フィリピン

フィリピンの英雄 ホセ・リサールについて リサール公園を恋人と行った思い出


sponsored link

マニラにいった時にリサール公園というところに行きました。この場所はかつてフィリピンの英雄であったホセ・リサールが処刑された場所です。わたしが行った時には公園自体工事中の場所が多くてそれほどいい場所とは思えなかったんですが、でもわたしにとってはとても思い出に残る場所になりました。ホセ・リサールの生涯などもまとめながら楽しかったあの時のことをかいてみたいと思います。

リサール公園の思い出

リサール公園はただのだだっ広い公園です。人によっては暇だったら行けば~というレベルの公園ですね。ただわたしはホセ・リサールというフィリピンの英雄に興味がありましたので、マニラに住んでいる日本人の方やわたしの恋人になってくれたフィリピノと行ってきました。

一つ言えることはかなり汚らしいマニラの中ではとても綺麗に整備されているということです。日本ではあたりまえのことですがフィリピンで普通に清潔に保たれているというだけで凄いなあって思います。浮浪者もほとんどいません。

ただ最近は駆逐されたような話を聞きますが、わたしが行った時には小学生ぐらいのカメラ小僧がいて、大人の格好をして大人びた態度で接してくるんです。そしてその子は写真を撮ってあげるとかなんとか言い出して私達の写真を勝手に撮り始めました。また私達のカメラで写真を撮ってくれようとしたりするんです。この写真とか。

                             ラプラプ酋長の像の前で↓

リサール公園で

そしてもちろんそれはただの善意ではなくて、営業活動です。私達が公園を一周する頃にちゃちい紙で額を作って私達のところに売りに来ます。
そして一枚200ペソでどうかというんですが、マニラ在住の方はふっかけてきてるんだからやめといたほうが良いと言うんです。
でもわたしは買うことにしました。恋人との写真が欲しかったからです。
それで面白いことに、写真は5枚ありまして、一枚だけ買おうとしましたが、細かいお金がなかったんで、500ペソの紙幣を渡しました。
それでお釣りをもらえるのかと思ったらその5枚の写真をすべて私に押しつけて脱兎のごとく逃げ出すではありませんか。
結局当時のレートで日本円にして1300円ほど。一枚260円ぐらいで写真を買うことになりました。
その写真を私は今でも大切にとっていますが、写真を見るたびにこの事を思い出します。
私は結構いいカモだったんだと思いますが、手間隙掛けてあれぐらいじゃあまり足しにはならなかったんじゃないんでしょうか。今あの子はどうしているんだろうと思ったります。フィリピンでは学校に行けなければ先はありません。フィリピンの現実を見る思いがしました。

 

ホセ・リサールとは

リサール公園にはモニュメントとしての巨大なリサール像とラプラプ酋長が建っています。
上記の写真はラプラプ酋長のところで撮ったものですが、この二大英雄がフィリピンで顕彰されているという事実は非常に興味深いです。

今回はホセ・リサールについてまとめてみます。

下に遺骨が眠るリサール記念像

ホセ・リサール像

引用元
http://www.geocities.jp/bane2161/risa-ru.html

ホセ・リサール(Jose Rizal)は、アメリカで南北戦争が始まった年の1861年6月19日生まれ。
ラグナ州(Laguna)カランバ(Calamba)の裕福な中農の家だったと言われています。
父フランシスコ・メルカドと母テオドラ・アロンソの11人兄弟の7番目として生まれました。フルネームはホセ・プロタシオ・メルカド・リサール・アロンソ・イ・レアロンダ(Jose Protacio Mercado Rizal Alonzo y Realonda)といいます。
父方のメルカド家は中国・福建省の晋江から17世紀にフィリピンに渡りました。そしてフィリピン先住の女性と結婚したので父親は中国人とフィリピン人の混血。母方のアロンソ家はスペイン人とフィリピン先住民の混血の家系です。
当時のフィリピンはスペインの残虐な支配下に置かれ、フィリピン人はひどい差別を受けていました。リサールの母親がスペイン人の役人に挨拶をしなかったというたったそれだけのことで警察に逮捕されて、2年間も牢獄につながれるということがありました。このことがわずか5歳のリサールの心にある選択を促します。

