東南アジア

ラブラブの彼女とシンガポールに行ってきた⑤ シンガポールやマニラの国際空港で シャトルバス運行の話


sponsored link

シンガポール報告の最終回 楽しかった6日間。 別れたら恋人とはもうしばらくは会えません。  

シンガポール国際空港で

空港には早く着きすぎてしまったと感じましたが。色々と分からなくて。早く来てよかったです。
 
まずは搭乗口がわからなくて一苦労。
チャンギ空港のような国際空港は大体が巨大なのでターミナルもたくさんあって、わけがわかりません。
 
更にはマリアセンセにメガネを買ってあげたんですが。
空港で店に支払った税金の払い戻しをしてくれると言うんで。 それをやるのも一苦労。
払い戻し窓口を探すのにも時間がかかりました。
 一々聴きながらやっているわけですが。
英語がまともにはしゃべれないんで。何をやるのも一苦労です。
 
ただ空港のスタッフがちゃんと教えてくれますので。 安心です。
 英語も満足に話せず、旅慣れてもいないままに歳を食った私のような爺でも。 シンガポールの空港ならばなんとかなると思います。
 まあ英語がネイティブの彼女もついていましたんでまったく心配はなかったんですが。
 
以前マニラ空港でわからないことがあったら警官が数人寄ってきて。 手伝ってもらったのは良いんですが。
一人あたり200ペソくれとか言われて、さんざんぼられたことがあって。 嫌な思いをしたことがあります。

シンガポールでは。そういうことがないだけでもね。気分がいいですね。  

手続きおがすべて終了しても時間が余ったので、しばらく休憩。

搭乗手続きが始まり、なんの問題もなくシンガポールから出発してマニラ国際空港に到着しました。

 

国際空港のターミナル移動ができる無料バス

前に書きましたが。ドゥテルテ大統領になってから治安が格段に良くなっていまして。
身の危険を感じることが少なくなりました。 それで・・・・・・

今回は空港間を移動してくれるバスに乗りました。 日本に帰る飛行機は別のターミナルなんで。 タクシーだとぼられて500ペソ(1300円ぐらい)ぐらいは取られたりするんですが。 空港バスは無料。 私はそういったターミナル間を移動するバスが有るということを今まで知らなくて。 タクシーを使っていましたが。 これは便利です。 詳細を説明している記事も見つけましたので合わせてどうぞ。

最新版!マニラ空港のターミナル間移動が無料シャトルバスで劇的に改善! – I AM HARRY

もっとも便利な無料シャトルバス(以前は20ペソだったようです)で行く方法を画像付きで紹介してくださるサイトです。
この記事を見るに。1016年の春ぐらいにできたもののようです。

ターミナル間のシャトルバス 「ニノイ・アキノ国際空港ターミナル3」

これはターミナル間の写真がありまして分かりやすかったです。

私もそのうちみなさんのお役に立てるような記事を書いていきたいと思いますが。今回は詳しいことは上記の記事を見ていただくことにして。

私も彼女もシャトルバスがあることを知らなかったんで。 タクシーに乗ろうと思い空港の外に出てしまいました。 そこで彼女が空港の人と話をしていて。無料バスがあるらしいということで。 チケットを見せてもう一度空港に入り直しました。このあたりはさすがルーズなフィリピンです。 簡単に中に入れてくれました。

さてそのシャトルバスですが。 フィリピンらしく、雑然とし、荷物も適当に通路に積み上げていきます。
そのうち放り投げておりましたし。
更には通路が通れなくなるほど。荷物が積み上がっていきました。
紹介したサイトではバスの中がキレイな写真が載っておりましたが。
おそらくは半年後に私達が乗ったバスはすでにこ汚くなっておりました。
でも和気藹々としていて。
ともかく賑やかで、隣りに座ったおじさんが話しかけてきましたが。

私は英語もそれほどわからないんですが。 タガログ語はさらに全くわからないんで。 日本人だと言ったら。 「ソリー」 と言って違う人とタガログ語で話し始めました。

こういう 気さくなのがフィリピン人なんですね。 なんか良いですね。 マニラ空港で緊張しなかったのは今回が初めてでした。
満員になると適当にバスは出発します。時間は決まっているようですが、私が乗ったバスは満員になったら随時発車ということのようでした。

バスは満員の客を乗せてゆっくり出発します。 ゆっくりなんですが。バスは空港の中を突っ切るんで、タクシーよりものろいにもかかわらず。
早く着いてしまいました。こりゃあ良いですね。 ただし。急いでいるときにはタクシーのほうが無難だと思いました。

sponsored link

何しろフィリピン時間は当てになりませんからね^^; ともかくマニラが危険な感じがなくなったんで。それがうれしいですね。 今度行くときにはまたバスを使おうと思います。

マニラ空港にて

飛行機に乗るまでに4時間近く時間がありましたんで。 空港で食事をしたりマリアセンセと打ち合わせをしたりしましたが。 彼女とは2年ぶりに会ったんで。募る想いも有り、シンガポールの旅の思い出など語り合いました。 マニラ空港も行くたびに良くなっていまして。 食事ができるところも普通にあってきれいになっています。 スタバもありましたが。確か以前はなかったような・・・・・

ただ私が今回の旅で一番印象に残ったのはシンガポールではなくてマリアセンセのホームタウンであるサンタ・ロサ。 あの土着的な街にまた行ってみたいですね。

シンガポールは東南アジアの一大拠点なんで。 何かと便利ではありますし。 仕事で拠点にするんだったら良いとは思います。  

でも観光でまた行きたいかって言われたら私はあんまり・・・・・・です。

 

