社会

不正を隠蔽するマスコミの芸能界タブーはいつから始まったのか?干された芸能人がマスゴミに取り上げられないのはなぜか?裏で取り仕切る闇の勢力とは

相関図事件

sponsored link

芸能界の闇は深いですね。もうバレバレですがマスコミと芸能界を仕切る者共の癒着は抜き差しならないものになっているようです。今回は過去に遡ってなかにし礼さんの「相愛図事件」や吉松育美さん事件などを取り上げてみます。なかにし礼さんの事件はマスコミが芸能界をタブーとするようになった直接のきっかけですのでとても重要な事件でしたし、吉松育美さんの事件はマスコミが芸能界の隠蔽に加担したあからさまな事件でした。ただし吉松育美さんはストーカーを繰り返したとされる谷口元一と2016年になってから和解しています。これがどういうことなのかよくわかりませんが、其の事件当時はマスゴミは完全スルーしましたので、其のことだけでも取り上げる価値があると思います。

芸能界が何故おかしいのか。その本質に迫る本↓

芸能人はなぜ干されるのか?
芸能人はなぜ干されるのか?

写真をクリックするとアマゾンに飛んでレビューを見ることができます。
ご興味をもたれた方は是非本を読まれることをおすすめしておきます。
肝心な部分はやはり本でしか読めませんし、ネットで公開していないことをこのサイトに書くわけにも行きませんので。

「芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反」がマスコミで取り上げられないのはなぜか?

私が二番煎じで「芸能人はなぜ干されるのか? 芸能界独占禁止法違反」を下敷きにして記事を書いているのは大手マスコミなどではこのような本が出版されることがないからです。
著者の星野さんはこの本を出版してもらおうと多くの出版社を回りましたが全て断られたそうです。
芸能界はお金になりやすく利権が発生しやすい業界です。
バーニングの周防の巧妙な根回しで金がばらまかれ、マスコミはその金でそれらの利権に絡め取られてしまっています。
自分が加担している悪事を暴露する出版社はないわけです。

またそれと並行して暴力などを使った制裁もあります。意に沿わない人たちは徹底的に攻撃され、不利益を被るようになっています。
そういうことで芸能界のタブーがマスコミに認識され、本当のことがかかれなくなったんです。

なかにし礼「相愛図事件」事件

メディアで最初に「芸能界タブー」が認識されるようになったのは、1971年の「相愛図事件」です。これは芸能界と癒着したマスゴミが腐っていった直接的なきっかけとなった事件でした。そういう意味ではとても重要な事件だと言っていいでしょう。

相愛図事件1
事件のあらましはこうです。

当時の「週刊ポスト」(小学館)が「凄い芸能界相愛図」と題して芸能界内部の爛れた人間関係を、作詞家・なかにし礼氏の告発というかたちで掲載しました。
それは芸能界の腐った現実を暴露するものでしたから、大評判となりました。

相愛図事件2

ところが、雑誌発売直後になかにし氏は「取材に応じなければ、あなたの私生活を暴く」とポストの記者に脅されたとして刑事告訴します。

その結果記者2人が強要罪で逮捕されるということが起きたのです。

俎上に載せられたタレントが広範囲にわたり、かつ記事の内容があまりに強烈で、しかも告発者が芸能界内部の人物だったため、業界としてなかにし氏排除で足並みが揃ったわけです。有力芸能プロダクションのほとんどが加盟し芸能界支配の中心にいる日本音楽事業者協会(音事協)がなかにし氏に事情聴取します。
なかにし礼氏は芸能界から抹殺されるところまで行ったのだと思われます。

sponsored link

生きるということ
生きるということ

それで週刊ポストの記者を告訴せざるを得ないところまで追い詰められました。

音事協はさらに「週刊ポスト」を発行する小学館に厳重抗議し、加盟する芸能プロに対して小学館が発行するすべての出版物の取材を拒否するよう呼びかけました。

結局、逮捕された記者は不起訴処分に終わりましたが、そうした事件が何度も起きてマスコミはバーニングの周防らに脅され続けます。その結果「芸能界を怒らせると怖い」という認識がマスメディア全体に広がりました。
そして今は芸能界のタブーに触れないという暗黙の了解ができているのです。

ここの記事にも書きましたが周防はアメとムチでマスコミを懐柔しました。

しかしこれは芸能界にとってもマスコミにとっても不幸な出来事で、その後の数十年間で両者とも完全に堕落してしまいました。
芸能界の掟を破ったタレントはプロダクション側の指示に従うマスコミによって大々的なネガティブキャンペーンが行われます。
そして芸能界を支配する者共にとって都合の悪いことは記事にされないのです。

あまりにもワンパターんなんでいまマスコミの書き散らしたことを信じる人は少なくなってきています。
しかもこのことは自体を悪化させていまして、悪行の限りを尽くす谷口元一のような人間の存在を許してしまったのです。

 