sponsored link

リサールはまさに天才で、最終的には数十カ国の言語を操り、様々な専門分野で一流の働きをしました。 医師・作家・民族運動の指導者。さまざまな肩書が彼にはついています。その初めとして16歳でマニラのアテネオ大学(Ateneo de Manila University)で学士号を取得し、土地測量の技術を学びながら、1611年に創設され、アジア最古で最大のカトリック系大学サント・トーマス大学で哲学と医学(とくに眼科)を学びました。しかしそこでもフィリピン人に対する蔑視が甚だしく、ドミニカの教師によるフィリピン人蔑視を感じたリサールは大学を去ることを決意します。
その後、家族の反対を押し切って、スペインのマドリッドに留学します。
そしてマドリード・コンプルテンセ大学(Universidad Complutense de Madrid, UCM)で医学の勉強を続けました。また1883年にフリーメーソンに加入。1884年に医学コース終了。1885年6月19日に医学博士の学位を授与されました。その後はハイデルベルク大学とパリ大学でも勉強を重ねます。このように、彼は医学、文学、理学、科学、化学、絵画、彫刻その他の学問を修めつつ、その間、フィリピンの自立を目指す運動にも加わります。

リサールは日本との関わりも深く、日本にもしばらく滞在、日本人の恋人らしき人もできました。末広鉄腸と意気投合し、しばらく一緒にいたこともあります。
1887年、リサールは「ノリ・メ・タンヘレ(Noli Me Tangere)」「我に触れるな」をベルリンで公刊します。この小説でリサールの名声は一躍高まります。そして 1888年2月香港に渡り、同月日本に来日し4月まで東京都内に滞在しているのです。
これを記念して東京の日比谷公園にはホセ・リサール記念像が設置されています。

リサール日比谷公園

引用元
http://japanguidepost.blogspot.jp/2009/07/hibiya.html

彼は日本にはとても好意を持ち、「日本とフィリピンとは緊密な交渉を保たねばならないであろう」と言った内容のことを手紙や日記などにも書き残しています。
そして1888年4月13日アメリカ経由でヨーロッパに向かいますが、ロンドンに滞在した1891年、『ノリ・メ・タンヘレ』の続編として、『エル・フィリブステリスモ(暴虐の支配)』をベルギーで発行します。この小説は彼の名声を不動のものにしました。
スペインの残忍さを徹底的に暴き、フィリピン人の惨めさを綴ったリサールのこの二つの小説は、後の革命の導火線となったのです。
リサールが革命の父と言われる所以です。
1892年7月にマニラに戻ったリサールは、平和的革命要求を掲げ、市民運動組織「フィリピン同盟」を創設しました。
こうした革命運動はスペインが容赦できるものではありませんでした。1892年7月に逮捕され、ミンダナオ島ダビタンで幽閉の身になります。
ここで彼は学校と病院を作って、現地の住民のために尽くしたと言われています。
その後、1896年8月、キューバでの医療活動を志願してスペインに渡ると同じ頃に勃発したフィリピン独立運動、カティプナン反乱の首謀者として逮捕され、同年12月30日、マニラのバグンバヤン(現・リサール公園)で銃殺刑となり、36歳の短い生涯を閉じました。