私的にはああいう作り物の都市に魅力はないです。 次に旅に出るときにはまずマニラに行って。

セント・ロサで2泊。

そしてセント・ロサの周りやその街があるラグーナ州で写真と動画を撮りまくる。

ホテルはないと最初いわれていましたが。
 
調べてみたら。トヨタの工場もあることですし。
 
まともなホテルがいくつかあることが分かりました。
 
なのでマニラではなくて。 セント・ロサに宿をとって。 フィリピンの本当の姿を観てみたいものです。
 
 
セント・ロサに行ったときにマッサージに行きましたが。 一時間やってもらってなんと700円。 英語が話せないおばさんにやってもらいました。
 
マニラから車で1時間以内の場所なのにフィリピンには英語が通用しない場所もたくさんあります。
 
私が彼女に連れられて行ったのもそういう場所なんで。 外人はほとんどいないんですけど。
 
場末感がでてて・・・・・人衆見溢れていました。
でも危険なのか店には必ず鍵がかかってて。 いい味出していました。
 
 
 
 夜車で走っていると真っ暗なところにポツンと飲み屋があって。
 
近くに行くとおじさんたちがたくさん集まってたりするんですよね。
 
セブン イレブンもたくさんありましたが。 日本とはまったく違ってて。
 
とっても雑然としていました。 店の中で飲み食いしてるんですよね。
 
それで思い出しましたが。 姪っ子の誕生日だったんだったらケーキでも買っていこうかと言ったんですが。
高すぎると。マリアセンセが言うんです。
 

それなら近所にアイスクリームを売っているところがあるんで。 それをお土産にしたいという話を彼女にされたんで。

 
へえアイスクリームの専門店なんかある場所なんだ、って勝手に思っていたらそれはセブンイレブンの事だったんですね。
ちと感覚が違いすぎて。 びっくりしました。
 
近くに大学も幾つかあるとのことで、マリアセンセの卒業した大 学も近くにありました。
学生の街でもあったわけですが。 みんなこ汚くて。 夜になってから行ったせいか何がなんだかよくわかりませんでした。
 
マリアセンセはなんとかここから脱出したいと言ってました。
 
その気持はわかります。 やはりフィリピンは生きていくには厳しい国です。
 
彼女はバツイチで。子供が一人いて。それなりの家なんで子供の面倒はファミリーで見てくれていますが。
私と一緒に何らかビジネスをしたいと思ってくれています。
 
それはまた考えるとして。
 
私はセント・ロサには一人では絶対に行けない場所なんで。 また連れて行ってもらいたいところです。
 
マッサージなんか一日に4回ぐらい行ってもいいぐらいですね。 マニラだと5000円はしますから。
 
1/8ぐらいの値段です。700円だと。
 
それに受け入れてさえもらえたら皆さん優しいです。 ということで。
 
つもる話をしたあと。 私は彼女と別れて帰国しました。 ああまた会いたいな^^;
 
 
 
 
 

sponsored link


関連記事

  1. フィリピン料理アボド フィリピンの衣食住について考える これだけ問題があるのにほんとに…
  2. 機内から 英語が全く話せない状態で行ったフィリピンは怖かったぜ(´-﹏-`…
  3. フィリピン フィリピンの治安はどのくらい悪いのか?様々な危険をチェック!
  4. フィリピンのイースター フィリピンの祝日はいつ?政府が勝手に変更しちゃうってホント!?驚…
  5. ミンダナオ島 ゾンバシティ フィリピン人の女性と親しくなると、家族がどんどんつけ上がってくる…
  6. 求愛 フィリピン女性は日本人男性が好きってホント?
  7. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現①仏教国ベト…
  8. 荷物を運ぶ人 フィリピンでジープニーやトライシクル、パジャックの運転手が必死な…

風習・行事・催事

  1. チョコレート

東南アジア

  1. フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出
  2. フィリピンの祝日の意味①1月から3月まで フィリピンの祝日1
  3. フィリピンの衣食住について考える これだけ問題があるのにほんとにフィリピンに移住しますか? フィリピン料理アボド

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

ブックマークレット ShereHtmlとっても便利なブックマークレットジェネレーターアイテム 設定から使い方までパソコン音痴の爺でも解る解説 お気に入り(ブックマーク)を簡単に別のパソコンに移す方法 Googlechromeの場合 無料動画素材サイト 無料かつハイレベル動画素材選びに最適なサイト12選 ①

カテゴリー

社会

  1. ヘイト韓国

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

ニコ動ダウンロード方法
  1. つるし雛
  2. ウイルス感染
  3. リゾートホテル
  4. アメリカ
  5. ネイル

日本

  1. お花見で話のネタになる桜についての豆知識 狂い咲きって?死体が埋まってるって? 桜
  2. 初売りといえば福袋。その言葉の由来と福袋販売の事始めとは??福袋は買ってはいけない?消え行く福袋商法
  3. 国会中継を観るだけで洗脳は解ける!NHKの犯罪 過去一度だけあったユーチューブ投稿削除 中山成彬の国会質疑
  4. 父の日はいつ?その由来と父親が送れて喜ぶ物とは 父の日
  5. おせち料理の意味と由来が面白い!意外と知られていない元祖健康食品の効能とは?
PAGE TOP