺されたわけでなくても、マリアセンセの知人や親戚で亡くなっている人達も多い。

数ヶ月前にはまだ小学生だった彼女の姪が亡くなった。

そしてその数日後、従兄弟が、まだ20代なのに亡くなった。

とまあこんな感じで病死の場合もあるし、突然死の場合もあるが亡くなっていく。
病気になれば、医療機関もあるが、社会保険というのはきちんとした会社に勤めているとか、軍隊に入っているとか、公務員でなければはいることができない。
なので、フィリピンでは保険に入っていない人のほうが多いので、治療費はかなり高い。
マリアセンセも数日入院したことがあるが、日本円で万単位のお金がかかっていた。
フィリピンの平均賃金は日本の3分の1以下だから、これは相当に痛い。

彼女はお給料その他で月収は15万円ほどあるが、これはフィリピン人にしてはかなり良い方。
それに家族もしっかりしている。

だから病院にも行けるわけで。
お金がなければ、死にそうになっても病院にも行けない。

日本の皆保険制度がいかに素晴らしい制度であるかを実感させられる。

フィリピンは家族が第一で、付き合い始めると家族があらわれてきて、様々ねだったりする場合が多い。
それがフィリピンの文化というものなんだが、いやあうざったいなあと私も思ったことがある。
だが私が実際にフィリピンの幾つかの家族と付き合ってみた感じで言うと、家族しか信頼できないのである。
もし家族がいなければ、いざという時は覚悟しなくてはならない。

先日マリアセンセのおばさんが亡くなった。
おばさんと言っても彼女の母親の随分年下の妹で、マリアセンセはお母さんが19歳のときに産んだ子供。
だから歳が近く、まだ30代半ばだったんだが。
突然死でどうしてなくなったかわからないという話だった。
夜中に突然連絡が来たんで、家族総出で出かけていったんだとか。

sponsored link

でも何らか過酷な生活環境がおばさんを死に追いやった可能性はあるんじゃないかと私は思ったけでどね。

旦那とは随分前に離婚していたから、子供が3人残されていて。まだ小学生。
どうするんだと聞いたらば、お母さんの兄弟が引き取って面倒を見るんだとか。

ファミリーというのはそういうものだ、とマリアセンセは言う。
身内の子供を育てるのは私達の義務だと。

フィリピンの病院事情

更に一般的なことを書いてみたい。

 

フィリピンでは、労働者の給料が低いのにもかかわらず、非常に物価が高い。
私がフィリピンで会社を作ろうとしている知人にお金を出した時。

賃金が安いから儲かるというような話ばかりされたが、実際に現地に行ってみれば、それほど過ごしやすい環境にはないことがわかる。
東南アジアもすでにグローバリズムに飲み込まれ、インフレの時代が始まっているのである。
物価の安い東南アジアでリタイアしたいなんでなことはよっぽどお金を持っていない限り夢物語になってきている。
未だに幻想をいだいているおじさんたちがいるが、やめといたほうが良い。

特に食品と薬品は物価による変動が大きい。ホントコスパが悪い。

まあ現地のものはそれでも日本で買うよりはずっと安い感じがするが、でも日本の市販薬や化粧品は人気があるけど、日本と同じぐらいの金額である。
決して安くはない。
とすると大卒でも3万ペソ(7万円ぐらいかな)の収入があればまあまあだという一般のフィリピン人には相当高価なものになってしまう。

それに国の医療保険制度が不十分なので、診療費や薬代は全額自己負担。
これでは保険に入れない一般市民は通院・入院の治療費や処方薬代を払うことは難しい。

だから普通のフィリピン人はよほどの異常がない限り病院に行かない。体調が優れない時は、市販の薬を服用する。
薬も買えない場合は怪しげな薬草などを飲んだりすることもある。
一般に病気への正しい知識・理解が不足している場合も多い。
そのために、病気が悪化したり、不適切な処置によってなくなったりするケースも多い。