公園にはリサールが処刑場まで歩いたその足跡が型どられて残されています。

リサール処刑場までの足跡

引用元
http://eurasiabylcc.blog.jp/archives/18643813.html

まとめ

ホセ・リサールというフィリピンの英雄は今もフィリピンの人達に愛されています。日本人の中にはフィリピン人を格下に見る人も多くいますが、中には驚くほど優秀な人もいますし、フィリピン人のプライドの高さは相当なものがあります。マゼラン以来フィリピンはスペインやアメリカに支配され続けてきまし、貧富の差が極端な国ではありますが、ホセ・リサールやラプラプ酋長を崇敬するその心の奥底にはフィリピン人としてのプライドが垣間見られて私は感じ入るものがありました。もうしばらくすると人口で日本を抜く勢いのフィリピン。経済成長率も非常に高いです。今後どのように変化していくのかとても楽しみです。

sponsored link


関連記事

  1. フィリピン美人画像3 フィリピン 超美人女性画像③画像と動画のギャップは少ない女性たち…
  2. ドゥテルテ大統領になってからフィリピンの治安はどうなったのか?ピ…
  3. 韓国人殺害 フィリピン人のプライドを逆なでして殺され続ける韓国人 何故?
  4. ラプラプ酋長アイキャッチ フィリピンの英雄ラプラプ酋長が育んだフィリピノの生きる力 女性は…
  5. セブでの会社設立とフィリピン女性との出会い
  6. フィリピン フィリピン人のプライドの高さと貧困
  7. フィリピン女性との恋愛でわかった英語はフリートーキングだけでは上…
  8. フィリピンの恋人のホームタウンに行ってきた  ラグーナ州 サンタ…

風習・行事・催事

  1. 満月
  2. 絵馬
  3. キャンデーボックス

東南アジア

  1. フィリピンに見る格差社会は明日の日本? フィリピン貧困1
  2. ベトナムのホーチミン市に行ってきた思い出を写真で再現③メコン川川下りは楽しかった
  3. フィリピンの衣食住について考える これだけ問題があるのにほんとにフィリピンに移住しますか? フィリピン料理アボド

フィリピンの恋人たち

フィリピンの恋人たち

男性にとって東南アジアに行く楽しみの一つは日本とは違った雰囲気の美女たちと出会えることです。
日本人は東南アジアではかなり信用されています。
日本がどれだけ信頼されているかはマスゴミの偏向報道に洗脳されて自虐史観に冒されている多くの日本人には驚きだと思います。
日本は白人支配の軛からアジアを救ったんです。
このことを当の日本人は忘れてしまっていますが、アジアの国々の人達は覚えているんです。
日本で垂れ流されている自虐史観から脱出するためだけでも東南アジアに出かけることはおすすめです。

ネット周り

特定アジアの工作員が垂れ流す反日報道に反旗!TBSにデモ!いよいよ戦いが始まる 爺でも解るようにネットスラングの意味を解説してみた gkbr lol jkなど 子供達 テレビがなくてもNHKの受信料を払わなくてもネットで全作品が観られる素晴らしいぶっ飛びNHK教育番組を紹介!

カテゴリー

社会

英語

じいじの恥ずかし体験

じいじの恥ずかし体験

私は大学を卒業してからは就職をしたことがなく。
ずっと何やかや一人でやってきました。

それでよく今まで生きてこられたなあと思います。
かなり危ない時期もありました。
野垂れ死にをしても仕方がないと思いながら生きてきましたが。
人生はある意味甘いところもあって・・・・・・・

フィリピン
  1. フィリピン
  2. お彼岸
  3. バーニングの闇

日本

  1. ひな祭りで飲む白酒の意味と由来 甘酒と間違えてない? つるし雛
  2. リフトから見下ろす茶臼山の芝桜 アクセスは車のみで渋滞必至!見頃の時期はいつ? 芝桜
  3. 国会中継を観るだけで洗脳は解ける!NHKの犯罪 過去一度だけあったユーチューブ投稿削除 中山成彬の国会質疑
  4. 手土産の選び方と渡し方 彼氏や彼女の実家に初めていく時や結婚の挨拶では?
  5. おみくじの由来と意味や歴史とは!扱いはどうすれば良いのか?また御札やお守りとの違いは? おみくじ
PAGE TOP