吉松育美事件

2012年のミス・インターナショナルのグランプリを獲得した吉松育美さんが、バーニング周防の意を受けたケイダッシュの移籍を断った大手芸能プロダクションの幹部谷口元一からストーカー行為などの嫌がらせを受け、グランプリ授賞式に出席できなくなったという事件がありました。

IKUMI YOSHIMATSU Hollywood Debut
IKUMI YOSHIMATSU Hollywood Debut
この創価大学出身の谷口元一の悪行は以下の動画でご覧ください。


谷口元一は川田亜子さんを自殺に追い込んだ人物と噂されています。

そのときの手口と、今回谷口氏が吉松さんに嫌がらせをした手口が酷似しているとネットで話題になりました。

すなわち、目を付けた女性タレントを自分の事務所に引き抜こうとする→支配下に置き権力を武器に性的関係を強要し自分の愛人にしてから売り出そうとする→女 性が言う事を聞かなければ、「自殺するハメになるぞ」と脅迫・ストーカー・盗聴・身辺調査・女性のスケジュールや個人情報を密かに調べて把握・週刊誌まで をも意のままに動かしターゲットの評判が下がるような記事を書かせる→都合が悪くなれば「自殺に見せかけた他殺」で始末→警察は捜査せずメディアは報道せず。
しかし吉松さんは泣き寝入りすることなく、ストーカーを繰り返す谷口元一に対して、刑事告発を行いました。
そして大手芸能プロ、ケイダッシュの幹部である谷口元一氏を威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、さらに東京地裁に民事提訴したことが報じられました。

吉松さんは、谷口氏が仕事先や実家に脅迫とも取れる電話をかけたり、探偵を使って自宅を撮影されるなどしてイベントに出演できなくなったとしています。

しかし裁判所もまともに取り上げてくれず、日本のマスコミは完全にスルー!!
吉松さんの告発は海外では報じられましたが、国内ではほとんど報じられませんでした。

もしネットがなければこの事件も闇に葬られていたかもしれません。

この事実は重いです。
マスコミに対する信頼は完全に地に落ちましたね。日本には言論の自由はないんです。

これに見られるように、近年、芸能界に対するマスコミの“自主規制”はますます強まり、一方で、芸能プロダクションのマフィア化が進行しているのではないかと懸念しています。この10年でいえば、大手芸能プロと因縁がある芸能関係者が何人か死んでいますから、芸能界の水面下は異常なことになっています。ただしそれを糾弾する動きも数多く出てきています。芸能界とマスコミの浄化を私は切に望むものです。

sponsored link


関連記事

  1. 無関心な人々を恐れよ  マスゴミの洗脳からの覚醒
  2. マスゴミは捏造報道をいよいよ隠さなくなった そして韓国・中国・森…
  3. 空耳アワー タモリ倶楽部に「空耳アワー」が生まれた日
  4. 反日の当てが外れたヤフコメが面白い 逃げ回るアカヒ新聞 そして誰…
  5. 熊本震災 [怒り爆発!]マスゴミを完全に嫌いになった熊本の被災者たち つい…
  6. 原発は安全なのか?電力会社元社員の話 建設的な意見を封じる狂信的…
  7. 富嶽36景きゃりーぱみゅぱみゅ きゃりーぱみゅぱみゅの歌が世界で成功したのは日本特有のヨナ抜き音…
  8. マイホーム購入は危険なギャンブル?ローンがある人が下流老人になる…

風習・行事・催事

  1. ホワイトデー
  2. 母の日
  3. 冬の鳥

東南アジア

  1. セブの混雑とジープニーについて ジープニー
  2. フィリピン美人女性画像をチェック!壮絶な歴史が美人を産んだ? フィリピン女性
  3. フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上達しない理由とは

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

朝鮮学校に補助金を出した都道府県をチェック!④京都は反日の巣窟 朝鮮学校に補助金を出している道府県⑤ 兵庫もひどい 知事がひどい神戸市役所は在日に取り込まれてた 反日在日の日本乗っ取り計画 危なかった日本 民主党暗黒時代はもうゴメンだ

カテゴリー

社会

  1. ワハハ本舗事件
  2. 安保法案
  3. 小林幸子復活1

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

  1. 芸能界の裏側
  2. 父の日
  3. ぴのと結婚

日本

  1. 富士芝桜まつりへの快適なアクセスは?芝桜ってどんな花? 芝桜
  2. 海外にはないからホワイトデーを英語で説明するのが難しい!安くお返しをするコツとは? ホワイトデー
  3. リフトから見下ろす茶臼山の芝桜 アクセスは車のみで渋滞必至!見頃の時期はいつ? 芝桜
  4. おみくじの吉の順番はどうやって決めるんだろう!吉凶の割合は? おみくじ
  5. お彼岸と春分秋分の祝日の関係とは なぜお彼岸?お盆とどこが違うの? お彼岸
PAGE TOP