後はフィリピンに行くとわかるが、残念なことにまともな食文化が根付いていない。
私はフィリピンが嫌いではないが、食事には辟易する。甘いか辛いか酸っぱいかしょっぱいか。極端である。
今戒厳令が敷かれているミンダナオあたりまで行くと、野菜などの供給地だけあって薄味の家庭料理なども食べられたが、マニラやセブでは食べたいと思う地元のレストランは少ない。


塩分濃度が高い味付け。油ギトギトの高カロリー。栄養価が不十分。という最悪な食生活の結果として、フィリピンでは糖尿病、心臓病、癌や高血圧などの病気持ちが多いという。日本の料理がいかに健康的かがわかる。
マリアセンセのお父さんも糖尿病だ。

それと汚い場所が多すぎる。
不衛生な屋台で売られている食べ物や飲み物は、ちと手が出せない。
実際こういうところで食べて、下痢、A型肝炎、E型肝炎、コレラ、食中毒や腸チフスなどの感染症にかかることも多いんだとか。

それで病院に行かないとどうなるか・・・・・・(-_-;)悲惨なことになるのは目に見えている。

それでも経済成長を始めたフィリピンの平均寿命は高くなってきている。日本と比べたらまだまだだけど。

なおフィリピンの病院だが、日本のように支払い窓口が一箇所ではなくて、医師の診察費用は医師へ直接支払う、各検査費用は、検査内容ごとにそれぞれの専用会計場所で別々に支払うような仕組みになっている。それぞれ別になっているので待たされる時間も異様に長い。

更にはまともな病院はそれなりに費用も高い。金がすべての医療環境なんである。

いやはや住みづらい国ではある。

と言うか日本は天国みたいなものだね。

 

 

 

sponsored link


関連記事

  1. なぜマスゴミは報道しない?フィリピン ミンダナオ・マラウィ市をI…
  2. 日本で切れる老人たちとフィリピンで嫌われる日本人のタイプは同じな…
  3. フィピンアイキャッチ3 セブでの印象は微妙だった 地獄への第一歩
  4. フィリピン美人画像1 フィリピン 超美人女性画像①ピノを口説く方法は?ピノの代表的美人…
  5. フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行…
  6. フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上…
  7. フィリピン日本との関わり フィリピン女性が魅力的な理由とは 歴史を振り返ると見えてくる日本…
  8. 離婚 離婚という制度がないフィリピン!女性と結婚を考える人は重婚注意!…

風習・行事・催事

  1. キャンデーボックス
  2. お彼岸

東南アジア

  1. フィリピンの祝日はいつ?政府が勝手に変更しちゃうってホント!?驚きの祝祭日について検証(°д°) フィリピンのイースター
  2. 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`;) 機内から
  3. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現②フォーや山羊鍋、アオザイ選びなど

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

ユーチューブからダウンロード ユーチューブから無料で簡単に音声だけや動画をまるごとダウンロードする方法 Off library ブックマークレット ShereHtmlとっても便利なブックマークレットジェネレーターアイテム 設定から使い方までパソコン音痴の爺でも解る解説 マウスカーソルを変える マウスのカーソル周辺に色付きの円を表示したりポインタを面白い形にする方法

カテゴリー

社会

  1. 芸能界の裏側
  2. 熊本城 地震崩壊

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

ウイルス感染
  1. 花粉症
  2. フィリピン料理アボド
  3. 空耳アワー

日本

  1. 春分秋分は祭日なのに夏至と冬至は祭日じゃないの?分と至の違いは?夏至のお祭りについてなど 夫婦岩
  2. JASRAC日本音楽著作権協会がやってることってなんだ?音楽教室からもみかじめ料を徴収!音楽業界の破壊?著作権保護の実態とは?
  3. 卒業式の女学生!袴姿に似合う和風なメイクの仕方とは?
  4. 富士芝桜まつりへの快適なアクセスは?芝桜ってどんな花? 芝桜
  5. ホワイトデーに職場で義理チョコのお返しを無理強いされないために知っておきたい怪しい起源! キャンデーボックス
PAGE TOP